HOME熊野古道記 > 中辺路 > 1 大門坂
   (補陀洛山寺 浜の王子 大門坂 多富気王子)


  尺八を携え歩いた熊野古道・中辺路    雨の大門坂  H16/11/12 UP
           



 那智駅近くに「補陀洛山寺」というのがありましてなぁ。
熊野古道・中辺路「補陀洛山寺」
 むぅか〜あしぃ・むかし・・・ここの住職が、極楽へ行くんじゃと「渡海船」というチッコイ舟に乗って海に向かって流れ出て行ったんじゃと。

 すごいでんなぁ・・・・
 船酔いもしたでしょうなぁ・・・

 朝早く行ったら、男の管理人の人が掃除してたので、
補陀洛山寺・渡海船
「ここの堂内へ入っても良いんでっか?」と聞くと
「ずうっと中まで入ってくんなせぇ」
「はい、ありがとさんです」

と、草履を脱いで木の階段を上がったら、
ワイの濡れた足跡が・・・点々・と・・ ゲッ!!・・
「浜の王子」
 なんせ、雨の中を歩いて来たもんだから、靴下が濡れっちまい、これじゃあぁ、上がって良いと言われてもマズイわなぁ。

 靴下を脱いで、まだそれでも足跡が付いちまったが・・・

 入ったすぐに板の間が有り、さらに奥に畳の間が在ります。

 畳の部屋まで入ろうかと思いましたが、なんせ、濡れて足跡付けてるモンだから気が引けて板の間で参拝しました。
「大門坂 入口」
 参拝中、受付所でラジオが流れてたけど、途中で切ってくれました・・すんまへんねぇ。

 1曲で止めようかと思ったけど、もう1曲吹きました。

「大門坂・夫婦杉」 ホントは板の間に裸足で正座したので、足がヒジョウに痛かったんですが、ラジオをわざわざ消してくれたもんだから、1曲で止めるのも悪いと思い・・・
 なんせ気が弱い性質なモンだから・・・

 座布団でも有れば良かったんじゃけどなぁ・・・

 寺の横に「浜の王子」が在り、小さい神社のようでした。

 車で移動し、那智滝の入口参道付近に車を置き、「大門坂」という参道に向かって歩き始めました。
「大門坂・多富気王子」
 参道の入口には大きな杉の木が両側に立っておりましてなぁ、二つそろって「夫婦杉」というらしいですわ。

 離婚もせずに、よぉまぁ〜長年連れ添い、ひときわ大きい杉の木になっちゃって。

 参道はいかにも、それらしい幅広の古い石階段が在り、杉木立に囲まれて薄暗く、そして雨が降ってるので、ただでさえ暗いのに、もっと暗く・・・

「大門坂」 途中に「多富木王子」というのがあり、大きな木が神木かと思ったけど、雨が降っており、薄暗く早く上へ上がりたかったので、トットと見て階段を上りました。

 麓の夫婦杉から歩いて約30分で青渡海寺バス停に着きます。

 実は、長期天気予報を見ると雨の予報が出ていたので、天気の良い前日までに「大雲越え」「小雲越え」を済ませており、その時はバスで青渡海寺まで既に上がったんです。

 バスは、その日の早朝乗ったので、乗客はだれも居らず貸切状態。

「大門杉」 バスが出発するまで、わずかの時間に運転手さんに他の事を少し尋ねると、ワシらのカッコウを見て

「だいぶ、山歩いてるんでっか?」
「いえ、熊野は初めてです。四国は何度か巡りました。」

 話のキッカケから運転手は気さくな人で、時々途中の説明をしてくれはりました。

 ホンマはバスに「運転中は話し掛けるな」と書いて有りアカンのだろうけど、
西国霊場「青岸渡寺」へ
「ほれ、ここが大門坂参道の上り口やでぇ。
ここの参道は価値ありまっせぇ。
今度ここのバス停で降りて歩いたら、ええでっせぇ」


と教えてくれたので、後日、先に書いたように雨の中、参道を歩いたんです。

また、カーブの所で、わざわざ少し止まってくれ
「今、霧がかかっていて、よぉ〜見えんやろうけど、那智滝がチラッと見えてるのやでぇ」
と教えてくれましたが、すんまへん、霧か滝かわかりまへんでした。
西国霊場「青岸渡寺」
 いくつかカーブを曲がり、土産物店が仰山在る道を通った時
「ここの店の横の階段が、寺へ行く道でっせぇ」と教えてくれました。

 その時は、「ふぅ〜ん」と思っており、寺へ行く道は、どっかに案内看板があるやろおぅと思ってたんですが、バス停では案内板が見当たらず、確かに聞いておいて良かった。

 聞いてなかったら、あんな細い階段が、まさか登り口と思わず、そこらの土産物店で聞いてたろおなぁ。

「熊野那智大社」 折り返しのバスには小学生が数人乗り込んでおり、麓の学校へ通っているんでしょう。

 運転手さん、ありがとさんでした。
 バス会社のエライ人、どうか「業務違反じゃあ」と叱らないでね。m(_ _)m タノンマス

 おかげで、参道から寺への道も迷わず行けました。

 バス停の所から、女人高野と言われる寺への車道が6kmと書いてありましたが、この次、機会が有った時やなぁ。

目次・次頁        home
 熊野古道・中辺路

 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具