HOME熊野古道記 > 中辺路 >
        5 胴切坂(大雲取越え)
   (胴切坂・楠の久保旅館跡・中根の旅館跡・円座石)


   熊野古道・影絵   大雲取越えの下り道  H16/12/11 UP



「胴切坂」の道  越前峠からは、しばらくは緩やかな道を行き、やがていつ終わるかわからん延々とした下り坂が続きます。

 この坂が「胴切り坂」と言うらしいでんなぁ。

 この坂を降りる頃から強烈に足が痛み始め、特に左足の関節に痛みが出て来ました。
胴切坂
 なんせ昨夕から車を走らせて夜中に那智まで来て車野宿し、睡眠不足と普段から歩いてなかったもんで・・・。

 長い下り坂を杖によりかかり、左足をかばいながら、ユックリ・・ユックリ下り・・・

「胴切坂」の坂道 あまりの足の痛みに耐えかねて10mほど行っては立ち止まって休み・・・さらに10mほど行って石に座り込み・・・

 落城して傷ついた足軽が、槍を杖代わりにして落ち延び、迫り来る追っ手から逃れてる雰囲気ですなぁ。

 陣笠の代わりに笠も被ってるし、山の雰囲気も合ってるし・・
延々と続く「胴切坂」
 これは下手したら「小口」に着くのは遅くなるかもしれんでぇ。

 この下り坂を下りるのもキツイが、この坂を上がって行くのは、もっとキツイやろなぁ・・・一番の難所と言うのも、よぉ〜わかる。

 足をかばいながら、石やら丸太がゴロゴロしとる坂を下りてくと、道端に白目をむいた派手なカッコウした者がおり、ギョッ!!としたら、木で作った人形で胴に「胴切坂」と書いてありました。
「胴切坂」の人形
 白目むいて、頭が禿げて人相も悪く、衣装も原色の黄色で、もおちっと優しさが有ったらなぁ・・

 まぁ・・・目立つには目立つけど・・・

 何も知らない気の弱い人が見ると、山賊が休んでるかと思うでぇ。
「胴切坂」
 しかし、こおいう遊び心は好きでんなぁ。(^O^)

 その付近から長い石がゴロゴロしとる階段が終わり、やがて「楠の久保旅館跡」という箇所へ来ました。

 説明板に「ここに人が住まなくなったのは昭和35年から・・」とありましたので、ワシが高校へ行く頃まで人が住んでいたんやなぁ。
「楠の久保旅籠跡」
 ここから更に30分ほど行くと、「中根の旅籠跡」の休息所があり、そこの看板に「小口自然の家3km先」・・ゲッ!! (T_T)

 この東屋にノートがぶら下がっており、読んでみるとワシらの先に12名の「何とか会」が先行して歩いており、今日の宿は同じ「自然の家」のよおです。

 こいつらが夜に酒飲んで騒がにゃええが・・。

「楠の久保旅籠跡」 ここで大休息したおかげで、足の痛みをが大分安らぎましたが、それでも下り坂は、やっぱし足にこたえます。

 30分ほど降りると、岩に「南無阿弥陀仏」と白く彫ってあり、近くの岩にも「南無地蔵菩薩」と彫ってありました。

「楠の久保旅籠跡」 越後屋は下ばっかり見ているので気が付かづ、トットと行っちまったけど・・

 今まで歩いて来た道で、宗教に関する物が有ったのは、石仏を除いてこれだけでした。

 それから15分ほど降りると「円座石」という所へ来ました。

「中根の旅籠跡 休息所」 「巨石の上面の模様を見立てて、名付け・・」と書いてあるので、岩の上部に模様が有るのかと思って探したけども見当たりまへん。

 そのうち「丸い輪」のような物が岩表面の所々に出ているので、これを「模様」と表現して書いてあるのかもしれまへん・・・ちがってたらゴメン。

 岩の三つの梵字も、先程の「南無阿弥陀仏」と同じように白く描いてあります。
大雲取越え山道
 麓の「小口」付近が見え始めた頃、3人連れが上って来るのが見えました。

 「今から上ると真夜中になりまっせぇ」と挨拶の一つでもしようかと思ってると、相手方はワシを見て立ち止まります。

「南無阿弥陀仏」と彫られた岩 そおでっか道を譲ってくれたんでっか、そんなら「ありがとさん」の一言でも言わなければと思って近寄りました。

 すると先頭の男が後の者に黙って手で合図し、二番目の男が心得たとばかりに、いきなり手に持っていた大型のビデオカメラを肩に担いで、ワシに狙いを定めるじゃありまへんか。
「南無地蔵菩薩」と彫られた岩
 アッ!!・・ゴォラアァァ〜・・!!、勝手に断りも無く撮るんじゃねぇ。

 相手の了解を得てから撮るというのが、最低の礼儀じゃろおがあぁぁ〜。

 ワシの大嫌いな「犬HK」だったら、絶対に許さずに徹底的に抗議してやるでぇ ▼▼メ

「円座石」・・と思ったんだけど、合図した先頭がどうも外人らしいので文句付けるのを止めて、黙って見逃してやったら、通り過ぎるまで遠慮会釈も無くカメラを向けてやがった。

 今、反省して思うにカメラに最接近した時、「アカンベェ〜」でもしてやれば、喜ばれたかもしれんなぁ。
「円座石 模様」
 民家が見えた所で写真を撮ろうと思ったが、犬が「ギャンゴラ、キャンコラ」と鳴きワメクので撮らなかった。

 車道への下り口付近に、途中に有ったと同じような人形が、あいかわらず白目を見せて旗持っております。

 たいへんでんなぁ、立ってばかりいるのも・・・
「円座石」
 そこから学校が見えたので、学校跡を利用して「自然の家」になってると聞いてたもんだから、それだと思って行ってみると、どおもちがうような気配です。

 近くのスーパーで聞くと、
「あれは中学校で「自然の家」はそこの川沿いの道を行き橋を渡れば良い」と親切に教えてくれました。

 しかし、川沿いの道は民家の庭先へ行ってるように見えるので、店から出て来たジサマに、ほんとにこの道で良いのか?と尋ねると、大丈夫と太鼓判を押してくれます。
「小口」の旗を持つ人形
 川沿いに行くと古い橋がかかっており「自然の家」が見えた頃、その先に一人の白装束を着て杖笠を持った、それこそ正式ルックの遍路が「自然の家」へ向かっています。

 おぉぉ・・珍しや、こんな所で四国遍路と会えるとは・・

 今宵は遍路話でもしようと思って、玄関で遍路に話し掛けると、満員で断られ民宿を紹介して貰ったところだと言います。

「小口」橋 そおやろねぇ、昨日ワシが電話予約した時
「これで満員になった」と言ってたもんねぇ。

 行程を聞くと、「本宮」から「那智」へ向かうという事で、ワシらと逆コースでした。

 「自然の家」に入ると外人が居り、こいつらは先程の撮影した仲間かと思ったけど、そおいう事は顔に出さず
「ハロォ〜」と挨拶しました。
 ワシ、紳士だもん。


                目次等へ  
                home
熊野古道・中辺路
 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具