HOME > 四国遍路記 > 愛媛(菩提の道場) > 18 句読点
 尺八を携え歩いた四国遍路   18 句読点 吉兆寺 H16/2/20 UP
    
香園寺  宝寿寺  吉祥寺  前神寺



 香園寺は、寺らしくない建物で有名な所で、最初来た時はどこに寺があるんじゃ・・と探し回り、間違って来たんでは?と思うような近代的なオフィスビルの建物です。

 他寺の本堂もコンクリート化されてますから、木造で維持管理するのは難しいのでしょう。

 気持ちとしては、木造の古い方がええんですがなぁ。香園寺

 それにしても、この寺らしくない建物の設計にGOサイン出した人は、勇気が有り、きっと、あちこちから文句出たやろおなぁ。(^O^)

 建物の横に三階?へ上がる階段が有り、そこから本堂?へ入ります。

 外からも拝めるようになってますが、どこが本堂か大師堂か、よぉ〜わかりまへん。

 信心が足りんもんだから、どこでもええや・・と思っとるんで、全然気にしてまへんが、どうも一緒の所に有るらしいですなぁ。

 たいていの人は、外の方で拝んで帰っちまい、あんまり三階まで上がって来る人はおらず、来ても個人か小さい団体が多いようです。

 大軍団の団体は、内へ入るのに靴を脱がにゃアカンので、出る時に靴を探すのに手間取ったり、間違えて人のを履いたりと大混乱が予想されるので、添乗員もそんな所へ連れて行ったら、ドエレえ騒ぎになると思って知らなかった事にしてるんだと思う。芝之井御加持水

 三階は劇場のようになっており、その舞台正面には大日如来が光り輝き、それを映画館の座席のように座って拝むシステムのようです。

 うん・・ええんでねえの。
 正座しないので足がシビレんし・・。
 寝とってもバレんやろおし・・!(^^)!

 見ていると参拝客は、たいてい椅子に座らず、そのまま舞台の前に立ったまま拝んでます。

 せっかく来たんじゃから座って行けばええのに。
 座り心地は良くて、ホンマに眠たぁ〜なりまっせぇ。(^O^)

 σ(*_*)は目立たないように、いつも座席の一番後ろのカーテンが有る付近で立って尺八を吹いており、やっぱり音響効果も考えて作ってあるんでっしゃろおなぁ・・それなりに響きます。

 ここの駐車場は以前は良い野宿地だったんだけど、今は夜になるとトイレのシャッターを閉めてしまうので、車野宿は出来なくなりました。吉兆寺

 歩いて十分位の所に宝寿寺が有り、さらに行くと吉祥寺が有ります。

 どちらも国道脇のため、車の騒音がモロに聞こえます。

 三巡時、吉祥寺では慌ただしい団体が去るのをボケェッ〜と待ってから参拝し、大師堂で吹いてると少し離れた所で最後までジィッ〜と聞いてる人がいます。

 終わったら
「車の騒音が無かったら良よかったのにねぇ。」と言ってくれました。

 旧道をテクテク・・・

 石鎚神社へ寄り、入り口で鳥居を潜って、溜息が出るような長い階段を上がった神社境内からは、麓の風景が一望できます。

 二巡の早朝時に行った時は、本殿では太鼓を叩いて朝の礼拝中で、赤い袴をはいた若い巫女さんが居ました。吉兆寺の犬

 「静の舞」でも踊ってくれんかと期待して見ておったんですが、やらんかったなぁ。

 朝の儀式が終わったら掃除する習慣らしく、電気掃除機をガァガァ〜と動かしており、やっぱり文明機器を使うようで、ワタシャ、今もって箒・雑巾掛けするんかと思ってた。

 で・・その神主さんとか巫女さんが忙しく掃除しとる最中に参拝しましたが、待っておりゃあ良かったかなぁ・・今思うと・・。

 本殿を少し下った所に霊水が出る所があり、そこの社殿は参拝用の主階段から少し離れているためか、あまり人も来ないようです。石鎚神社 霊水

 何の神様が奉ってあるのかわかりまへんでしたが、社殿前で尺八吹いてると数人の足音が聞こえ、人が来た気配がします。

 なんせ目を閉じて吹いてるので、だれが来たのかわからず、どうせ参拝客で、すぐにどっかへ行くじゃろおう・・と思い、かまわず吹き続けていました。

 すると、やがて「はい」という合図の声がして祝詞を集団で上げ始めました。

 あっ・・こりゃ、アカン!!・・
 曲の途中でしたが、切りの良い箇所で止めて振り返ると、さっき本殿で礼拝しとった宮司やら巫女さん達が、ズラアッ〜〜・・と10人余り並んで参拝しとります。

 尺八がすぐに終わる思い、しばらくの間、声も立てず身じろぎもせず、ジィッ〜と待ってくれたんですねぇ。石鎚神社

 ほとんど気配を感じなかったので、途中に聞こえた足音の主は帰ったもんだと思ってたんですが、いんやぁ・・ホンマに悪い事しちまったなぁ。

 尺八が、なかなか終わんねぇもんだから、いつまでもボケェ〜と待たされるのもかなわんと思い、業を煮やしたんじゃろおなぁ。

 しかも、あの人達よりも神前に近い階段の賽銭箱付近で、小汚ねぇ汗臭いカッコウして吹いとったしなぁ。

 近くのベンチに座って神主さん達の参拝風景を見ていると、境内に有る各神社一つ一つに、皆で参拝して行くようです。前神寺

 宮司さん達が本殿に帰る途中、責任者と思われる人が近寄って
「参拝を途中で止めさせて、すみませんでしたねぇ。尺八良かったですよ。」と言ってくれ、キレイな若い巫女さんも通りすがりに軽く頭を下げて微笑んでくれました。

 石鎚神社の大鳥居より少し歩くと、普通の鳥居が建っており、そこから前神寺へ入ります。

 三巡時、前神寺の本堂は、いつも内へ入って参拝できるので香楼を清掃していた寺男の人に許可を求めると、早朝だったため鍵を納経所に置いてあるので、わざわざ取りに戻ってもらうのも悪いので階段下で参拝しました。

 参拝が終わって振り返ると、寺男の人は掃除の手を休めて、その間ジィッ〜と合掌してくれてたようです。

 寺男の人が話し掛けて来て、参拝客の一人も話しに加わります。前神寺

 香楼の灰が綺麗に掃除してあったので、そこへ話題を持って行くと
「人によってちがうが・・」と前置きされて、「灰をある程度なしたら、火箸か線香で灰に梵字を一つ書き、その上に灰を被せて、綺麗にならす」のだそうです。

 ほほおぉぉ〜・・知らんかったなぁ、聞いてみるもんだ。

 また参拝客に
 
「神仏は音楽を喜びなされる。
 文章に例えるならば、皆さんが唱えるお経は文に相当する。

 今、この人がされたような音楽は、句点・句読点に相当し、文章を作るのには必要な大切な物である。」
と説明しうまい例え話でんなぁ。

 確かに、今まで参拝した寺で何度か「神仏は音楽を喜ばれる」と言われた事が有りました。

          目次へ
            home  
 四国遍路記/愛媛
関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具