HOME熊野古道記>中辺路> 6 小 口(小雲取越え)
                         (小口自然の家)


    熊野古道・影絵   尺八を携え歩いた熊野古道    H16/12/19 UP


小口自然の家
 「小口自然の家」の玄関で杖に笠を結び、外の傘入れに入れようとしたら
「部屋へ持っていっても、ええですよ」と言ってくれます。

 他の人と違って、ワシらは遍路していても杖を洗うという習慣なんか全然無いので、そのまま素直に持って入りました。

 夕食は5時半からで、係りの人が
「明日出発の時に、お茶などが必要だったら食堂に置いておくように」と言いに来ます。

 ペットボトルを3個持って行くと、食堂の入口に「お茶」「お湯」と書いた紙が置いて有り、更に「冷たい」「熱い」分けまでしてあり、この心配りが親切ですなぁ。

 ペットボトルに自分の名前を書いた紙を容器に貼り付け、希望する箇所に置いておけば翌朝、そこに置いてくれるらしく、なかなか、ええシステムです。

 ここまで気配りしてくれる宿は今まで無く、始めてです。

 そこへ通りかかった食堂のオバハンに
「あのぉ・・すんまへんけど、出来ればお茶を凍らせて持っていきたいんです。
 凍らせるという事は出来ますでっしゃろか?」

小口自然の家
「あぁぁ、ええですよ。
そいじゃ今から、お茶入れて冷凍庫に入れとくわね。」

「えらいすんまへん。
 それと、これまた出来たらの話ですが、そのお茶に一つまみの塩を入れてもらえまへんでっしゃろおか、アレだったらワシが入れますけど・・」

「はい、ええですよ」

と快く引き受けてくれ食事してる時に、オバハンがペットボトルと小皿に塩を入れて持って来てくれました。

 ご飯のお代わりが自由だったので、今日はロクな物を食ってないので、欲出してお代わりしたら、最後の鍋ウドンで腹一杯になっちまった。

小口自然の家・夕食 宿泊客は東屋のノートで見た「何とか会」のオバハン12人と、老夫婦が一組いました。

 洗濯機・乾燥機が使えるようだけど、なんせオバハン達が多いもんだから順番がなかなか来なくて早い者勝ちらしい。

 越後屋が
「二度目に様子見に行った時、乾燥機の奪回に成功した」と喜んで報告しに来ました。

 フトンの中で明日以後の予定を地図と睨めっこして考えてましたが、疲れのため思考能力が付いて行かず、おまけに前日からの睡眠不足のため眠気をもよおし、どおにでもなるじゃろおぅと地図を広げたまんま8時頃にヨダレ垂らして寝ちまいました。

 翌朝は7時頃に起きて朝食。

小和瀬橋 朝食中、先に食べていた「何とか会」の音頭取りのオバハンが弁当の量が多すぎるから減らしてくれと食堂のオバハンに注文つけてます。

 ワシが心配してた氷のペットボトルは、ちゃんとしてくれてました。

 しかし、「何とか会」のオバハン達の持っている水筒は小さく、あんなので、よぉ〜1日持たせらると思う。

 「何とか会」が先に出発し、「小辺路」へ行くそうです。

小口川 ワシらは少し遅れて出発し、皇太子も歩いたという車道をテクテク・・

 皇太子も、ここへ来たらしく「自然の家」に写真が飾ってありました。

 たいへんでんなぁ皇族も、ゾロゾロお付きの人に取り囲まれ、聞きたくもない説明を聞かされて・・ウットオシくて歩いた気がしなかったやろおなぁ。

小和瀬橋リレーフ遍路 ホントは一人で、ブラブラ歩きたかったやろおにぃ・・

 今度、生まれ変われるもんなら、きっと貧しくてもええから一般庶民を希望するやろおなぁ。

 「小和瀬橋」に立派なトイレが有り、橋のレリーフに遍路姿が刻んであります。

 おぉぉ・・ワシらと同じ、杖持って笠被ってるカッコウじゃねぇか。

 これじゃあぁ、正式なカッコウと言われても間違いでは無いわなぁ。(^O^)

 橋を渡ると盛んに上の民家から犬が吠えます・・ええいぃぃ、ジャカアシィ!!

民家横の階段を上がる 近くの民家横の石段を上り、犬が居る家とは反対方向へ行き、やがてT字の舗装道路に出ました。

 はて?・・左右どっちの方へ行けばええんやろか?

 越後屋は、何のタメライもなく右の方へ歩いて行きます。

それらしい道 あんたは、ノドカな性格でいいよねぇ・・・・疑うとか迷うとかいう何の心配もしないで生きておれて・・・・・

 ワシなんか、一生迷い続けて「どうしょ・・どうしょう・・」とビクビク生きているのに・・・

 ふと下を見ると、赤ペンキの剥げかかった線が舗装道路に描いてあり、正面の民家左横の石段へ続いてます。

 見ればその階段の所に「熊野古道」と古い板に書いてあり、あらためて舗装道路へ出る階段を見ると、そこから赤い線が引いてありました。

赤ペンキの道 あらあぁ・・この赤い線は、古道へ行く道を示していたのね。

 そりゃあぁ〜・・この線が描いてなければ、どっちへ行けば良いかわからんわなぁ。

 だいぶ歩いて行っちまった越後屋を呼び戻しました。

 黙ってそのまま行かせて「途中で行方不明になった」と言い触らして、処分しても、えかったんだけど・・・



                   目次等へ 
                  home
熊野古道・中辺路
 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具