HOME熊野古道記>中辺路>16 古道の誇り(高原熊野神社)

    熊野古道・中辺路      熊野古道・中辺路「古道の誇り」     H17.2.25 UP
  



 細い坂道の両脇に民家が有り、ここに住んでる人は引っ越しとか荷物運ぶのたいへんだろおなぁ・・と思いながら坂道を下りると、すぐに広い駐車場に出て「高原霧の里」という休息所がありました。

 休息所にはだれも居なく、休んでるとスタンプが2個置いて有ったので、さっそくペッタン。

  「高原霧の里」休息所   「高原霧の里」スタンプ   「高原霧の里」スタンプ

 壁には写真が飾ってあり、皇族が訪れた様子や、近くの高原熊野神社で何かの催しが有った時らしく、数人の虚無僧が吹奏しながら歩いてる風景の写真も有りました。

 なんで、その神社の催しに虚無僧が出て来たのかは、わかりまへん。

 知ってる限りでは、その神社と尺八とか虚無僧の云われは聞いた事が無かった。
 だれか知ってたら教えてね。

 高原熊野神社は、それなりに有名な神社なので、大きいお宮かと思ってましたが、思った以上に小さいお宮でした。
「高原霧の里」よりの眺め
 境内まで行って荷物を置いて、どおしょうかなぁ・・と思ったけど、虚無僧も来たよおだし、せっかく来たのだからと思い一曲吹きました。

 ここ数日、雨の中を歩いてたので、尺八を包んでいる袋も湿っており、そのためかあんまり響かなかった。

 ワシの尺八は少し長いので、野球のバット袋に入れて担いでおり、四国遍路の時は、「バットを担いで遍路してるの?」と聞かれた事も有りました。

 境内のお休み処に「瓦寄進」の奉納帳が置いてあり、壁にその主旨が書いてあります。

 
「この古い神社と古道に対し誇りを持っている。
  しかし整備するには近年、若い人手も居なくなり、維持するには高齢者ばかりでままならず、資金にも困っている。
  願わくば瓦寄進により援助を賜りたい。」

というものでした。

 「高原熊野神社」 「高原熊野神社」   「高原熊野神社」スタンプ 

 ううむぅ〜・・そおやろおなぁ。

 これだけの山の中じゃ、若い人は離れて行き、トシヨリだけの過疎地になっちまいますわなぁ。
熊野古道・中辺路
 
「古道に誇りを持っている」という文面に、もんのすごく共感を覚え、今まで気持ち良く古道を歩かせてもらったという意味も含めて、心ばかりの寸志を納めました。

 四国88箇所寺でも、瓦寄進やら何とかを作るためだと寄付を求めている寺が有りますが、ワシはそのような寺へ寄付した事がありまへん。

 そおいうもんは、ワシのような信心の足りんビンボー人が寄付しなくても、ワンサと押し寄せて来る団体バスの信心深い人達が寄進すると思っており、寺は十分維持出来るじゃろおうと勝手に思ってるからです。(^O^)ダハハハ・・・・

熊野古道・中辺路 しかし、この小さいながらも由緒有る神社は、あまり人も来なく、維持する人手も無く、現状のままでは整備するのが困難だというのが、よぉ〜わかります。

 皇族も来る由緒正しい神社なんだから、宮内庁も何とかもう少し援助してやれよ。

 瓦寄進のノートを見ると、けっこう遠方から来た人達が寄進してました。


                   目次等へ  次へ 
                  home
熊野古道・中辺路
 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具