HOME西国観音霊場 > 15 今熊野観音寺

   遍照の響き  尺八を携え歩いた西国霊場 H17.9.15 UP
   


 京都市内は1日コースで歩いて巡れるそうなので、「今熊野観音寺」へ行くのに近くの東福寺駅まで汽車で行きました。

 久々でんなぁ・・虚無僧寺である「明暗寺」探訪以来で・・・
泉湧寺 山門
 「明暗寺」と違う方向の緩い坂道を歩いてると、寺門が見えて来た。

 おぉぉ・・思ったより早く着いたなぁと思って見ると「泉湧寺」と書いてあります。

 ゲッ・・確かに「泉湧寺」方向にちがいねぇけど、地図では「今熊野観音寺」は「泉湧寺」の手前になっとる。

 アカン・・どっかで見落としちまったらしい、今来た道を戻って寺を探そうと思い、アタフタしてたら越後屋が
「そこに西国観音霊場の看板があるでねえか」と言います。
参道
 おまえはホントに目ざとく、何でも見つけるなぁ。
 その調子で宝クジでも当ててくれ・・・

 側に有った案内看板を見ると・・すごいでんなぁ、この寺門からの道は泉湧寺の寺有地らしいです。

 あんまり人通りの無い広い道を200mほど行くと、「今熊野観音寺」への分かれ道へ来ました。
今熊野観音寺 入口
 京都の寺は拝観料取る寺が多いと思ってましたけれど、歩いてる途中に小さい寺が点々と有り、そおいう寺は無料で入れるよおです。

 もしσ(*_*)が、この付近に住んでいたら、この小さい寺々を早朝に散歩しながら訪問し、尺八を吹くのを日課にするんだが。

 健康のためにも、尺八の練習にもなるし、ええやろなぁ・・・

 もっとも来られる寺にしてみれば、早朝から「ヤカマシィ」と言われるかもしれんが・・・

 「今熊野観音寺」も拝観料を取りまへんでした。エライッ!!
今熊野観音寺 赤い橋
 寺は、それなりに大きいのですが、あまり人も居なく閑散としたもんです。
 やっぱし、拝観料を取るほど有名でないためか・・・・

 本堂には一面、真っ赤な絨毯が敷いてあり、座って尺八を吹きました。

 ほんとはその時、座って吹くと腹から音が出ないかもしれん、立って吹いた方が良いのでは・・と思ったのですが、朝一番に吹いたためか、やっぱしあんまり良くなかった。

 最近あんまり吹いてなかったしなぁ・・・

 本堂横の納経所近くに「三重石塔 平安時代」というのがあり、おぉぉっ・・やっぱし古い寺のようです。
本堂
 建物の一部になってる椅子席の休息所が有り、四国にも、こんなのが有ったらええのに・・・

 次の清水寺へ行く道を納経所で尋ねると、若い坊さんが
 「地図に書いてある道は、この寺へ来る途中に有った赤い橋の下の道を通って行けば良い。

 しかし、それから先は住宅街の路地でわかりにくく、来た道を戻って大きい道を行った方が良い」
と親切に教えてくれました。

 確かに地図で見ると、いかにも迷子になりそおで、また裏山から清水寺へ登る道も、よぉ〜見つけきらんかもしれんと思い、忠告に従い大きい道へ行きました。

  大師堂    三重石塔     手水鉢


               目次等へ 次ページへ
               home
西国三十三観音霊場記
三 十 三 観 音 霊 場 関 連 ペ ー ジ
 会津霊場 越後霊場 田名部海辺
(下北)霊場
信濃霊場 安房国霊場
(千葉)
津軽霊場  飛騨霊場
 国東六郷満山 九州西国霊場  庄内霊場  越中霊場  遠江霊場  御蔵入霊場  津久井霊場 
 伊豆横道霊場 秩父霊場           
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記   木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具