HOME> 四国遍路記> 愛媛(菩提の道場) > 10 十円玉
 尺八を携え歩いた四国遍路  12 十円玉 砥鹿トンネル付近 H15/12/26 UP
          
養護院  鎌大師   遍照院  
 松山市内を外れますと、左に静かな瀬戸内海を見ながら国道沿いを歩きます。

 もっとも、国道沿いを歩くので、すぐ海が見えなくなり人家が建ち並ぶ所を歩きますが・・・粟井坂大師堂

 「粟井坂大師堂」は国道沿いにあり、休んでると同じ敷地にある隣の公民館?を地元のオバチャンが3人掃除しに来て、何かの行事の時に出すお菓子を接待してくれました。

 それから、またひたすら・・テクテクテ・・・

 北条市の郊外付近に「養護院」というのがあり、二巡の時に立ち寄りました。

 普通のそこらの民家と変わらんような建物ですが、見慣れた赤い幟旗が立っているので、かろうじて寺だとわかります。

養護院 小さい寺なので、この寺に果たして人が住んでいるのか、無人じゃねぇのかなぁ・・と思いながら本堂で吹き終わりました。

 家の中からジサマが出て来て
「尺八の音が聞こえたので、知人の外人が来たのかと思った」と言います。

 聞いてみると、岐阜に住んでいる外人で、自分で尺八も作っているらしく、そお言えば、そんな外人を以前テレビで紹介しとったような気がします。

 尺八吹いて遍路してる人は何度か聞いてますが、たいてい88箇所だけで、番外・関係寺まで巡り遍路しとる人は、ほとんど聞かず、さすが外人さんと思いました。

北条より鎌大師へ 少し話しをして
「手塚(絹代)さんに会ったか?」
 「未だに御縁が無く、会ってない」

 「ぜひ寄れ。自分は手塚さんをよぉ〜知っており、自分とは親しく行き来がある。先日も体の具合はどうだ?と電話した。」と言って寺からの道を教えてくれます。


 地図を出そうとすると
「そんな物、当てにせんと歩け。」と言い、地図とはちがった川沿いの道を教えてくれ、この住職も元遍路だそおで、やっぱし地図に頼るなと言います。

鎌大師
 三巡時、この寺を再び訪れて、やっぱし無人のような雰囲気で参拝を終わり、前回のように住職が尺八の音を聞きつけて出て来るかな・・と思ってましたが留守のようです。

 ベンチで休んでると奥さんが厚切りのカステラと茶を持って出て来られました。

 けっこうガラッパチの感じの住職だったので、てっきり独身だと勝手に想像しとったのですが、まさか奥さんが居るとは、思わんかった。

 
「住職さんは、おられますか?」
 
「今、入院しています。」

鎌大師付近 住職とちがって静かさが漂い、立ち居・振る舞い・話し方等、品良く落ち着いた感じがする人なので、きっとお茶とか踊りとかをやってた人じゃないかなぁ。

 寺を出る時
「昨年、この寺へ来た時に尺八を吹いてた者が来た。尺八吹いてる者は少ないので、言えばわかると思う。」と、来た事だけを伝えてもらうよう頼みました。

 ここの住職とは、もう一度話しをしてみたいなあ・・と思ってたんですが・・・

 鎌大師へは三度訪れ、手塚さんは家の中に居られたようですが、まだ会っておりません。

 養護院の住職の強い勧めもありましたが、会える・会えないも「縁」だと思い、わざわざ家のピンポ〜ンを押してまで、お会いするのもどうかと思い、会いませんでした。「浅海」を望む

 三巡時に「浅海」付近を歩いてると、国道の反対側に居たバサマがσ(*_*)らを見つけて、急いで国道を横切ろうとします。

 接待でもするつもりなんかな?
 わざわざ車の通りが激しいのを無理して渡らんでもええのに・・・

 危ないなぁ・・・あっ・・車が急ブレーキ踏んだやねぇか・・

 バサマが小走りに近寄って来て、越後屋に
「10円くださらんかなぁ」と言います。

 思いもよらぬ言葉に越後屋が目が点になっちまい、何が起こったのかと
「はあっ?・・」と聞き直すと同じ事を言います。

 きっとバサマは、どこかへ電話したいのだけど細かい小銭を持ってないんじゃろおぅなぁ・・と思い浅海駅

 
「10円で良いんですか?」と言いながら小銭入れを取り出して10円渡すと、σ(*_*)の小銭入れの中身を、しっかり見たバサマが

 
「もう、10円くれると・・ええんじゃがなあ。」というので、もう10円渡すと、「やったあぁぁ〜・・!(^^)!バンザァイ〜」という感じで、もんのすごく嬉しそうな笑顔で「ありがとう」と礼を言って、トットと向こうへ行きました。

 さっそく電話を掛けに行ったんかな?・・と思って少し歩いた時、そお言えば・・だれかのホームページで、やっぱり
「10円くれ」と言ってたバサマが居た事を書いてあったなぁ・・ここの場所だったかもしれん。砥鹿トンネル付近

 遍路に接待するのは良く聞く話だけど、遍路にタカルというは聞いた事無いなぁ。

 どうせタカルなら、もおチット値を吊り上げて100円とかの金額を言えば良いのに・・

 そおすると断られっちまうのを知っるんかな?
 10円なら、そんなに拒否感も感じられんからのおぅ。

 でも、あれほど溢れんばかりの、もんのすごく嬉しそうな笑顔を見たのは、今まで50年余り生きて来たけど覚えがないなぁ。
「遍照院」付近の鬼瓦
 タカられたという不愉快な気分は全然無く、むしろ、ホノボノとした気分になり、思い出しながら歩いてると、こっちまで笑顔になるのは、なんでじゃろ?

 σ(*_*)らが接待を受けた時、あれほど心底ホンマに嬉しそうな顔するやろか?

 布施というもんは、渡す方が笑顔で差し出し、受け取る方も笑顔で嬉しく受け、渡した方がそれを見て、もっとそれ以上に嬉しくなって笑顔になるもんやろおなぁ。

 バサマは、その「布施の心」というもんを教えてくれたんかもしれん。

 ちなみに托鉢してる時に、お布施を受けた時は「ありがとう」と礼を言ってはアカンらしいですが、尺八を吹いてた時に接待を貰った時は、どうしても「ありがとございます」と言ってしまう。遍照院

 静かな瀬戸内海を見ながら、テクテク・・テクテク・・

 道端にデカイ鬼瓦が飾ってある付近へ来ますと「遍照院」と言うのがありまして、歩いてる途中で「ぜひ寄んなせぇ」と地元の人が言ってました。

 本堂の近くで荷物を降ろすと、側にある土産物売りのバサマが、茶・菓子の接待をしてくれ、歩いて来る遍路には、いつもこのような接待しているようです・・すんまへんねぇ。

 バサマが数週間前に来た、若い女遍路の話しをします。「遍照院」境内

 自分の背丈よりも大きいリュックを担いで野宿しており、
「遍路中に何が怖かったか?」と聞いたら「犬よりも人間に会うのが怖かった」と言ったそおです。

 本堂で尺八を吹き終わって振り返ると、バサマは店の側で、目を閉じ手を合わせながら聞いてくれてました。

 その時まで、σ(*_*)の尺八を聞きながら手を合わせて拝んでくれた人を見た事は無く、このバサマが始めてでした。

          目次へ
           home

四国遍路記/愛媛

関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具