HOME熊野古道記 > 中辺路 > 8 大斎原(大斎原・熊野本宮大社) 
   熊野古道・影絵     尺八を携え歩いた熊野古道    H16/12/31 UP
  



 「諸川」から「本宮」までは車で行き、歩かなくてズルしました。
大斎原の鳥居
 本宮町まで来る途中、河原の中州に大鳥居が立っており、そこが「大斎原(おおゆのはら)」という、昔は本宮大社が在った所だと聞いてたのですが、河原が氾濫したので現在地へ移したらしい。

 車で移動しながら探していても、それらしいのが見えなくガソリンスタンドで燃料入れながら聞いてみました。

「元大社が在った所は、どこでっか?」
「ウチのすぐ後の河原ですがなぁ」

「そこへ行くには、どう行けば良いんで?」
「行くなら、ここに車を置いても良いですし、少し離れたウチの駐車場に置かれても良いでっせぇ」
大斎原へ渡る
「へい、ありがとさんです。
 ちなみに本宮の近くに無料駐車場は有りまっか?」
「ここら辺の駐車場は、全部無料ですがなぁ(^O^)」

 さすが神域に住まわれてる方達は、太っ腹!!
 商魂たくましい観光地とは、ちがいまんなぁ。

 駐車場に置かせてもらい数mも行くと道端に何の変哲も無い、そこらの鎮守様のような小さい鳥居が建っており、中州へ向かって橋が架かってます。

 これじゃあ、初めて来る人は、わかりにくいですわなぁ。大斎原の大鳥居
 そいでもって、鳥居の側に
「無断撮影禁止」とデッカイ看板が置いてあります。

 おぉぉぉぉ・・・・さすが神域・・・・・と思ったけど撮っちまいました。スンマヘン

 橋を渡ると、鬱蒼とした木々に囲まれて低い石垣があり、そこに元本宮大社が在った所らしい。

 入口に再び看板が有り
「霊地なので勝手に塩を置いたり、何かややこしい事をするのを禁ずる」と書いてます。

大斎原 おぉぉ・・・四国の「出釈迦寺」奥の院と同じでんなぁ。
 やっぱし、よっぽど特別なる神域なんやろおねぇ。

 きっと今も神霊がお休みしたり、仕事をしておられるんでしょうなぁ。

 しかし、その特別なる神域の割には、隅っこの中央に石碑みたいのが二つあるだけで、ガランとした草地だけで、えらいアッサリした場所です。

 たぶん、その石碑の所が、元在った重要な所なんでしょう。

 しかし、ほんまに子供の遊び場にでもなるような広々とした草地で・・・何も無く・・・

大斎原 次に熊野本宮大社へ行くと、ここにも
「本殿で大声を出したりするな」と言うような事が書いてあります。
 
 高野山でも大師様が静かに寝ておられるので、起こしたらアカンと断られます。

 ここもヒョットしたら神霊が静かに読書されてるのに、突然尺八を吹いちまったら「読書の邪魔じゃあぁぁ・・気が散る」と神霊から叱られるかもしれんと思い、お守りやら何やら売ってる社務所の宮司に、お伺いをたてました。
大斎原
 「あのぉ、本殿で尺八の献笛してよろしいでしょうか?」

 「はぁ〜ん?・・・この人、何をしたいって?・・・」という顔をされたので、もう一度同じ事を言うと、側で聞いてた先輩らしい宮司があっさり
「良いですよ」と横から笑顔で言ってくれました。

 四つの社が在り、その前で一曲づつ吹こうと最初は思ってたんですが、なんせ雨が降っており、 雨に打たれながら吹奏するほどの信心もコンジョも無く・・・・
熊野本宮大社
 門の庇で雨宿りしながら左門扉と右門扉の陰から社が見える所で、その方面に向かって各一曲づつ吹きました。

 門出入り口の陰になっている場所なので、時々参拝客が扉の陰から顔を出し、尺八を吹いてる姿を見ると「アッ」という表情をして、見てはいけないモンを見たという感じで、あわてて顔を引っ込めます。

 それでも右門の所で吹いてた時は、4・5人がジィッ〜と私の周りを取り囲んでしばらく聴いてました。
 托鉢状態か路上演奏しとるのと同じでんなぁ。

 今までは托鉢の時以外は、あんまり正面から吹奏している姿を見られる事は無かったのですが、今回マジマジと正面周囲から見つめられちゃった。

紀伊の郷土料理「めはり寿司」 しかし、だれも投げ銭をしてくれず、そのうち、どっかへ行ってしまいました。(^O^)

 近くの「道の駅」前のスーパーで「めはり寿司」(420円)というのを買って食べました。

 紀伊半島の所では郷土料理らしく、オニギリを漬物の菜で、くるんだような感じです。

 
               目次等へ
                 home 
熊野古道・中辺路
 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具