HOME > 四国遍路記 > 高知(修行の道場) > 18 山 谷
尺八を携え歩いた四国遍路   焼坂峠の山谷   H15/7/19 up
       
焼坂峠 〜 そえみみず峠

 安和から久礼へ行く途中に、焼坂峠越えがあります。

 人によっては、次の「そえみみず峠」越えの方が有名なので難所と思ってる人が多いようですが、「そえみみず峠」は、思ってるほどキツクなく、オトロシイ所ではありまへん。焼坂峠へ

 むしろ、この焼坂峠越えの方が距離は短いけれどキツク感じました。

 なんせ途中に鎖を這わしてある所が在り、それに掴まって登った方がええ所が有りましたからなぁ。

 でも頂上からの下りは、ゆったりとした道で、なかなか気分の良いええ道でっせえ。

 この「焼坂峠」「そえみみず峠」の山越えを避けて国道を通るという事もできますが、国道だけは止めといた方がええです。焼坂峠へ

 この国道区間は完全に車専用の道なので

 車が轟音を撒き散らし、カーブを曲がるし・・
 主要道路なので通行量も多いし・・、

 歩道もないし・・・
 トンネル内は暗くて、幾つもあるし・・・

 途中に民家・売店は無いし・・
 休む所も無いし・・・

と、いくつも「し・・」が付く所なんで、国道を歩くのは止めといた方が良いです。

焼坂峠へ焼坂峠焼坂峠

 他の人にどのルートを通るか尋ねると、半数の人が国道を通ると答え、残りはたいてい「そえみみず峠」と答えるので
 
「ここの国道だけは止めといた方がええでっせぇ。そえみみず峠か奥大阪越えにしなされ」と奨めています。そえみみず峠へ

 しかし、ここへ来るまで歩いて来た国道状況の経験から大丈夫と判断され、半信半疑の目で見られるんですよねぇ・・・ワシって信用されないのね・・・

 でも、ワシらも一巡の時は事情を知らないもんだから「そえみみず峠」という名に恐れをなし、どうしょうかと迷ったのは確かです。

 その時は小雨が降っており、草刈り奉仕の事も書いてあるので、どんな草深いオトロシイ所か・・
 遭難して新聞にでも出ちまったら、どおすべぇ・・・と思いましたからなぁ。そえみみず峠

 でも、でえじょうぶ・・三巡の逆打ちの時、地元のオバハン達が健康と散歩がてら、ダベリながら歩いてるのに出逢いましたから。

 峠道だから登りは有りますが、今までの遍路道のようなもんで、心配するほどの事ではごぜえません。

 なんせ、昔は馬も通ったよおですが、馬も大変でしたろうになぁ、汗を拭く事もできず。

 道を歩いてる時に、たまに歌謡曲や尺八曲のフレーズを思い浮かべる事がありますが、さすがに山の遍路道では歌謡曲よりも尺八曲でんなぁ。そえみみず峠

 家で尺八を吹いてる時も、たまに遍路して巡ってた時の風景が思い浮かびます。

 この曲を吹いていた時は、あんな所で、あのような事が有ったとか・・とか・・

 寺で吹き始めた最初の頃は、目を開けていましたと言っても、半眼という感じですが・・・

 でも、目からは、どおしても「色」の情報が直接に入りまんなぁ。

 般若心経に「眼耳鼻舌身意」と有りますが、これは「色」の情報の入り易い順番を表しており、いい加減な適当に付けた「当て字」の順番では無いらしいです。そえみみず峠

 その中でも「眼」だけは五感の中で、唯一自分の意志で「色」の情報をシャットアウト出来るものらしいです。

 その事を知ってはいましたが、眼をしっかり開けてこそ修行じゃ・・・それに惑わさたらアカン・・・と思っていたんです。

 しかし、いつとはなしに、吹いてる時には自然に目を閉じるようになりました。

 「眼」を閉じても次に書いてある「耳」等から「色」の情報が入りますが、これは仕方ありまへん。

 某寺の坊さんに
「悟りとは、どんな事か? 悟ったら、どおなり、どんな状態になるのか?」と尋ねた事があり「何があっても動じなく、何に対してもこだわらなくなる。それが悟った時の状態だ。」と答えてくれました。そえみみず峠

 皆の衆、悟っちまったら、どこに有るかわからん極楽へ行けたり、光輝く仏さんに会えたり、蓮の花の上に座れるのと違いまっせぇ。!(^^)!

 目を閉じて尺八を吹いて曲にのめり込んでる時でも、耳から周囲の状況が入ります。

 しかし、その状況がわかるという意味あいだけで、軽く「そんな状況なのか・・」と受け止め、それに対して、どうしょう・こうしょう・・と以前ほど、そんなに真剣に考えず、流れにまかせようという風になりました。

 最初の頃は、もんのすごく周囲が気になって、しょうがなかったけど・・・ワシ・・悟ったんやろか?・・それとも単なる慣れか?(^O^)

 吹いてる曲想の一つに、「人々は何ゆえ憎しみ・・・はたまた、これほど苦しんでるのに、なぜ神仏は助けてくれないのか」という、どうしょうもない怒りや不満を、神仏へぶつけると言うか・・・怨嗟の思いを込める・・・・そんな曲想のフレーズが有ります。七子峠より久礼を望む

 もっとも、そのフレーズの正式な解釈がわかりませんので、CDを聞いて自分勝手に感じ想像したものなので「このような表現なのかなぁ・・」と思っとるだけであり、ほんとは違うのかもしれまへん。

 今もこのフレーズの表現が、どおしても出来まへん。

 修行が足りんで、苦労もせんと楽な方へばっかし行っとるからやろなぁ。

           目次へ
               home
      四国遍路記/高知
関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具