HOME熊野古道記 > 紀伊路 > 6 提灯
        
(山口王子 爪書地蔵 蕪坂塔下王子)


     紀伊路  尺八を携え歩いた熊野古道  H17.5.19 UP
 



 得生寺から有田川沿いの堤防の道を歩き、「宮原橋」という長い橋を渡り、そこから正面に見える山を上るのですが、けっこう高い山で急勾配が予想されます。

 紀伊宮原駅近くの店で、飲み物と食料を買い込みましたが、あんまし品数が有りまへん。有田側沿いの堤防道

 こんなもんかもしれん、何も無いよりは良い・・と思って少し歩くと、もっと大きい店が途中にあった・・・チェッッ・・・。(T_T)

 少し傾斜の有る道をテクテク・・・

 山口王子に着いたら、久々にスタンプ台があり、喜んでスタンプを押しました。

 この日は梅雨時では珍しく熱い盛りで、後でニュースを聞くと、全国で熱中症のため二人死んだらしい。

有田側 宮原橋 宮原地区 山口王子 

 σ(*_*)がスタンプ押してる間に、越後屋が急坂をフラフラと死にそうな顔して、ヨタヨタと後ろから来ます。

 
「この王子のベンチで休めば良いぃ」と親切に優しく言ってやったのに、「地蔵堂まで400mだから、そこまで行く。」とガンコに言いはります。

 人の言うことを聞かんヤツじゃ !!

 しかしぃ・・・この坂はキツイでんなぁ。
 四国の「出釈迦寺・捨身嶽禅定」へ行く道よりも勾配が有るかもしれんなぁ・・・しかもコンクリ道で・・

 前をヒーコラ言いながら歩いてる越後屋を追い越し、少し行った所で振り返ると、ホンマに今にも死にそうな顔をしとります。


 
「ここで休め」と再び慈悲心を込めて言い、もったいないけど、やっぱし慈悲心を込めた水を親切に渡してやりました。この付近で倒れた

 しかし何が気にいらんのか受け付けず、そのまま側の石垣に倒れかかり、ズルズルと道端に座り込みます。

 あっ!・・こらっ!!・・
 こんな所で死んだマネするんでねえ。

 峠まで引きづりながら上げるのは、重くて大変じゃねぇか。
 そのまま死んじまったら、下へ転がしながら降ろすぞぉ。
 お前の性格そのまんまで、欲ばって先に進もうとするからじゃ。

 しっかぁしぃ・・他の夫婦だったら、こんな場面に直面した時は、どおするじゃろか?

 σ(*_*)の場合ならば、すかさず「しっかりせよ!」と抱き起こし、涙を垂れ流しながら泣き崩れ、「死んじゃダメェ〜・・」と揺さぶり続けて絶叫する・・という白々しいテレビドラマのようなマネなんか、間違っても絶対にしないと思う。 (^O^) ワッハッハッハッハッ・・・

 倒れ込んでる越後屋を、早く起きないかなぁ・・と思いながら突っ立ったままボケェッ〜と見下ろし、疲れてきたので側にヨッコラショ・・と腰を下ろしながら再びブツブツ思っていると、やがて息を吹き返したらしく、やっとピクピクと動き始めました。

    蕪坂塔下王子へ      爪書地蔵

 しばらく坂道を歩き続けると、坂の上に地蔵堂が有り、入口に写真が貼ってあります。

 岩に仏さんが彫ってあるらしいでんなぁ。

 ここで一休みして再び坂道をヒーコラ・・・
軒下の「熊野古道」提灯
 こんな山中で坂道の場所にも家が有りますが、人は住んでないよおです。

 その軒下に「熊野古道」と書いてある提灯がぶら下がっていました。

 古道と、この軒下の提灯はホンマに風情が有り、思いついた人カシコイでんなぁ。

 ゴチャゴチャと余計な絵や派手な色彩を使わず、単に「熊野古道」という文字だけをアッサリと書いてのが、観光地で売ってるケバケバしい提灯と違い、素朴さが有ってヒジョウに良い。
太刀の宮
 σ(*_*)もこんな提灯、欲しいなぁ・・・
 土産物に売ってたら買うでぇ。!(^^)!

 峠の頂上に着き「蕪坂塔下王子」の所にもスタンプ台が有りました。

 再び喜んで押そうと思ったら、握り部分だけが残っており、スタンプ箇所は、だれか持っていったらしく無くなってます。 ガッカリ・・・(T_T)蕪坂塔下王子
 すぐ近くにトイレと休息所が有ったので、そこで昼飯にしました。

 作務衣を脱ぎ手摺りに掛けて干し、上半身裸になると時々涼風が流れて体の汗を乾かします。

 極楽、ゴクラク・・・・(^O^)

 ここからは緩やかな道になり、何という町かわかりまへんが、町を一望出来る眺めの良い場所へ来ました。

     休息所とトイレ     峠からの展望 

              目次へ  次ページへ 
               home
熊野古道・紀伊路
 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具