HOME熊野古道記> 中辺路 >
    3 船見峠越え(大雲取越え)
    (登立茶屋跡・船見茶屋跡・船見峠・色川辻


    大雲取越え    尺八を携え歩いた熊野古道・中辺路   H16/11/28 UP
  

青岸渡寺付近


 青岸渡寺の人に大雲取越えの登り口を聞くと、親切に教えてくれ
「気ぃつけて行ってらっしゃい」とのお言葉も賜りました。

 上り口の階段を上がると、いきなり、いかにも古道〜という感じの石畳の階段が杉木立に続いてます。
那智高原公園
 そいで、けっこうこの坂もキツイのよねぇ。

 途中、女人高野へ行く別れ道が有り、そこを一周すると約6kmほどらしいでんなぁ。

 行かんかったけど・・・この次に来る機会が有ったらね。
那智高原公園を上がった休息所
 30分ほど上ると開けた公園のような所へ出て、「那智高原公園」というらしいです。

 しかし・・・ ん?どこへ行けばええんかな?・・と思い、取りあえず石畳が敷いてある道を進んだら・・あらっ!?行き止まり。
大雲取り越えの道
 付近を見渡せば、公園の中程に寺の登り口に有ったのと同じ「青い看板」がチラッと見え、そこが上り道でした。

 なあぁ〜んじゃあぁぁ〜損したぁ〜

 それなら公園へ着いた時、真っ直ぐ突っ切れば良かったぁ。
大雲取越え坂道
 この「青い標識」は道中いたる所に設置されており、道に迷う事はありまへんでした。

 とりあえず公園の東屋で一休みした後、見つけた看板の道を上って行くと、林道に接した駐車場とトイレ・休息所が有ります。

 休息所の脇に山道が有り、そこからは「小口」まで民家も何も無くありまへん。
「登立茶屋跡」
 山道の入口付近の小枝に懐かしき「鯖大師」の遍路札がかかっていました。

 この中辺路を歩いていて、たまに「鯖大師」の札を見かけましたが、それ以外の人の遍路札は無く、四国のようにアッチにもコッチにも遍路札が・・という様な事は有りませんでした。
大雲取越え石畳
 もっとも、遍路札が無くても、ほとんど迷わない道で、所々案内看板も有り、また今では信仰とはあんまり関係無い道になってるからでしょう。

 山道をエッチラ・・オッチラ・・・

尾根道 途中に始めての茶屋跡である「登立茶屋跡」というのがあります。

 ほんまに一服したい所に昔は茶屋が有ったんですなぁ。

 今は、その面影も無く古い石垣と、薄暗く木が生えてるだけじゃけど・・・

大雲取越え山道 再び山道をヒーコラ・・・「舟見茶屋跡」・・・

 この茶屋跡近くに東屋の休息所が在るのですが、少し道から離れた高台に在り、どおしょうかなぁ・・と思ってたんですが・・・

 越後屋(単なる連れ)が
「どおしても休んでいく」と言ってきかないもんだから、しかたなく休みました。
「舟見峠茶屋跡」休息所からの展望
 看板には、「那智湾・新宮方面が見渡せる」と書いてありましたが、あいにく霧がかかっており何も見えず、たまに風で霧が払われて近くの山が見えるだけです。

「舟見峠茶屋跡」休息所 休んでいると、椅子の下に少し手を付けただけのお茶のペットボトルが1本転がっておりました。

 あらあぁ〜・・だれか落としたのに気付かず忘れて行ったのね。
 水無しで、これからの「大雲取越え」はキツイじゃろおに・・・
霧の山道
 少し歩いた開けた所に「舟見峠」の看板が在り、そこからは下り気味で「八丁の堀割」

「舟見峠」 「掘割」と言うからには、何か八丁の大きさの物を掘ったのかと思ったが、何を掘ったのかよぉ〜わからんかった。

 ちなみに、後で地図を調べるとここは「色川辻」という所らしいです。

 そいでもって、ここは舗装された車道との合流点で、同じ看板に「八丁の堀割」と「花折街道」への標識が在るもんだから、「花折街道」へ向かって行って良いもんか、それとも林道の左右、どちらの方向へ行ったら良いもんだべか、地図を見ながらしばし迷ふ。
「色川辻」車道より降りる道
 四国だったら、確実に遍路札が有る所やろおなぁ・・・。
熊野古道・中辺路・大雲取越え「色川辻」
 ワシが、迷ったついでにそこらの写真を撮っている間、越後屋が林道を歩いて偵察をしに行きます。


 
「でぇかん(ワシの事)・・こっちに道が有りまっせぇ」と呼ぶ声がするので舗装道路を左に50mほど行くと、下り道がありました。
山道
 道をズンズンと下りて行くと、やがて赤い鳥居が有ります。

赤い鳥居 説明看板が無いので、何の云われが有るのかわかりまへんが、真新しい石仏と花が供えてあり、だれか参拝に来とるんでっしゃろおなぁ。

 御神体は鳥居正面の大きな杉の木のようです。

 やがて石畳の道は小さい谷川に沿って上がり車道に出ました。


                 目次等へ 
               
熊野古道・中辺路
 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具