HOME熊野古道記 > 中辺路 > 10 瀬 音
      (船玉神社・三越峠・湯川王子・蛇形王子・おぎん地蔵)


    熊野古道・影絵    尺八を携え歩いた熊野古道   H17.1.15 UP
 



「船玉神社」 「猪鼻王子」の山道を少し上がると先程の林道に上がり、もう少し歩くと「船玉神社」が有りました。

 スタンプ有るかなぁ・・・とサラッと道路から眺めましたが、腹が減ってたので、スタンプは無いだろおと勝手に思って通り過ぎました。

 確かこの辺に休息所が在るはずじゃが・・・と、そっちの方が気になちまったもんでして・・人間突き詰めれば、スタンプなんかよりも、まず腹ごしらえだもんねぇ。
「広場」
 神社から少し行くと、キャンプ場みたいな広場に小屋が建ってます。

 そおとわかっていれば、スタンプが有ったかもしれんので探せば良かったなぁ・・惜しい事をした、と思いましたが戻りませんでした。
 なんせ腹が減ってたもんで・・・

 その細長い小屋が休息所かと思い、喜んで走って行ったら、小屋の中に櫓船が一隻飾ってあるだけで、中へ入れないように囲いがしてあります。

「音無川」に沿って あんらあぁ〜・・・雨降ってるのに休む所がないのね・・・
 トイレは近くに有るけど・・

 仕方なく、その小屋の庇に座り、雨宿りしながら昼飯にしました。

 最初はトイレの入口に座って食べようとしたんだけど、越後屋が
「何もトイレの場所で食べなくとも・・・」とブツブツ言い、「ワタシ、小屋の方で食べる」と言ってσ(*_*)を置いて行っちまったのです。


 サミシクなり・・・つい、その後ろを追っかけて小屋の方へ・・・「この水飲めます」の場所
 この櫓船は、どっかの漁師が寄付して、この小屋もその人達で造ったらしいでんなぁ。

 出来れば船が雨宿りする構造よりも、人間が中に入れて雨宿りできる構造にしてくれた方が、もっと嬉しかった。

 そいで、ワガママを言わせてもらえば、座るベンチが置いてあったら、泣くほど嬉しかった。
 なんせ、そこらに転がってた丸太に腰掛けてたもんで・・・

「三越峠」へ それにしても、ここの広場は何を目的とした所なんじゃろ?

 立て札に「キャンプ禁止 マムシに注意」と書いてあったが・・・単なる櫓船を飾っておくだけの場所?

 ここは「赤木越え」との合流点らしいです。

 食事後、雨が降っており寒いので、早々に林道を音無川に沿って歩き始めました。
「三越峠 休息所」トイレ有り 「三越峠」石畳の熊野古道 「三越峠」より下り道

 林道が行き止まって細い山道に入る所に「この水飲めます」と板に書いてあり、側のホースから勢いよく水が出ています。

 だれかのHPに、この水を飲んだ事が書いてあったので、σ(*_*)も飲んでみました。

 人がやって良さそうな事はマネをするのは当然だけども、人から「アイツ何やっとんじゃ」と笑われるようなアホみたい事もなるべくしておいて、何事も経験だから・・せっかく生まれて来たんだしぃ・・。

 細い山道は谷川沿いに上がり、雰囲気的には四国では横峰寺の上り口(大頭方面より)と似ています。
「三越峠」下り道
 しばらく山道を上がって行くと、向こうから二人連れのオバハンが来て、オバハン達は
「今日始めて人に出会った」と喜んでます。

 さらに山道を上ると「三越峠」に出て、そこの休息所で一休みしましたが、きっと先程のオバハン達もここで休んだ事でしょう。

 休息所の前は林道(舗装)が走っており、そこに石畳を敷いて熊野古道へ導いてます。

 非常にわかりやすく、なかなか味わい深い事をしてまんなぁ。「湯川王子」「湯川王子」スタンプ

 三越峠からは下りの山道ですが、雨のため道には水が流れています。

 やがて久々に川のせせらぎの音が聞こえ、川が見えると小さい古い社の「湯川王子」に着きます。

 王子の有る場所は薄暗い所でしたが、川の付近は明るく感じました。
「湯川王子」付近
 ここは「湯川一族発祥の地」らしいですが、湯川秀樹の先祖も、ここの出なんやろか?

 少し川沿いに歩くと「蛇形地蔵」の案内看板が有り、Y字に分かれています。

 どっちかなぁ?・・・と思ったんですが、「蛇形地蔵」を経て行くのかと思ったら、そこだけの場所のよおで再び案内看板の所まで戻ります。

 まぁ、たいした距離でもないし・・・話しの種にもなるかもしれんので行ってみなせぇ。「蛇形地蔵」スタンプ「蛇形地蔵」

 この地蔵さんは、山深い無人の場所のわりには良く手入れがされており、小さい鐘がぶら下がっていたので、三打してみると、ええ音がしました。

 四国の寺では鐘を突きまへんでしたが、ここは人里離れた場所で、近所迷惑にならんやろおし、どんな音が出るかなぁ〜と思ったもんでして・・・

 すんまへん、信心も無いのに鐘を叩いたりして・・これも何事も経験と思い・・・しのごの・・・・。
「蛇形地蔵」より湯川川に沿って
 地蔵さん自体が蛇の形か、何かオトロシイ形でもしとるんかと思いましたが、普通の地蔵さんと変わりありません。

 地蔵さんの後に有る平たい石が、それかなぁ・・と思えば蛇にも見える模様みたいもんは有りました。

 また、こ地蔵さんの下に願文を書いた小石が一杯置いてあり、今も信じてる人が沢山居るんでしょう。

 そいで、蛇がらみの場所なもんだから、だれか卵を供えるらしく「カラスが卵を持って行くので、供えたら持って帰るように」というような事も書いてあります。「おぎん地蔵」

 先程のY字の所へ戻り、再び川沿いに上って行くと「おぎん地蔵」があり、カワイソーな伝説が有るよおです。

 むか〜あしぃ、むかし・・京の芸者さんが、恋人を訪ねて歩いてたら、ここで強盗に遭ったらしいですわ。

 川に沿う瀬音の風景は、この付近で終わり、その後は再び山の風景となります。




                 目次等へ 
               home
熊野古道・中辺路
 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具