HOME四国遍路記 > 高知(修行の道場) > 7 山そして海へ
   尺八を携え歩いた四国遍路      神峯寺へ   H15/4/13up
          
卍27神峯寺  卍地蔵洞    

 神峯寺は、高い山に有りましてなぁ・・・けっこう急坂なんですわ。

神峯寺へ 麓のキレイな小川に沿って、車道をしばらく歩くと、やがて車道ながらも急坂のU字カーブやらS字カーブになります。

 かなり登って、ボチボチ頂上付近かなぁ・・と思う頃に遍路道が有りS字カーブの車道を数カ所突っ切るように、真っ直ぐ登るような山道です。
神峯寺へ
 やっと寺の駐車場に着いたと喜んだら・・アキマヘンでぇ・・

 そこから、もおチット急な坂道が、まだ有りましてなぁ・・
 でもまぁ・・駐車場からの眺めは下界を見下ろせて良い所でっせぇ。

 山門を入ると寺の境内には長い階段を有り、そこを上がっ神峯寺へて本堂へ行きます。

 なんせ山の上なもんで、少しづつでも登ったり上がったりせんとね。

 寺境内の庭は、いつ来ても綺麗に手入れされております。

 本堂よりさらに上に神社があり・・・いえ、そんなに遠い所でなく、すぐ真上です。

 地元以外の人は、ほとんど訪れないようですが、けっこう古い神社で石垣も古びており、なかなか情緒のある所で、こういう場所が好きやなぁ。

 さらにその山の上には、この世に異変が有ると「光る石」が有るそおですが、そのうち行く機会もあるだろお・・と思っとるうちに、ついに行かんかったなぁ。
神峯寺神峯寺 庭園神峯寺 鐘楼

 三巡目の時、小雨模様だったので、しばらく納経所近くの接待小屋?へ断りもなく入って雨宿りし、ボケエ〜ッと雨が止むのを待ってました。

 初めは遠慮して、上がり間口に腰掛けてましたが、床の間に観音様?の掛け軸があり、その前に花も生けてあり落ち着いた風情です。神峯寺 この掛け軸の前で尺八を吹いた

 時間もある事だし・・・そのうち図々しく黙って上がり込み、その前でしばらく尺八を吹いてました。

 ええなぁ・・・こんな空間・・・静かだし・・・
 ここで尺八吹いとる生活を、毎日ずう〜っと送れたらいいなぁ・・
 寺の本尊さんの前で吹くより、よっぽど無心になれる。

 寺での参拝が終わった後、しばらく接待小屋のベンチでモタモタしとると、接待所から
「お茶をあげましょうか?」と声を掛けてくれました。

 すんまへんねぇ・・・納経帳もしなく、小銭の賽銭しか入れてないのに・・はい、でもありがたく頂きました。

 ここの鐘突堂脇に名水が惜しみもなく湧き出ており、地元からこの水を汲みに来る人も居ます。
      神峯寺 霊水   神峯寺 庭園

 神峯寺を降りて、国道をテクテクとしばらく行くとやがて「大山岬・道の駅」に着きます。

 地図には載ってなく案内看板も無いのですが、そのほんの少し手前の道(たぶん旧国道)を海側へ行くと「地蔵洞」が有ります。

 地蔵洞の上が国道なので、たいていの人は知らずに通り過ぎちゃうんだろおなぁ。

 そこには岩の洞窟があり、そんなに大きくはないんですが、たぶんお大師さまが修行されてた時代に、名も知られない人が、この洞窟でも修行されてたんでしょう。
地蔵洞へ
 ひょっとしたら、お大師様も、ここで修行されたかもしれまへん・・文献には出てないけど・・・・

 この洞窟より少し旧国道を行くと、単なる岩の窪みとも見える浅い洞窟が有ります。

 洞窟内部は人の手が入っておらず、ゴミが捨ててあり雑草も生えてますが内へ入ると、けっこう広く、この洞や隣の地蔵洞・・室戸の「みくろ洞」も、きっと昔はこのような洞窟だったと想像されます。

 「みくろ洞」なんか地面が歩きやすいように、コンクリート打っちゃってたので、単なる広い大きな洞窟・・という感じだけになっちゃったが・・・。

 地蔵洞の奥に小さい石仏が奉って有り、構造的にも響きが良いのではと思い尺八を吹いてみました。

地蔵洞 内部 うん、なかなか良いなぁ・・・

 洞窟に入る前にウロついてた黒い小さい野良犬が、尺八吹いてる私の足下に入り込んだり、擦り寄ったり、かまって欲しそうにまとわり付きます。

 そのうち5・6人ほどの団体が来たのが気配でわかり、チリ〜ンという鈴の音やコソコソと
「御詠歌と合わせりゃいいねぇ・・」と言う声も聞こえます。

 やがて静かになったので団体も帰ったのだと思い、曲が終わり振り返ると、すぐ後ろに遍路姿の団体がズラッ〜と立ち並んでました。
地蔵洞の野良犬
 ビックリしちゃったなぁ・・もうだれも居ないと思ってたのに・・・
 すんまへんねぇ・・・終わるまで静かに待っててくりてたのね。

 思わず
「ども・・失礼いたしました」と言って頭下げてコソコソ出て来ちゃった。

 洞から「道の駅」へ向かって歩いてると、さっきの野良犬が猛烈な勢いで追いかけて来てジャレつきます。

 弱ったなぁ・・犬にやる食べ物も持ってないし・・・地蔵洞より
 野良犬なのに腹減って倒れそうな感じが全然せず、先になり後になりジャレ付きながら、元気良く走り回って付いてきます。

 ワシの事・・よっぽど気にいってくれたんやろか?(^_^;)

 このまま、付いて来られたら困るなぁ・・と思ってましたが「道の駅」付近までが犬の縄張りなのか、どっかへ行ってしまいました。

             目次へ
             home 
    四国遍路記/高知
関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具