HOME > 四国遍路記 > 香川(涅槃の道場) > 4 正 見
尺八を携え歩いた四国遍路  4 正見  H16/5/21 UP
               
卍 妙音寺


 弥谷寺へは、車量の多い国道脇をテクテク・・・

 途中「妙音寺」というのが有り、音楽とも縁が有るような名前の寺なので寄ってみました。妙音寺

 「山門が壊れるかもしれんから注意せい」と書いて有る山門を通り、あんまり遍路も来ないような小さい寺でしたが、境内には綺麗な椿の花が咲いてます。

 弥谷寺から逆打ちしてる時、遍路道より少し外れた某駅があり、その駅を目指して歩いてる途中に野菜等の「無人販売所」が有りました。

 そのような販売所とは知らず、何の施設やろおぅ・・と思いながら「疲れたなぁ・・ジュースでも買おう」と思って入って見ると、ロッカーのような物がズラッ〜と並んでます。

 はて?なんじゃろぉう?コインランドリーかな?と思い、ロッカーを見ると箱が幾つも有り、扉の説明書を読めば、100円入れると箱の扉が開いて中の品物が取れるシステムのようで、ようやく無人販売所とわかりました。

 品物を見ると値段的にも安い・・と思いながら見て回っていると、どこから湧いて出て来たのか、トッツアンが現れて

 
「どおです?ええでしょう。
 こおいう無人販売は、ここにしか無いんですぜぇ」
と自慢気に話し掛けてきたました。妙音寺 境内

 
「はぁ・・安くて、ええですなぁ。
 地元に有ったら絶対買いに来るんだけどなぁ。」

「そおでしょう。
 ところがねぇ・・さっぱり人が来ないんですわ。」


 そおやろおねぇ・・σ(*_*)もこれが店どころか、農協の物置かと思って入ったんじゃから、そりゃあぁ〜他の人もわからんので来ないやろおなぁ。

 トッツアンは、この店が産地直送で、いかに安くて新鮮なのだと説明しますが、地元でないワシに説明されてもなぁ・・

 それよりも、ジュースも飲みたいんだけど・・

 あんまり真剣に力説するので
 
「あのおぅ・・おでぇかん様ぁ〜・・

 失礼ながら、この店を見て私が思ってる事を言って良ろしいでしょうか?
 怒らないでくんなせぇ。

 正直言って、ここが店なのか農協の建物なのか、さっぱりわかりまへんでした。スンマヘン・・」


 
「だって車道の所に看板は出てるし、店の壁にも食料品の絵とか、無人販売とかデッカク書いて有るから、わかるでしょうが。(-_-;)σ ナニ ミトンジャ」弥谷寺方面を望む

 「しかし・・・おでぇかん様ぁ〜・・・・
 それは、おでぇかん様だけの感覚でごぜえますだ。
 村人や町の衆から見たら、どのように見えるでっしゃろか。?

 たとえば道端の看板・・・。
 これ、車を運転していて、何が書いてあるかわかると思いまっか?

 何か書いて有るのはわかっても、何が書いてあるかを読むヒマもなく、通り過ぎっちまいますぜぇ

 それと入口壁に書いてある絵・・ぎょうさん、魚やら野菜やら肉やら書いて有りまんなぁ。」


「そや。 これを見たら食料品売ってると、わかるでっしゃろがぁ。」弥谷寺入口 双石柱

 
「あのぉ・・おでぇかん様の気持ちは痛いほど、この越後屋にも、よぉ〜わかります・・へい。

 しかし、あんまりにも絵が一杯ゴチャゴチャ書いてあって、よおわかりまへんなぁ。

 そのため「無人販売」の字が絵に埋もれ、溺れちまっている感じがしますがねぇ。

 もおちっと、絵の種類を少なく、字を大きくしてアピールした方が、ええと思いますだ。」

「これ・・・描くのに金を掛けたんやけどなぁ。(T_T) ナク・・」

 「それとねぇ、販売しとるロッカーの位置が悪いですわ。

 車道から見てもロッカーの正面が見えず、何が置いてあるか、わかりまへんでぇ。
 車道からロッカーの中身が見えるようにしないと・・」


 「そんなの、この駐車場の中に入ったら、わかるでしょうが。ナニ イッテマンネン」

 「おでぇかん様ぁ・・だから、それは自分だけの独りよがりの感覚でごぜえますだ。
 もっと村の衆の立場を考えて、ネングを取り立てるようにしないと・・

 車道から見て何を売ってるかわかりもしないのに、村の衆はわざわざ駐車場へ入って来て確かめますやろおか?」弥谷寺途中の大師堂


 
「このロッカーも、けっこう金掛けたんやけどなぁ。(T_T) フタタビ ナク」

 「おでぇかん様は、四国で始めての無人販売だと言ってましたが、実は他にも無人販売やってる所があるんですよ。

 高知県の国道沿いに、リンゴ箱のような中に野菜入れて、ビンとか小箱に100円入れるのが有りましてなぁ。

 品物が置いてある箱の中身は、全部車道側に面しており、車の中からでも品物が何か?というのがわかり、一度、御視察に行ってみなせぇ。」


 「うむぅぅぅ・・・」

と入れ知恵らしきものをして、ジュースを飲むのも忘れっちまい、別れましたが今度行った時まで、あの店有るやろか?

 あのままやったら、間違いなくツブレとるなぁ。

 自分の考えが理屈を付けて絶対に正しいと思っていても、部外者が見ると「おかしい」思う事が、よぉ〜けい有り、仏教の「八正道」の中に「正見」という言葉があります。

 世の中を見渡すと、昔から伝わる常識・当たり前と思われ、それが正しいと思われている事でも、ひょっとしたら、それは間違っており、そのため人知れず苦しみ悩んでる人々が居るかもしれまへん。

 ワシも含めてですが、ホンマに物事の本質を見抜き、正しく見とるんやろか?

            目次へ  
            home
四国遍路記/香川

関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具