HOME > 四国遍路記 > 愛媛(菩提の道場) > 4 出石寺

 尺八を携え歩いた四国遍路  4 出石寺の遍路道  H15/10/19 UP

          卍 出石寺

出石寺へ 平野 二巡の時、出石寺へ行くつもりでしたが、札掛大師に「出石寺へは遍路道が整備されていないので不通」という主旨の立て札が有ったので、歩いて行くのを断念して車で行きました。

 車で行っても遠い所で、高い所の山道をSカーブやらUカーブで走り・・・

 人家がたまに有る程度で店もなく・・
 こりゃあぁ・・歩いたらドエレエ目に遭う所じゃ・・

 食料を持って行かんと、道に迷ったら餓死するかもしれん・・というような感じで・・・出石寺へ 一条兼定仮宮の地

 そして行き着いた寺は、こんな遠い山頂に、よぉ〜まぁ〜・・こんだけの資材を担いで作ったもんじゃ・・・と、88箇所の寺にも負けんくらいのデカイ立派な寺でした。

 参拝が終わり、境内の見晴らしの良い石のベンチの所で尺八吹いてると、若い坊さんが後ろに来て吹き終わるのを待っており、

 
「先程の護摩堂で吹いた曲名は何か? 聞いた事のある曲だ。」と尋ねます。

 普通は各堂で一曲づつ、ちがう曲を吹くのだけど、納札所前の護摩堂では一曲で終わるのがチトもったいないと思い、つい数曲吹いたので、その曲名を言いました。出石寺への遍路道

 後でわかったのですが、この坊さんも尺八やってたんですねぇ。
 そんならそれで、もおチットつっこんだ尺八の話したのに・・

 遍路道の事を聞くと、
「麓からの道を整備したと聞いたが・・」と言うので地図を取り出そうとすると「地図は当てにならん」と言います。

 たまに遍路が来て泊まって行く人も居るが、日帰りで帰る人もいるとの事・・・

 ふぅ〜むぅぅ・・日帰りでも可能か・・・
 よっしゃ、今度挑戦してみよ。

     出石寺への遍路道     出石寺への遍路道

 三巡目の秋、麓の伊予平野駅付近に車を置かせてもらい歩き始めました。

 寺の坊さんは、地図は当てにならんというので「2万5千分の一」の地図に、たぶんこれが遍路道じゃろおなぁ・・・と思われる道筋に赤鉛筆で書き込みをしました。出石寺への遍路道

 山で迷子になっても、聞く人もおらず、だりも助けてくれんからなぁ。

 しかし、なんせ老眼になって来たのか近眼と乱視が加わっているためか、地図の道と等高線が一緒になっちまったりして・・・
 それでも、大方の予想で書き込みを終えました。

 「平野」からの道をテクテク・・・

 おぉぉ・・ここが地蔵寺じゃな・・で、このカーブを曲がって行くと・・さすが地図は、ウソ書いてないわい、これが有れば万全じゃ!(^^)!

 と・・橋を過ぎた所に遍路標識看板二つが有り「地蔵峠経由」と「○○経由」と二手のコースが書いてあります。

 あらあぁぁ〜・・・そんなの聞いてねえぞ、一つのコースだけだと思ってたのに。出石寺へ

 そこで、σ(*_*)はあくまで「○○コース」が正しいと思っとったんですが、越後屋はガンコに
「「地蔵峠経由」が正しい」と主張します。

 ええぃ・・わからんヤツ目・・

 オラには苦労して書き込んだ地図が有るんじゃ、確かめてみい・・と、取っ組み合いのケンカをおっ始めようとした時・・・

 さっき挨拶したジサマが、軽トラで通りかかり
「途中まで載せてやろうか」と言います。

 遍路道の事を聞きましたが、聞いてもよぉ〜わからんらしく・・・寺が遠いのがわかっていたので、軽トラの荷台に載せてもらいました。出石寺遍路道

 ジサマの軽トラは、S字カーブも何のその・・トシに似合わずビュンビュン飛ばすわ、飛ばすわ・・

 そのオトロシイこと・・荷台の縁にしっかり掴まってないと、振り落とされそうです。

 最初の集落に来た所で、前回に車で来た時とちがう坂道を突っ走ります。

 はらあぁぁ・・ジサマ・・道がちがうんでねぇのか・・・と不安に思い越後屋を見ると、荷台にしがみつきながら、同様に不安と後悔の目でσ(*_*)を見ます。

 あっ!!・・こらあぁぁ!!・・
 そんな目でσ(*_*)を見てもしょうがねぇじゃろが・・・
 こっちを見るんじゃねぇ!!・・あっち向いてろ!!

 かなりの距離を走り、どこがどこだか、わけのわからん山の中腹で車が止まりました。

 方向感覚も、ついでにどっかへ振り落とされっちまって、現在地がどこなのか、さっぱりわからず、「ここはどこ?」「ワタイはだあれ?」の状態です。

 ジサマ、お願えだぁ・・・オラ達を、こんな所へ捨ててかねぇでくんなせぇ・・・出石寺遍路道

と不安の色を隠さずに、礼を言いながら
「現在地は、どの辺になるのでしょうか?」と地図を出しました。

 地図をチラッと見ただけでジサマは、
「さぁ・・どの辺かなぁ・・」

 ワアァ〜ン・・・(T_T)
 オラ達、これから、どおなるんじゃあぁぁ〜(;_;)

 
「じゃけど・・こっちへ来なせぇ・・。

 ほれっ、この道が地蔵峠からの遍路道で、そこに登って行く山道があるじゃろおう・・それが出石寺への遍路道だわね。」
と教えてくれます。

 見れば、下から登って来る道は深い山林の急坂の山道・・・

 これから登る道には、おぉぉ・・・遍路札がぶら下がってるでねぇか・・・!(^^)! 出石寺 石仏

 た・・助かっただあぁぁ〜・・、どこに居るのか場所は、わからんが、とにかくこれで遍路道を確認出来たあぁぁ。!(^^)!

 ジサマに伏し拝まんばかりに礼を言い、越後屋の言ってる道が正しかったのです。
 あれ以上、ケンカしなくて、えかったなぁ・・・

 車を降りた所から少し遍路道を上がると、すぐにキリシタン大名だかが逃れて来た碑が有り、こんな山深い所まで逃げて来たんやねぇ・・と思いながら登りました。

 道は、少し荒れてる所が有ったり、枝道が多く有りましたが、枝道の箇所には遍路札が下がっており迷う事はありませんでした。出石寺 境内

 前回、車で来た時の見覚えが有る車道へ出ました。

 坊さんの言う通り、山中においては、地図は物標が見通せないため現在地がわからず、地図は全く頼りにならず、遍路札だけが唯一の頼りでした。

 車道から遍路道を再び歩くと、分かれ道になっており、一方は石仏を置いて88箇所巡りできるようになっています。

 遍路札が無く、どっちへ行っていいかわかりませんでしたが、車の通る排気音が聞こえるので、寺までそんなに遠くありません。出石寺よりの展望

 そいじゃあぁ・・巡る番号が小さくなる方が近いじゃろおうと行きましたが、ドエレエ、キツイ道でした。

 寺では法要をやっており、境内の食堂でウドンを食べて一休み・・・

 あんまりユックリすると帰り道は暗くなると思い、1時間ほどで寺を出て、前回お坊さんから教わった下りの遍路道を降りると、途中に幽玄とした木立に片目地蔵というのが有り、けっこう願掛けに来る人が多い気配がします。

 そう言えばさっきウドン食べてた時、店の人と客が話しとったのを聞いてたら、だれそれがお参りしとって、何やらが治り、御利益が有った逸話をしとったなぁ。

 そこをさらに下ると、上がって来た時にどっちへ行こうかと迷った石仏88箇所のある二手に道が分かれる所へ出ました。

     出石寺 片目地蔵    出石寺より西大洲へ

 元来た車道をテクテク・・・途中、登って来た遍路道を降りずに、そのまま車道を歩き西大洲へ向かいます。

 前回、車で通ったので、なあ〜んとなぁ〜く・・見覚えが有りますが、途中には、ほとんど・・いや全く遍路札が見当たリません。

 この道でええんかなぁ・・まぁ、いつかは麓へ降りるから、ええけど・・・出石寺より西大洲へ
 あんまり遍路が来ない所やから、しょうがねぇやろおなぁ。

 分かれ道に、やっと遍路標識が有り・・ホッ!!・・安心・・!(^^)!

 山の高台から下界の大洲市がバアァ〜〜ンと望める所をテクテク・・・

 ぼちぼち下へ降りる遍路道が有るはずなんだけど・・・テクテク・・・

 あっ・・小さい集落が有った・・この辺かな?・・下へ降りる車道も有るし・・出石寺より 高山ニシノミヤ巨石遺跡

 地図を見て付近の特徴を見ると、まだ先のようです。
 こおいう見通しの良い場所だと、地図も役に立ちます。

 道端でオバハン3人が立ち話してるので、西大洲へ降りる道を尋ねました。

 降りる道は、いくらでも有るけど・・分かり易い道は、もう少し山をかわした所に公民館が有るから、その横の道だと教えてくれました。

 ついでに道端に建ってるデッカイ石の事を聞くと「ドルメン」とか言って、古代の人が建てたらしく教育委員会も調査しに来た所だと説明してくれました。出石寺より西大洲へ向かう分岐遍路道へ

 側に説明書きが有って、読んでみると「高山ニシノミヤ巨石遺跡」と書いてあり、こおいう物も聞かなかったら、そのまんま通り過ぎちゃったろおなぁ。

 教えらりた通り・・テクテク・・あっ・・カーブの所に家屋が有る。

 見ると公民館のようで、その雨樋に遍路マークが付いており、これが遍路道だとわかりました。

 別れ道にも遍路札が有りましたが、ちと見落としやすいかもしれんなぁ。

 車道を横切る、数カ所の遍路道を降りて再び車道をテクテク・・

 地図では、大きいカーブの所に下へ直線的に降りる遍路道が有る事になってます。

 保存協力会の札が付いた植木棒が倒れかかっとるのを起こしてやり、その付近の下り小道を行くと畑が有り、道が二手に分かれてます。出石寺より西大洲への遍路道

 これだろお・・と思って行った道はヤブになっていて、永年人が通った気配が有りまへん。

 こらアカン・・車道に戻ると、丁度軽トラが来たので手を挙げて停まってもらい遍路道を尋ねると

 
「アンサン・・遍路道は、平野の方へ降りるんだわねぇ。

 今アンサンが言ってる道はオラとこの畑へ行く道で、オラ達が作った道だがねぇ。

 まぁ、どおしてもそこを通って下の道へ行きたいなら、畑の右の道を降りると、この道にぶつかるよ。
 まぁ、チットは近道になるかな・・」

と教えてくれ、かなり急な道を下って車道に出ました。

 車道をテクテク・・

 今度はちゃんとした遍路道を見つけ・・
 よっしゃあぁぁ〜・・これで西大洲まで一直線じゃあぁぁ〜!(^^)!出石寺より西大洲麓付近

と喜んだのですが・・・遍路道から車道に出た所の鉄塔近くに畑が有り、そっちの方向へ行くのか車道を進むのか・・・その付近で遍路札を探したんですが有りません。

 ぼちぼち4時頃・・秋の日暮れは早く、5時近くなると暗くなります。

 道探しをあきらめて車道を歩き・・U字カーブの恨めしい事・・・まっすぐ突っ切れたらなぁ。


 麓近くになると薄暗くなり、朝方ジサマの車に乗せてもらえなかったら、この灯りも無い山道で真っ暗になり、越後屋と心細さのあまり、手に手を取って泣きながら歩いたやろおなぁ。

 西大洲駅に着いた時は、夕闇が終わり夜になる寸前でした。

        目次へ
          

    四国遍路記/愛媛

関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具