HOME > 四国遍路記 > 香川(涅槃の道場) > 7 善通寺

 四国遍路記・香川 7 善通寺  16/6/25 UP
           甲山寺  仙遊寺   善通寺


 甲山寺へは車道の途中より見渡す限りのタンボ道を、真っ直ぐ進むとコンモリした小山が有り、そこを周ると甲山寺に着きます。

  甲山寺へ    甲山寺境内

 次の善通寺へは、寺前の川に沿って工場のような所と人家のある道を行きます。

 途中に仙遊寺という小さい庵のような所があり、御大師様が幼少の頃、そこで土の仏様を作って遊ばれた所らしいです。

 やっぱし、エライ人は、遊ぶ事からしてσ(*_*)らと違いまんなぁ。甲山寺鐘楼

 どんな寺かサラッと見て、フゥ〜ンと思って参拝をせずに行こうと思ってたんですが、ワシらが来るのを見てた中年のオバハンが本堂の戸を、わざわざ開けてくれます。

 あらぁぁ・・そこまでやられたら、参拝していかな、アカンんやろおなぁ。

 尺八を吹き始めると、オバハンは堂内の鐘を「ジャァ〜ン」と叩いてサービスしてくれるんですが、曲がいつ終わるのかわからんもんだから、途中の適当な所で何回も鐘を叩いてくれます。

 すんまへん・・・・慣れん事させてしもおて・・・
 なんせ4〜5分ほどかかる曲なもんでして・・

 普通なら、もおいい加減、この付近で終わる頃じゃろおと思われて叩かれたんでしょうなぁ。

  甲山寺付近     仙遊寺


 善通寺は古い人家が密集する狭い道を歩くと、突然あら!?・・ここに在ったのね・・・という感じの道端にあります。


 しかも両脇に大きそうな寺が有り、どこが本堂か大師堂かわからず、たいてい橋の在る方が立派そおだから、そっちを先に行くようでんなぁ。

 ワシも最初わからんかったから、そっちへ行ったけど・・(^O^)善通寺 大師堂側

 しかし橋の在る方が大師堂で、本堂は塀に囲まれた左手の奥まった所の山門を入り、広い敷地には五重の塔もあります。

 本堂内へは自由に入れて、本尊さんの周りを一巡り出来るようになってます。

 三巡目の時、本堂内で尺八を吹くため、一巡する参拝客が歩くのに邪魔にならんように、隅っこの暗い目立たない角地で参拝しました。

 はい・・なんか、性格・行動もゴキブリのよぉに、隠れてするようになって来ました。

 吹き始めると間もなく、本尊さんの前あたりで錫杖を「ジャン・ジャン・・」と鳴らし始めながら参拝する人が居ました。

 尼さんが
 
「あんたぁ。そこでやらんといて!!。
 人が通れんで邪魔になるから・・」善通寺

と叱る声がして、その人は途中で「ジャン・ジャン・・」を止めて堂外でやり直し始めたよおです。

 アチャアァ〜・・いかに目立たない角地といえども、やっぱしワシも邪魔になるんやろおなぁ。

 叱られるかなぁ・・でも曲の途中で止めるのは、できるだけ避けたいしなぁ。

 しょうがねぇ、ここは叱られるまで、そのまま図太く最後まで吹き続け、叱られたら素直に謝って止めようと思いました。

 幸い叱られる事もなく終わり「ホッ」として、何か言われんうちにトットと出ちまおうと、団体のジサマ・バサマが前を通ったのを幸いに、その中に紛れ込んでゾロゾロと本尊を一周して本堂を出ようとした時です・・

 「ちょっとぉ、ちょっとぉ・・あんたぁ・・」と本尊さんと一緒に柵の中に居る尼さんが、大声でワシを呼び止めます。

 来ぃ〜〜た〜あぁぁぁ〜〜・・(T_T)
 やっぱしぃ叱られるぅぅぅぅぅ〜・・・善通寺 山門

と思うと同時に、ワシの前後を取り囲んで一緒に歩いていたジジ・ババ達も「こいつ、何を悪い事したんじゃ」という顔してジロッ・・と、ワシの方へ顔を一斉に向けます。

 あっ・・コラッ・・そんな目で見るんじゃねぇ。
 それほど極悪非道な事をしたんでねぇんだから・・・

 やっぱし・・ドキツク叱られるんやろおなぁ、さっきの錫杖のエライ人でさえも追い出されっちまったんだもん、ここで尺八吹いたらアカンかったんやろおなぁ。

 群がっているジジ・ババ共を掻き分けて逃げちまおうかなぁ・・・
 それとも先に謝っちまおうかなぁ・・・

と、普段は使わん頭の脳内をフル回転させ、あらゆるシュミレーションパターンを描きながら、不安そうな顔して立ち止まると

 
「尼さん。さっきの供養の蝋燭。頼んまっせぇ。」と他の参拝客が尼さんに呼びかけとるのに、尼さんは、そっちの方へ顔も向かずに、ワシの方を見ながら「はいはい、わかりました」と大声で答えながら、「あんた、ここの中(本尊の真ん前)に入って参拝していいよ」と言います。

 はれっ!?・・叱らないの?!・・何かの間違いでは???善通寺 境内

 ワシのような、信心が足りんモンが中へ入るより、さっきの錫杖持って「ジャン・ジャン・・」いわせてた人の方が、信心深いその道の人だから本尊様も喜ばれるやろおに・・・

 何かの間違いでは?・・σ(*_*)に言ってるの??・・・
 そりとも、この付近に身動きできんくらいウロついとる、ジジ・ババのだれかに言ってるの?

という顔して、付近に居るジジ・ババの顔を見回すと、ジジ・ババ達も事情がわからんもんだから「オメエ、何をやらかしたんじゃ」と不審そうな顔してワシを見てます。

 尼さんも
「他の人でなく、間違いなく、オメェ〜じゃあぁぁ・・」という顔して視線を外さずに、もう一度同じ事を言います。

 なんせ、もし声掛けられるとしたら
「狭い本堂内で吹きやがって、ジャアカァシイ!!・・今度から外でやれえっっ!!」と叱られる事しか思い浮かばなかったもんで・・・善通寺 五重塔


 謝るか・逃げるか・・どっちにしようかと算段しとった状況が一転しちまいました。

 その予想が外れた、あまりにも急激な展開のために、頭の思考・処理能力が追い付きません。

 「はぁ・・ありがとうございます。
 でも・・あの・・その・・もう参拝は終わりましたので・・
 ホンマにすみません。ありがとうございます」
と、ヤキイモ屋のジジイみたい、しわがれ声でボソボソと答えましたが、なおも勧めてくれます。

 人の出入りが少ない本堂だったら、ありがたく受けるんですが、ここは人の出入りが激しく、ザワメキも有るで、今一つ乗り気があんまりしない場所なんだよねぇ・・・正直言うと・・

 しかし、それを言うと失礼になっちまうんで、参拝が終わった事を理由に、再び丁寧に断りましたが、それでもさらに強く勧められます。

 これは他の理由も付けにゃ納得してくれんと思い
 
「ありがとうございます。
 誠に申し分けありませんが、先を急いでますので、この次に来た時に、またよろしくお願いします」

と丁寧に礼を言うと、尼さんは、せっかく入っても良いと勧めてるのに、断る人も珍しいなぁ、他の人なら喜んで入るのにぃ・・・というような顔をされましたが、「先を急ぐ」という言葉で、さすがにそれ以上は勧められまへんでした。

 ホンマやったら、あの場所は頼んでも絶対に入れてもらえない所なんでしょう。

 そいで信心深い人なら、柵内に入れてもらえただけでも泣いて喜び、その嬉しさのあまり気絶・卒倒・失神するかもしれん所なんやろおけど・・・・・

 ほんまに、すんまへん・・・
 ワシはどうしょうもねぇ信心が足りん人間でごぜえます。
 もっと他の信心深い人を、代わりに入れてあげてくんなせぇ。

          目次へ    
             home 
四国遍路記/香川

関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具