HOME > 四国遍路記 > 高知(修行の道場) > 19 仏 縁
尺八を携え歩いた四国遍路  「影野」付近  H15/7/25 UP
        
奥大阪越え 〜 卍37 岩本寺

 七子峠へは「そえみみず越え」の他に「奥大阪越え」も有ります。

 「奥大阪越え」は、久礼町内を突っ切って郊外から川沿いに沿って進みます。久礼駅前

 広い車道をテクテク・・・ほとんど車は通らず、ええでんなぁ。

 「そえみみず越え」の印象があるから、この車道もいつか登り坂になるじゃろおなぁ・・と思ってましたが、田園風景から山沿の風景へ入ってもズウッッッッ〜と平坦な道です。

 この道の突き詰めた最後の集落と思われる所で、車道から畦道より少し広い道を行きますが、これもキツイ事ありまへん。

 途中に、「七子峠」へ行く「四国の道」の看板があり、その山道を行くんです。

 登り口からの山道は、今まで平坦な道を楽して歩いてきたもんだから、それなりの傾斜があります。

 しばらく登ると途中に小さい滝というか・・水の流れ落ちてる所があり、そこで一休みしました。中大阪 付近

 そしたら、あぁたぁ・・今登ってきた山道からエンジン音が聞こえるんですわ。

 何じゃろと思ってたら、そのうち自動二輪のバイクが2台登って来ましてなぁ。

 はらあぁぁぁ・・人がやっと通れるような狭い山道を・・・
 よぉまぁ・・・バイクに乗って来はったわ・・・物好きな・・

 途中で、つづれ折れの道もあったろうに、コンジョ出してはるわぁ・・・と思いながら、ヨロヨロと走り去るバイクを見送りました。

 しばらく休んで、ボチボチ出発しようかな・・と思ってたら、さっきのバイクが戻って来て、小川の付近で転びそうになりながら去って行きます。

 山道にバイクの轍の跡が残っており、しばらく行くと「くの字」に急に曲がる所で滑った跡があります。七子峠 登り口

 あんらあぁぁ・・・さっき休んでた時「ブウァア〜ン、ウアァ〜ァン・・」とエンジンの大きい唸り声が聞こえたと思ったのは、きっとここで転んだのやろねぇ。

 ガソリンの臭いもしとったので、転んだ時にチビットこぼしたのかもしれん。

 その先の道にはバイクの轍跡が無かったので、バイクの人達は、きっとあそこで諦めて引き返したんでしょう。

 しばらく行くと、丸太で土留めした階段が現れました。

 この階段の・・そして峠に登り上がる最後の箇所が、もんの凄くキツク・・・

 なんせ、今まで楽して登って来たもんだから、峠の中腹より峠まで一気に登って行く感じです。奥大坂越え 滝

 山道は、それほどでもなかったんだけど、この階段の所にはマイッちまった。

 バイクの人達も、バイクで上れんかったろおなぁ・・・良かったねぇ、引き返して・・・

 この最後の階段箇所さえガマンすれば、「そえみみず」「国道」を通るよりも、この「奥大阪越え」の方が楽な気がしますが、いかがでっしゃろおう。

 階段を上りきると七子峠の見晴らし台の所へ出てきます。

 そこからの見晴らしが、これまたもんの凄く良く、今まで通って来た奥大阪越えの山谷が見渡せまっせぇ。

 岩本寺の手前に「あぐり窪川」という「道の駅」があり、一巡の時、ここを歩いた時は冷たい雨が降っており、雨具を着ていても濡れちゃったなぁ。七子峠よりの展望

 「道の駅」の東屋で雨宿りしようと思いましたが、風雨のため座るベンチもビショ濡れ・・。

 それでも雨が直接当たらないだけでもええか・・・と雨具のまま座り「寒いのおぅ・・」と言って休んでると、男の歩き遍路が来たので席を勧めて少し話をし、こちらが先に出発しました。

 お互い区切り打ちで一期一会、この遍路とは二度と再会しないと思ってたのです。

 しかし、区切り打ちしながら数ヶ月後、雲辺寺の遍路道で一緒になったグループと一緒に一息入れて休んだ時に「そえみみず峠」の話しになりました。

 どのコースを通ったかと話していると越後屋が
「あっ・・この人・・道の駅で休んでた人じゃないの」と言い始め、相手も「どうも話していると、時期的にも良く似ているし、そおではないかなぁ・・と自分もそう思ってた」と言います。

 奇遇ですなぁ・・お互いに打ち合わせした訳でもないのに、こおいう事もあるんですねぇ。

 この時も遍路札の交換をせず、名前も聞きませんでしたが九州の福岡から来たと言ってました。お雪椿

 二巡時の早朝、岩本寺へ行く途中、少し遠回りになりますが高岡神社へ行きました。

 標識に従ってテクテク・・・・

 T字路で、たぶんこの大きい橋を渡るのじゃろおけど・・標識が見あたりまへん。

 橋から真直ぐな一本道、その先に神社の森らしいのが有るので行ってみると正解でした。

 神社が一つかと思ってたら、広い敷地にと言っても小さい山のようですが、五つ神社が有るようでんなぁ・・・3カ所しか行かんかったけど。

 田園に囲まれた静かな場所で、神社もそれぞれ、それなりの大きさでした。

高岡神社高岡神社高岡神社

 帰りに橋を渡り先ほどのT字路で、もう一度標識を探すとガドレール際の草むらの中に、遍路看板が落ちてました。

 きっとガドレールに縛ってあったのですが、永年風雨にさらされて杭の下部が腐って倒れたのでしょう。岩本寺

 岩本寺へは8時頃に着き、本堂で参拝してると、20人ぐらいの団体が入って来て参拝しました。

 実はこの団体の一人の老婦人が、後日、地元新聞の投書コラムの欄に
「尺八のお遍路さん」という題で投書されたようです。

 岩本寺での参拝した時期・出来事的にも合致しており、そいでもって尺八吹いてる者は、そんなに居ないので、たぶん私の事でしょう。

 投書内容は
「岩本寺へ早朝、団体遍路で参拝しに行くと、どこからともなく尺八の音が聞こえ、その事を仲間と話しながら本堂に入ると、片隅で一人の遍路が静かに尺八を吹いていた。岩本寺

 尺八の音と共に経を唱えて気分良く参拝でき、今回のお四国では一生忘れない気持ちだ」
という主旨で、最後に


「・・今日はどこの札所でお唱えしているだろうか。
 それぞれに苦しいことを胸に秘めてのお四国です。

 岩本寺でのたった十分ぐらいのことでしたが、あれが極楽ということではなかろうかと、あらためてお大師様にお礼を申し上げております。」

と締めくくってありました。

 はい、おばあちゃん・・・今も区切りながらですが吹いて巡ってますよ。(^_-)

        目次へ     
          home
           四国遍路記/高知
関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具