HOME > 四国遍路記 > 愛媛(菩提の道場) > 2 手拭い

尺八を携え歩いた四国遍路  2 手拭い・柏峠より望む H15/10/1 UP 
             
柏峠越え〜卍満願寺

 国道56号線を歩いてると、やがてなだらかな坂道があり八百坂峠に来ます。 この峠付近に「八百坂バス停」があり、観自在寺から4km程度。

 ちょうど休むのに手頃な場所なので、きっと多くの遍路も、このバス停で休んだ事でしょう。
 私らは、通るたびに休みました。(^O^)
    八百坂峠バス停    内海村 柏の海

 内海村付近に来ると、海は荒々しい太平洋というより、もの静かなる海になります。柏峠越え遍路道

 「柏峠越え」は内海村「柏」の川沿いの道を歩くと前方に高い山が見え、人家の庭先みたい所を通って、今見た高い山をこれからドエレエ目に遭って登っていきます。

 ヒーコラ・・・言いながら登ると、柳水大師に東屋が在ります。
 水と名が付いておるとおり、一巡時は小さい祠の近くから水が少しチロチロと流れていたんですが・・・・

 二巡の時はスッチョンスッチョン・・・

 三巡の時は、湿り気が在りましたが水は出ていませんでした。

 だんだん水が枯れて来たんでしょうかのおぅ。

    柏峠越え遍路道    柏峠越え 柳水大師柏峠越え遍路道

 そこからしばらく行くと、坂もなだらかになり、「清水大師」へ行く道と二手に別れるのですが「清水大師」へ寄ってもそれほど遠回りにもなりまへん。

 で、やっぱし「清水大師」には水が有りまへんでした。
 昔は、コンコンと水が出ていたんじゃろおなぁ・・・・・

 なんせ、ここで一人の娘巡礼が、余りにも喉の渇きに耐えかねて気絶しちまったら、大師さまが現れて寝ている娘に、カゼひかないように優しく布団をかけてやったという話ではなく・・・

 せっかく寝ている娘をわざわざ起こしちまって、側のキシミの根元を掘れと言い残し消えましたとさ。柏峠越え 清水大師

 娘はきっと宝物でも埋まってるか・・・と思って掘ったんでしょうなぁ。

 そりゃあ、夢でそんなお告げが有ったらσ(*_*)でも真剣に堀ますわなぁ・・・スコップどころか起重機使ったり借金してでも・・

 そしたら、あぁたぁ・・大判・小判がザアックザクッ!(^^)!・・・か、どうかわかりまへんが・・・

 とにかく清水が湧き出て、娘がその水を飲んで眠気も覚め、おまけに持病も治ったという伝説が有る所ですからなぁ。
   (信心深いまじめな人、すんまへん)

 尾根道となり峠付近では、雲を下に遙か向こうの宇和海に島々が点々と見えて、ええ景色でっせぇ。
  柏峠よりの展望     柏峠越え遍路道

 下り道に入ると「茶堂」休憩所の東屋が在り、きっとここでも多くの遍路がそこで一休みした事でしょう。

 ここの東屋からすぐに道が二手に分かれておりましてなぁ・・
 一巡の時どっちへ行ったらよかんべぇ・・と迷った所なんです。

 その時、ふと見ると右手の道の小枝にまだ新しい手拭いが結んであり、
「こっちだよ〜ん」と手拭いにマジックで書いてあります。柏峠越え 茶堂 休息所

 実に迷った人の心境をつかんだ言葉なので、読んだ時に思わず笑っちゃった。

 結んだ人はユーモアの有る人でんなぁ。

 この手拭いが無かったら、始めての人はホンマに、どっちへ行こうかと迷っちゃうと思う。

 結んでくれた人は、きっと自分の持っていた新しい手拭いを、惜しげもなく小枝に結びつけ、だれとも知らない後に続く幾多の遍路のためにへ遍路札としたのでしょう。

 三巡目に行った時、その手拭いは3年の風雨に耐えて残っておりましたが、縮んで薄黒く汚れて目立たなくなってました。

 しかし、それを守るかのように当時は無かった遍路札が、その付近に幾つか付いています。

 役目を終えたこの手拭いの事を、今はどれだけの人が知っているでしょう。

 二巡の時、津島町「鴨田」から山越えをして満願寺へ向かいましたが、最初は入り口の道がよぉ〜わからず、でやっと道端で標識を見つけました。満願寺へ 元屋敷付近

 暑い盛りだったので、まずは国道沿いの農協スーパーで、氷アイスを日陰でガリガリ食べましてなぁ。

 それから見つけた旧県道らしい舗装された道を、暑さでフラフラと歩き、あんまり遍路が通らないコースなもんだから、標識もあんまり有りまへんでしたが、それでも何とか見当をつけて山越えができました。

 「追の川」に店が有り・・氷じゃ、氷じゃ・・とさっそく、再び氷アイスをガリガリ食べて休み、汗が引いて行くなぁ・・・・!(^^)!

 氷アイスをガッついて食べてると、近くで川の工事していた人達が休憩時間になったらしく、今まで聞こえていた音が止み、付近の公民館の日陰で休み始めます。

 工事の人が店へ来てジュースを袋に入れて買って行き、
「はい」と言って、ワシらにも一本づつくれました。

 ちょうど冷たいコーヒーも飲みたいなぁ・・と思ってた所で、ありがたかったぁ。満願寺

 そのうちスイカの大きいのも持ってきてくれ・・・
 うっ・・コーヒーも飲んで、腹が水膨れで一杯なんじゃけど・・・。

 しかし、せっかくの好意ですから、まさかスイカを持って歩くわけにもいかんしぃ。

 越後屋が
「とても食べれない」と言うのでワシが、ガマンして全部食べました。

 工事の人達は
「グループで車遍路をしており、歩いてる人を見ると苦労がよぉ〜わかる。」と言って、えらい同情してくれます。

 すんまへん・・信心も無く好きでホッツキ歩いてるだけなのに・・・心が痛むなぁ・・。


 のどかな田園風景を見ながら、あんまり人が通らない車道をテクテク歩き満願寺に着き参拝して、その日の行程は終わりました。

 翌朝、再び満願寺へ行き昨日も尺八を吹いて参拝したんだけど、せっかくだからと思い本堂へ向かって一曲吹きました。

 吹き終わると突然本堂の障子戸が開き、住職が正座しており声を掛けてきました。

 昨日来た時は、だれも居なかったので無人かと思ってたので、ビックリしちゃった。満願寺 二重柿

 きっと曲が終わるまで障子の陰で、ジィッ〜と正座して待ってたんでしょうなぁ・・・けっこう長い曲だったのに・・・

 住職は自分も独学で尺八をやっており、時間が有れば少し尺八の話をしないかというので、どうせ先を急ぐ遍路でもないので喜んで了承しました。

 住職と尺八を吹いたり話しをしてる間、越後屋は住職の奥さんと話しをしてます。

 ここは紅葉が綺麗だそうで、写真家が撮りに来た時の写真を見せてくれたり、この寺の不思議と言われる「二重柿」を冷凍庫から、わざわざ出して見せてくれます。

 この「二重柿」は柿の中に柿があり、種も種の中に種が有る珍しいもので、口でゴチャゴチャ説明してもわからんやろおから・・と、見てわかるように柿の中身を切り凍らせ保存してるのだそおです。

 別名「子持ち柿」と言われており、子供に恵まれない人は、この柿を欲しがるそおですが、数に限りが有る物ですから、たのんでも貰えるか、どおかわかりまへん。満願寺より野井付近

 それにしても、珍しいモンですわなぁ。

 住職は遍路道も研究しているそうで、地図では「不明確のため不通」と記してある山越えの遍路道も地元の人達と発見し茶店跡もあったと言います。

 ワシらが、その道を通ってトンネル出口まで行く予定と聞くと、遍路道の入り口まで車で乗せて行こうかと言ってくれましたが、歩いてみたかったので入り口の特徴だけを聞きました。

 満願寺を後にして、テクテク歩いてると空模様が怪しくなり雨が降り、山の車道でドシャブリになりました。

 人家が無いので道の木陰で雨具を着て、夕立だからすぐに止むと思ってジィッ〜と立ったまま雨宿りしてましたが、なかなか止みません。満願寺より 鬼百合

 そのうち雨水が小川のように道の上を流れ始め、靴をグッショリ濡らし始めます。

 こりゃあ・・待ってても同じだわ・・と歩きはじめました。
 雷も鳴ります・・おっかねぇなぁ・・・

 遍路道の入口に、コンクリートブロックが置いてあると聞いていたので、探しながら行きました。

 しかし、そのブロックの大きさを詳しく聞いてなかったので、工事用の大きいブロックだと勝手に思っていたので、道を見つける事ができませんでした。

 でも途中で家庭用のブロックが数個、山際に置いてある所を一箇所見つけてます。

 まさか、それではねぇじゃろおう・・・と思って通り過ぎましたが、後になって思うには、たぶんあれが、そおじゃったんじゃろおなぁ。


        home
          
 四国遍路/愛媛

関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具