HOME熊野古道記 > 中辺路 > 7 小雲取越え
       (椎の木茶屋跡・桜茶屋跡・石堂茶屋跡・松畑茶屋跡
)

     熊野古道・影絵      尺八を携え歩いた熊野古道    H16/12/26 UP
 
     
「足切地蔵(尾切地蔵)
 小和瀬橋を上った所から少し行くと「足切り地蔵」というのが有り、説明板も無く名前からして不気味で何か陰気な場所でした。

 そいで、この辺までは歩いていても、たいした事なかったんです。

 
「おぉぉ・・・こんなもんか、たいした事無いなぁ・・・ダハハハ。」と越後屋と談話しながら、ヨッコラ・・ヨッコラ・・・・・

 しかし、その少し行った坂道付近から、足が痛み始めました。
 昨日の足の痛みが未だ完全に取れてないのが、ひびいてきちまって・・・・・
長い坂道
 この坂道の傾斜角は、四国で例えれば「屋島寺」へ上がる舗装された坂道と同じほどの角度でしてなぁ。

 まだこっちは舗装されてなく、土だから良いよおなもんだけど・・・

 昨日、ヨダレ垂らして早く寝て安眠をむさぼり、今朝は7時までグッスリ寝たので、ここ数十年間こんなに十分な睡眠は取った事は有るんだろおか・・と思うほど寝たんじゃけどなぁ・・・・

麓の集落を見下ろす やっぱし疲れが取れてないらしく、そのうち吐き気までしました・・・吐かんかったけど・・・

 越後屋は、さっき道を間違えたのを親切に教えてやったのに、その恩も忘れ、ワシを置いてトットと先へ行って見えなくなります。

 うんうん・・・あいつの性格が、よぉ〜あらわれとる。
 ウソでもええから、心配そおな顔の素振りでもすりゃあ、ええのに・・

 山から見下ろすと大きな川がU字になって曲がって見え、その付近に人家も小さく見えます。

「椎の木茶屋跡」 10歩ほど歩いては立ち止まり・・・・・・

 5歩ほど歩いては道端の石に腰掛けて息を整え、足を休ませ・・

 高山病とよぉ〜似ており、ホンマにここでバッタリと倒れて野垂れ死んじまうかと思ったでぇ。
昔の水飲み場
 やっと石ころだらけの所に、丸木を渡したベンチが有る所へ来て、越後屋はノホホンと座って待っています。

 看板は無かったけれど、どおやらここが「椎の木茶屋跡」のようです。
 そやろおねぇ、ここに茶店が在ったら助かりまんなぁ。
 見晴らしも、ええしぃ〜。

 少し休息して再び坂道を上り、途中で平坦な所に石で囲った昔の「水飲み場」が有りました。
「桜茶屋跡・石垣」
 しばらく行くと石垣の跡が在り、「おぉぉ・・・桜茶屋跡も近いぞ」と思ってたら、その石垣の外れに東屋の休息所があり、やっぱり越後屋は、ノホホンとした顔して「早く来んか・・」という顔して待ってます。

 あぁたぁは、いいよねぇ・・・
 ワシは今にもコロッと死にそうな体調なのに・・

 ここで昨日の夕食に出た夏蜜柑をリュックから取り出し、荷物を少しでも軽くしようと食べました。
「桜茶屋跡 休息所」
 ホントは夏蜜柑は好きでないので、よっぽど宿に置いてくるか、だれかにやろおかと思ったんだけど、ケチだから持って来たんです。

 食べてみると少し酸っぱいが、不思議に全部食べれました。

 やっぱし疲れていると酸っぱい物は効きまんなぁ。
 その後は、先程のシンドさはありまへん。
「桜峠」
 少し行った桜峠は、峠と名付くからには見晴らしが良い所かと思ってましたが、大きな杉の木と俳句の石碑が在るだけで、見晴らしは良く無かった。


 ここまで石碑を運ぶのもキツかったでしょうなぁ。

 峠をゆるやかに下っていると、今日始めて逆行しているジサマと出会いました。

尾根道 大阪の人で、大阪から「王子巡り」をしており今日中に那智まで行く予定。

 ここへ来るまで民宿にも泊まったが野宿もしてきた。
 四国は3年前に遍路した。
 今は70才だと言ってましたが、年よりも若く見えましたなぁ。

 「石堂茶屋跡」に東屋の休息所がありました。

「石堂茶屋跡・休息所」若者達 休んでると遠くから話声が聞こえ、若い三人のアンチャンがやって来て、コンビニ弁当を食べ始めます。

 聞いてみると地元の「小口」の人で、今朝9時頃出発したと言います。

 ホントは、ワシらもここで昼飯にしょうかと思ったんだけど、先に食べられちゃったからマネするみたいので、食べずに先に出発しました。

 山道を歩いてると山脇に石仏が有り、写真を撮ろうと思ったら、「賽の河原地蔵」と説明があります。
「賽の河原地蔵」
 キツイもんだから下ばっかし見て歩いてると、こおいうのを見逃しちまうんだよねぇ。
 やっぱし、キョロキョロしながらユックリ歩かんと・・・・・

 この少し前に「ここで笛や楽器を鳴らすと、良く響きます」という木札が在ったが、ここまで楽器を持って来る物好きな人間は、ワシぐらいやろおなぁ。

「林道の石畳」 それに疲れていて、とてもじゃないけど尺八を吹く元気も有りまへん。

 でも確かに、そこで吹けば山林に音が吸い込まれるような静かな奥深い雰囲気の場所でした。

 やがて舗装された車道を横切りますが、この舗装道路には古道の道筋にわざわざ石を敷いて古道を示してくれてるんですなぁ。

 しばらく行くと見晴らしの良い場所に石仏があります。
見晴らしの良い高台
 今まで見晴らしの良い箇所は桜峠へ登る途中だけで、他は空も見えないような薄暗い杉木立の道だったので久しぶりです。

 そこを通り過ぎると、さっきのアンチャン達が後ろから大声で何か話しながら近づいて来るのが聞こえ、先程の見晴らしの良い所で「ヤッホー」と叫んでるのが聞こえました。

 あの速さでは、ひょっとしたら走りながら山越えしとるんでねぇか・・と、笑いながら越後屋と話していると、後から坂道をホンマに走りながら何か叫びながら駆け下りて来たでねぇか・・。
尾根道
 
「その速さなら、12人のオバハン(宿で一緒だった何とか会の団体)がワシらの先を歩いてるから追いつけるかもしれまへんでぇ」と笑いながら言い道を譲り見送りました。

 ところが、少し行くとアンチャン達が立ち止まっています。

 何じゃ?どおした?・・ションベンか?と思って尋ねると、ここのポイントで写真を撮ってくれと言います。

「松畑茶屋跡」 そこには「拍手ポイント」と木札がぶら下がっており、今まで3カ所、そのような所が有ったそおで、さっきの「ヤッホー」も、そのポイントだと言います。
 はらあぁ〜、そおなの気がつかなかったなぁ。

 「さよか」と了解し木札が見えるように囲ませて、わざわざ拍手させて撮ってやり、ついでにワシらも記念写真を撮りました。

ゆるやかな道 「松畑茶屋跡」のベンチで昼飯にして休み、静かでんなぁ・・・・・・
 ほんとは、こおいう所でゆっくり尺八吹いた、らええんやろおけどなぁ・・

 休息して再び歩き始めると、やがて10人ほどの逆行して来るくるジサマ団体と擦れ違い、ワシらの姿を見て、コソコソと
「正式な姿で歩きはってるでぇ」と仲間と言ってます。

 正式かどおかはわからんが、小和瀬橋のリーフレットにそんな絵が描いてあったから、そおいう事にしとこ。(^_-)
「諸川を望む」
 もうすぐ「諸川」という所で都会風の若いネーチャン二人と出会いました。

 
「諸川からの登り口を間違って遅くなったけど、「小口」まで、何時間かかる?」と聞いてきたので

山道 
「だいたい5時間らしいけれど、今はすでに2時近く。
 今から行くと7時頃になるかもしれまへんでぇ。

 7時頃まで、何とか明るいけれど、少し急いだ方が良いでっしゃろおなぁ。
 30分ほど前にジサマの団体と擦れ違ったから、追い付けるかもしれまへん。」


と言って別れたけど、あのネーチャン達、無事に着いたやろか?

 ところで、今までの写真に、このような白くて丸い円盤状の物が、「青い標識」の所々に取り付けてあったのに気がつかれましたでしょうか?
西国巡礼の標識札
 これは「西国霊場巡り」の人達が付けてくれていた物で、この後の行程でも、もんのすごく役立ちました。
 ありがとうごぜえます。

 「西国霊場巡り」はワシらと同じ方向ですが、後で聞くと他の人達は、ワシらと逆に田辺市方向から那智へ向かう人が多いそうです。

 「諸川」からバスに乗り、那智まで車を取りに戻りましたが、そのバスで途中から、さっきの若者3人が乗り込んで来ました。
「諸川」付近
 やっぱし若いだけあって、けっこうな距離を歩いたんやなぁ・・。

 
「やぁ」と挨拶し小口の分かれ道の所でバスを降りて、そこから自転車で小口まで帰るとの事。

 バスから降りた時も、笑顔で手を振って見送ってくれました。
 一期一会でんなぁ・・・・。


                    目次等へ
                   home
熊野古道・中辺路
 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具