HOME四国遍路記 > 徳島(発心の道場) > 7 星の下で
  尺八を携え歩いた四国遍路     鶴林寺 石楠花  H15/1/24 up
         
星の岩屋〜卍20
 

 「星谷寺」近くの大きな川にかかる橋の付近に、駐車場とトイレがあるので、そこでテント張って野宿しました。 

 着いた時には、近所の高校生らしいのが4・5人ほどバイクにまたがって話しており、胡散臭そうにこちらを見て、ガン飛ばして来ます。星谷寺

 あんらあぁ〜、モメにゃええが・・自然に
「こんちわあぁ〜」と声かけると、向こうも挨拶を返して来て・・ホッ・・(^_^;)

 「星谷寺」を尋ねると、よぉ〜わからんらしく「星の岩屋」の事かと聞き返したり
「明日は鶴林寺か?」とも聞いて来ます。

 うん・・別に怖がる事もねぇな、普通じゃ。
 世間じゃ今時の若い衆は、「宇宙人と同じ」と言われとるが、話してみりゃあ、普通のアンチャン達じゃ。

 兄はここで待つと言うので、越後屋と星谷寺へ行きましたが場所がよぉ〜わかりません。

 道ばたで立ち話しとったオバチャンに聞くと、わざわざ連れて行ってくれ、地図の場所が間違ってました。

 星の岩屋 星の岩屋  星の岩屋 


 野宿場では夜空の星の下、ヒマなのでベンチで尺八を吹いたり、久々に会った兄と積もる話をしました。

 その時、「庵の坊さん」から聞いた話をして、今の仏教は間違ってとると言うと
 星の岩屋
「そんな事ねぇ。今まで数百年も永々と続いて来た仏教じゃ。
 もし間違っているなら、だれかが正しておるはずじゃ。」
          

 「そりがのおぅ・・江戸幕府がキリスト教弾圧のため檀家制度を作っちまったんだわ。

 そのお陰で寺は修行せんでも、なあぁ〜もせんでも金が入ってくるようになり、一般庶民も寺にニラマレると、こいつは異教徒じゃと言われたら困るので、寺の言う事は何でも「ハイハイ・・」と言う事を聞くようになり・・・

 徳川幕府が倒れても、スリコミ現象ちゅうもんはオトロシイもんで、一般庶民がする寺への扱いは、昔のまんま・・・(^O^)


 寺はそれにアグラをかいて、さらに欲深く葬式やら法要やらで、しこたま儲けとるんじゃ。
 お釈迦様は、そんな事しろと一言も言ってねえよ。(^O^)」「星の岩屋」より鶴林寺方面を望む


 「それじゃあ、詐欺じゃねぇか」

 「そおじゃ詐欺じゃ・・ 
 フッフッフ・・寺院屋、お主もワルよのおぅ・・
 無知な庶民をたぶらかしおって・・(^O^)カッカッカッ・・・」
 

 「実家で父が毎朝、仏壇で経を唱えとるのも間違っておるんか?」

「そおじゃ。経の意味もわからず仏壇に向かって経を唱えても何もならん。鶴林寺遍路道 水呑大師

 ただ、もう老いて年とっとるから言ってもアカンだろうと思い、父もそれが正しい仏教じゃと信じきっており、可哀想だから、あえて言わず黙ってる。


 オレの言った事が正しいか、今度法要があった時に寺の坊さんに聞いてみなせぇ。

 
坊さん、気分を害するかもしんれから、その覚悟があったらね・・(^O^)ダハハハ・・・ 」

 兄が衝撃を受けた気持ちは、よぉ〜わかります。
 ワシも「庵の坊さん」に言われた時は、「まさか、そんな事が・・・」と思い信じられませんでした。鶴林寺 遍路道

 その次に「それが本当ならば今までの坊主共は、なんで黙っておったんじゃ、ダマされた。」という、既成仏教への猛烈なる怒りでした。

 たぶん仏教界では、「わかりやすい方便なのだ」と言って逃げるでしょう。
 本当の事を知らせる努力もせずに・・・。

 「庵の坊さん」から話を聞いたて以来、参拝方法をどうしょうか・・・とホンマに悩み、遍路する意義も有るんじゃろおうか・・・と・・歩きながら考えました。鶴林寺 山門

 なんせ信心は無くとも、他人がやる参拝の仕方が正しいと思ってたのに、それを全否定されちまったもんだから、何を頼りに参拝すれば良いのか・・・・

 こおやってみると、ワシもマジメな人間なんじゃなぁ。

 もう寺で経を唱える気持ちは無くなり、越後屋に聞くと悩みながらも
「今まで通りのやり方で参拝する」と言います。

 以後、私は今日に至るまで経を唱えず、尺八だけを吹奏する事にしており、今振り返ってもこの選択は正解だったと思ってます。鶴林寺

 翌日は晴れ・・・「星の岩屋」へ行きました。
 ええとこでんなぁ・・滝の水量が、やっぱり少なかったのが残念だったけど・・・。

 それから20番鶴林寺へ「ヒーコラ・・」言いながら山登り。

 一巡の時、偶然この寺で会った歩き遍路と、同日に野宿場所で再び会った時
「大師堂で尺八を聞いた時、ほんとは先を急いでおり曲の途中で一度は荷物を担いだが、最後まで曲を聞きたくなって荷物を降ろして聞いていた。」と言ってくれ、ありがとうごぜえます。    

 鶴林寺の宿坊横の遍路道からは、ガアッ〜と下り坂。
鶴林寺  鶴林寺  鶴林寺からの遍路道

                     目次等へ  
                      home  
関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具