HOME熊野古道記 > 紀伊路 > 3 峠 (小峠・大峠)
   遍照の響き    尺八を携え歩いた熊野古道   H17.4.23 UP
   



 金魚茶屋跡から少し行くと「題目板碑」というのがあり、付近に墓石みたい石柱が建っています。題目石碑・王子谷石碑群

 よぉ〜知りまへんが、看板に徳川吉宗が何かしたとかで、近くの寺跡から引っこ抜いてきたらしい石碑と書いてありました。

 さらに行くと石畳の登り口で、「古道の中では現存する石畳の最長の長さ」と書いてあります。

 登り道は、だいたい想像していた通りの坂道で「小峠」でやや平らになります。

   小峠へ  熊野古道最長の石畳道  小峠の「熊野古道」提灯

 この峠には「熊野古道」と書いた提灯の壊れたのがぶら下がっており、これは、これでまた風情があります。

 チヨッと下の方が破けていたのが、残念だったが・・・

 その付近に馬頭観音の小さい石仏が、木の下に有ったけど、普通の人はあんまり気付かんやろおなぁ。小峠「馬頭観音」

 「大峠」へ行く途中に軽トラが1台、こちら向きに停まってました。

 こんな九十九折りの細い山道を、よぉ〜ここまで降りてきたなぁ・・・
 それとも付近に広い道が有るんかなぁ・・

 帰りはどおするんやろ?
 ここからバックしてUターンする場所も無いでぇ。

 麓の金魚茶屋まで行くにしても、けっこう細い山道でーブが有り、道から外れて山下へ転がり落ちる可能性の方が大きいけど・・

 いらん心配しながら歩きましたが、どうも無理して山頂から降りて来て、帰るに帰れなくなっちまい、このまま放棄しちゃったような気がします。

 まだそんなに古くない車だったし最近の事なんだろうけれど、世界遺産になったんだから何とかしといた方がいいでぇ。
大峠(鹿ケ瀬峠)
 「大峠」は木々が茂る所かと思ってたら、今までの山道と違って広く開けた草むらになっており、昔はこの広い草原になってる所付近に茶店があったらしいです。

 ホンマに茶屋でも有れば弁当でも食べるのに良い場所なんだけど、残念ながら日陰になる場所にベンチが有りません。

 日はカンカン照りで暑く、わざわざ遠くの木の下へ行くのも面倒なので、もう少し先で昼食を食べる事にしました。

 大峠を少し降りた所に何かの史跡跡らしいのが有りましたが、腹が減っていたのと、疲れて早くどこかで休みたい感情が複雑に交差し、看板だけ読んで先へ行きました。
痔の地蔵
 もっとも道端から地蔵さんが木の下に見えたのでデジカメで撮りましたが、たぶんあれが尋ね人に効く「痔の地蔵」さんでっしゃろおなぁ。

 名前からして「痔」の病に、もんのすごく効くかもしれまへんでぇ。
 人知れず悩み苦しんでるトッツアン。 喜べ !(^^)!

 んがぁ〜、しかし、この地蔵さんはその病に効くかどおかは別として、行方不明者を捜すご利益があるらしいです。

 たぶん別名「縛られ地蔵」と言う、云われが有るからでしょうなぁ。


                 目次へ 次ページへ
                home
熊野古道・紀伊路
 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具