HOME西国霊場 > 12 説明
           「14番 三井寺(園城寺)」


  西国33観音霊場 尺八を携え歩いた遍路 H17.8.27 UP
   

 

 三井寺も駐車料金を取るわ・・拝観料を取るわ・・の寺なのを知っていたので、前持って調べておいた運動場の駐車場へ車を置いて寺まで歩きました。
三井寺 山門
 西国霊場を巡ったら、駐車料金だけでもバカになりまへんからなぁ。

 本日巡った寺分の駐車料金だけでも、クルクル寿司1回分は食えたかもしれん。

 山門へ行くと、見知らぬジサマが
「案内しましょうか?」と近寄って来たので、今流行の老人ボランティアと思い「それじゃあ、お願いします」と頼むと、仏像・建物・仏教関係等を詳しく説明してくれます、さすがでんなぁ。
三井寺 金堂
 金堂で、仏教の本質的な事や三密・即身生仏などを説明するのを黙って聞いてました。

 うんうん・・だいたい「庵の坊さん」と同じような事を言うとる・・本を読んで独学したと言っとるが、ここまで説明できるとは、たいしたもんだわ・・

 これが葬式・供養こそ仏教の本質で大切な事だなんて、そこらの坊主と同じような事を言っちまったら、何も知らないフリして徹底的にイジワルイ質問をしたんだけど・・・(^O^)

 説明してるジサマにしてみれば、仏教の専門的な単語を使って説明しているが、こいつはさっきから黙って頷いて聞いとるが、ホンマにわかっとるんか?と心配して
「わかりますか?」と数回聞いてきます。

 その都度あっさり
「はい、わかります」と答えると、ホンマか?と疑わしそうな顔します。
三井寺 参道
 その時は、まだσ(*_*)らは四国遍路をしていたと言ってなかったので、ジサマは何も知らない普通の観光客だと思ってたんでしょう。
(この時も、笠と杖を持って行かなかった)

 長い説明が終わり、次の箇所へ行こうとするので、
 「あの・・ここで参拝したいんだけれども・・」
 「これから、まだ説明しなければならん所が一杯あるんだけど・・」

 「5分ほどだけ時間もらえまへんか?」
 「この先に、本物の堂があるんだけど・・」
三井寺 三重塔
と、どうしても説明を一杯したがるので、まぁいいや帰りにでも参拝しようと思い諦めました。

 参道を歩きながら、それこそ立て板に水を流すが如く、食い損ねた「流し素麺」が目の前をアララッ・・と思う間に流れ過ぎるように、澱み無く説明して行きます。

 奥まった最終地へ着くとそこにも堂があり、そこがジサマの言う本物の本堂らしい。

 ジサマは、いそいそと納経所へ案内してくれましたが、
「すんまへんワシら、納経帳をやってまへんので・・・」と言うと、ここへ来る人はそれが目的なのに変わった事を言う人やなぁ・・・という風に怪訝そうな顔されちゃった。

 尺八を吹いて参拝し終わると、付近に居た参拝客のバサマが駆け寄って来て
「初めて聞いた、良かったですよ。」と誉めてくれます。三井寺 境内

 それをきっかけに若い夫婦も近寄り
「プロの方ですか?」と、ウレシイ勘違いしてくれました。!(^^)!ナハハハ・・・・

 尺八の手入れをしながら、ふと顔を上げると三室戸寺・石山寺で度々会ったが、もう再び会う事は無いと思ってたトッツアンがそこに居ました。

 聞いてみると近くの「奥の院」へ行き、まだ時間が有ったので、この寺へ来たと言い、そして今度こそ、これが最後の別れでした。

 四国の時は、知らない人同士でも何度か会う度に顔見知りとなり、それがキッカケで行き連れとなり話す事も度々ありましたが、西国では唯一この人だけが行き連れで話した人でした。

 こおいう出会いが、一番良い想い出に残りますねぇ。三井寺 一切経蔵

 元来た参道をジサマが説明しながら戻り、途中の堂やら何やらを一生懸命説明してくれますが、写真を撮るヒマもありまへん。

 山門近くの最初に説明を受けた堂へ戻った時、もうすぐ5時近くになるので
「どうもありがとうございました。せっかく来たので写真も撮りたいので、この辺で結構です。」と言うと

「あの・・ボランティアですが、電車賃も使って来ているので・・・、その・・電車賃だけでも頂ければ・・」と言います。

「いくらぐらいですか?」
「○○から来ており260円です」
と言うので、500円玉をあげ、礼を言いました。

 500円で、あれだけの説明を聞ければ安かったかもしれまへん。


左甚五郎作「龍の彫刻」 三井寺 孔雀

 でねねぇ・・やっぱし、こおいうモンは自分の目で説明の立札を読み、じっくり「はらあぁ〜!!・・・ほりょおぉぉ〜・・!!」と、感嘆しながら眺めた方が、頭に残り印象が有りまんなぁ。三井寺 観音堂への参道

 説明は澱みなくスラスラと話して違和感は無いのだけれど、次々に説明されて、じっくり眺め鑑賞するヒマがなく、ジサマのペースで動いてる感じです。

 これじゃあ、旗を持ってる案内人の後をゾロゾロ歩いてる観光団体と同じじゃあありまへんか。

 きっと観光団体の人達も、ただ来たというだけで何の印象も残らず移動しとるだけだと思う。

 ホンマに、この寺の印象は今思っても頭に残らんかった。

 今回の件で以後案内人に頼る事をせず、また下手にオセッカイして案内・説明しない方が、その人のタメになるという事を思い、ええ勉強をしました。

                 目次へ 次ページへ
                  home 
西国三十三観音霊場記
三 十 三 観 音 霊 場 関 連 ペ ー ジ
 会津霊場 越後霊場 田名部海辺
(下北)霊場
信濃霊場 安房国霊場
(千葉)
津軽霊場  飛騨霊場
 国東六郷満山 九州西国霊場  庄内霊場  越中霊場  遠江霊場  御蔵入霊場  津久井霊場 
 伊豆横道霊場 秩父霊場           
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記   木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具