HOME熊野古道記 > 中辺路 > 15 光輝き
               (小判地蔵・十丈王子・大門王子)


 尺八を携え歩いた熊野古道   光輝く   H17.2.20 UP
 


「小判地蔵」
 「悪四郎峠」の山道を降りて行くと、小さい地蔵さんがあり、「小判地蔵」と書いて有ります。

 云われでは、この地蔵さんを拝むと小判を見つけたり、宝クジが当たるという、欲深い人には、もんのすごい御利益が有る・・・というのではありまへん・・トッツアン、あわてるな。(^O^)。

 その昔、ここで行き倒れになった遍路がいて、自分の死期が近づいたのを悟り、小判を口にくわえ、この小判で自分の死後の処置を頼むという意味だったらしい。
「十丈王子」「十丈王子スタンプ」
 昔の人はエライでんなぁ。
 なかなか自分の死後まで心配して人に迷惑をかけないようにするなんて、出来る事ではありまへん。

 さらに山道を下りると、今まで木立で薄暗かったのですが、急に明るく開けた所に出て「十丈王子」に着き、スタンプをペタリンコ。

 ベンチに座って休んでいると、一人のネーチャンが登って来て通り過ぎようとしました。「十丈王子」付近

 声をかけて挨拶しましたが、遍路笠をかぶった異様な風体をした怪しいジジイと思われたのか、軽く返事して、そそくさと離れて行きました。

 ワシって信用されてないのね、四国とは違うからなぁ・・・・十丈王子 付近

 ワシも遍路してなかったら、遍路姿という事がわからんから、やっぱし怪しい人物として避けて通るかもしれん。

 ベンチから少し離れた所に休息所とトイレがあり、トイレを拝借しようとしたら、オバハンとオッサンの3人連れが上って来たので、トイレを借りるのガマンして少し話しをしました。

 ここは、よぉ〜人と出会うルートでんなぁ。
 今まで歩いて来た、本宮から近露までとは、エライ違いだ。

 上下する山道を歩き、ここで再び明るく開けており、木の伐採をしてます。

 見晴らしの良い山     「大門王子」 「大門王子」スタンプ

 さらに山道を行くと、薄暗い木立の中に朱色の建物の「大門王子」が有り、平安の昔の頃は、この付近の山中でエライ人も野宿したらしい。

 今は、とてもじゃないけど、陰気臭いし草木も茂り、野宿の場所には適さないでしょう。
 少なくとも、σ(*_*)ならば別の場所を探す。

 古道道  溜め池 「へんくつ会」 

 そこより少し降りると、広い溜め池が有り人家が近づいて来たよおです。人家が近い

 細い谷川に沿って下りると、小屋の屋根と鋭角になった三角屋根が見え、おぉぉ・・久々の人家じゃあぁ。!(^^)!

 小屋は東屋の休息所で、トイレも有り雨も降っていたので、そこで少し休息しました。

 隣の三角屋根には、人が住んでるのか垣根が有ります。

 屋根しか見えまへんでしたが、鹿脅しのように、たまに空き缶でも叩くように「ガツゥ〜ン」と音がします。

 一休みして出発する時、その三角屋根の家を見ると、こざっぱりしたバンガロー風の家で、手入れもされているよおでした。

 だれか居るかと思って、声を掛けて小屋を覗くと、だれもおらず、真ん中に囲炉裏のようなモノがあり、部屋内もキレイに片づいており、入口にぶら下がっているノートを見ると「へんくつ会」と書いて有ります。「庚申さんと大日さん」

 ワシも、その会に入れてもらって、ここでボケェッ〜として住みたいなぁ・・夜遅く尺八吹いても、近所迷惑にならんやろおし・・・

 その付近から更に人家が近づいて来た雰囲気になり、やがて舗装道路になった所の道端に石仏が置いてありました。

 云われも書いてあるので読んでみると「庚申さんと大日さんのいわれ」と題し

 
「この石仏は夜に時々光り、何とかさんが18才の時にダイヤのような光を見て、現在75才で元気に過ごしている・・・。平成6年。」 という主旨が書いて有りました。遠くの山が見える

 おぉぉ・・現在の奇跡やのおぅ・・・
 ワシも石仏が輝くダイヤのような光を見たいなぁ。

 別に90才まで生きたいとは思わんが、是非そのような光景を冥土の土産に一度でも良いから・・と思う。

 後ろの青い紙に石仏の各名前と真言が書いてあり、 紙はまだ新しかったので地元の人が手入れしてるのでしょう。

 舗装道路を歩いて行くと、やがてパアッ〜〜と視界が開け、遠くの山々も見渡せ・・・おぉぉ・・高い所の山に登ったんじゃなぁ・・と実感します。

              目次へ 次ページ
              home
熊野古道・中辺路
 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具