HOME > 四国遍路記 > 高知(修行の道場) > 26 螺旋状
尺八を携え歩いた四国遍路   三原村 遍路道  H15/9/13 UP
      
下ノ加江 〜 三原村

 下ノ加江川に沿う三原村方面への道は、車1台が通れるような車道ですが、ほとんど車も通らず、もちろん歩いてる人とも滅多に出会いまへん。

 しかし、私はこの道が遍路道の中でも、好きな道の一つなんです。三原村へ

 川に沿う静かな道は、やがて杉木立などの山に入り、次々と表れる山々が深山に入って行くように景色に変化します。

 目障りなCMの看板が一つも見当たらなく・・なあぁ〜んか・・昔の風景そのまんまという感じがしましてなぁ、住んでる人は、大変かもしれまへんが・・・

 一巡の時、この閑散たる道を越後屋にワシの杖を持たせて先に行かせ、しばらく尺八を吹きながらゆっくり歩きました。三原村へ

 ええでんなぁ・・・こんな生活・・ズウッ〜としたいなぁ・・(^_^)v

 遍路して巡っていても、今もって信心が足りんもんだから、どおしても本尊さんや仏像を心底から拝む気にはならんのです。

 単なる芸術品・もしくはその物体というようにしか思えんので・・・

 まぁ・・・他の人の手前、不敬な事はしておりまへんが・・・

 三原村へ三原村へ三原村へ


 三巡時、某寺の住職にその話をして

 「自分は、寺の本堂・大師堂で吹いているが、それは行き掛かりでやってるだけであり、正直言うと堂内の本尊さんや大師像さんの前で信仰心により吹きたくて吹いてるのではない。三原村へ

 そこの響き具合がどおだろおか・・というのを単に確かめているだけである。

 もっと本音を言えば、本堂・大師堂よりも境内の静かな所とか自然の所で吹きたい。」


 そしたら住職さんは
 「な・・なにを言うか・・・このバチ当たり目が!!
 畏れ多くも、もったいない御本尊サマの御前を・・・」
と怒鳴られるのが普通でしょうが、この住職はワシの言い分を聞いた後三原村へ

 
「悟って行く時の行程は、螺旋状のようにグルグルと回りながら少しづつ上がって行く。

 あんたは、その螺旋を一つ、一回りした上の段階へ行ってるのだ。」


 ゲッ!!・・・σ(*_*)・・悟りとか、そんな大それた事なんか、これっぽっちも思ってなく、σ(*_*)の考えの間違ってる所を、ガツーンと正して欲しかったんだけどなぁ。

 
「あぁたが言われるように、なにも本堂等で吹く事は無い。
 かと言って最初に本堂等で吹きもせずに境内等で吹いちゃうと、他の人がそれを見ていた時「なんじゃアイツは・・・」と思うだろう。」三原村へ


 
「へい・・そおなんですわねぇ。」
 
「まぁ・・本堂などで吹くのは形式的と言えば形式的かもしれんが、今まで通りの、あんたのやり方で良いから、そのままやり続けなさい。」 と言ってくれました。

 こいつは、なにを言ってもわからんヤツじゃ・・と思われたのかもしれまへんが・・(^O^)

 実は、この住職さんは、遍路が自由に書きこめる雑記帳を作っており、ある遍路の長々とした理屈っぽい書き込みの問いかけに対し

 
「すでに悟われてしまっている本尊様に向かって、何故お経を唱えるのですか?考えてみてください。」という主旨の答えを書いてました。三原村へ

 これと関連するかわかりまへんが、ある人が
「某寺の本堂へ入った時から息苦しく、経を唱えるのもやっとで、もうあの寺の本堂へは行きたくない」と「老遍路」に言うと、その時の状況を聞き

 「今度その寺へ行った時、その堂の本尊の裏へ回り、裏からただ単に合掌してみなさい。

 経を唱えずとも良い。何も願わなくても良い。
 何も考えず、裏からただ合掌するだけで良い。」

と教えてくれ、その人は裏から本尊に向かって合掌すると、以前のような息苦しさも何事もなく、すんなり合掌出来たそおです。

 何も前からばっかり拝まんでも良いよおでんぁ・・・(^O^)三原村へ

 さて、皆の衆・・・これらの事は、何を教えてくれようとしてたんでしょうか?・・答えは、あえて書きません。

 やがて山の風景が三原村の中に入ると、店の近くに立っている大木が見え始めます。

 その木の側に看板と碑があり、読んでみると平家の落人がここら辺に住みついたようでんなぁ。

 一巡時は夏の暑い盛りだったので、店で100円の氷水を買ってガリガリッと囓ると・・・・
 テテテッ・・・余りの冷たさに頭が痛い・・・でも暑さは引いて行った。三原村 たぶの大木

 ここにバイクを置かせてもらってたので、その日の行程を終えるつもりでした。

 でも、思ったより早く着き、まだ時間もあったので、もう少し歩こうとバイクを押しながら歩きました。

 途中でそれを見た村人が、ガソリンが無くなって押しているのだと思って声を掛けてくれ、もう少し先に自分の家が有るから、そこでガソリンを分けてくりると親切に言ってくれます。

 丁寧に礼を言い、こおいう事情で押しているのだと説明し、バイクをノロノロ押しながら歩いてると、やがて村外れに小さい神社が有りトイレもあったので、そこでその日は終わりにしました。三原村より

 三原村を過ぎると、やがて牧場があり牛さんがヒマそうに突っ立っております。

 σ(*_*)もヒマだったので、ウシさんに手を振ってあげました。

 ウシも、あの人間は何をアホな事やっとんじゃ・・という目で見てくれ、その中でも子牛だけは最後まで見送ってくれました。

 親ウシは、いい加減アホらしくなってソッポむいたのに・・。
 子牛は素直じゃのおぅ・・ヨカッタ・・よかった・・・・

        目次へ
             home

四国遍路記/高知

関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具