HOME > 四国遍路記 > 香川(涅槃の道場) > 17 花折れ峠
尺八を携え歩いた四国遍路  17 花折れ峠  H16/10/17 UP
           女体山越え 花折れ峠越え  大窪寺


 最後の大窪寺へ行くには、「女体山越え」と「花折峠越え」の大きく分けて2コース有ります。

 たいてい一巡目の人は、「女体山越え」に挑むようでんなぁ。前山ダム

 前山ダムの「へんろ会館」の館長さんは、本来は「花折れ峠」が遍路道であり、「女体山」は「四国の道」だと言い、歩く人には熱心に「花折れ峠」を勧めます。

 それでも、一巡して多くの山越えを経験して来ると「岩をよじ登ったりしてキツイ所じゃ」と言われても、「なに、どうせ大した事あるめぇ・・・それに最後の山越えじゃ・・」と思いますやろおなぁ。

 はい・・そう思って、私も一巡時、冬の12月に「女体山越え」をしました。

 ほんとは朝の5時頃に前山ダムを出発したかったんだけど、なんせ冬の夜明けは6時頃であり、明るくなるまで車の中で寒さに堪えてました。女体山「譲波」休息所

 よっぽど懐中電灯を点けて歩こうかと思ったのですが・・・

 なんせ、ここは「岩登り」「最後のキツイ場所」という予備知識の単語が入っているので、道に迷って遭難しちまったら、新聞に出たりして恥ずかしい思いをするからのぉ・・・と夜明けを待ちました。

 夜空に星が見えてましたが、山の頂がほんのり明るくなった頃に、もうええじゃろ・・と出発しました。

 ダムを通り越して、霜柱が立つ道をザクッ・ザクッ・ザクッ・・・
 薄暗い道の山側には、所々に地蔵様が立ち並んでいます・・寒うおまんなぁ・・・。

 「譲波」休息所付近の小屋の庇で、しばし休憩・・・・女体山登山

 山道に入りましたが、そんなにキツイとは思いません。
 (^O^)ダハハ・・・・噂とは尾ひれが付くものじゃ。

 「太郎平」付近の車道に出て、このまんま車道を大窪寺へ行くのかと思ったら、しばらくして、また山道を上がります。

 ボチボチ・・・息切れがし・・・立ち止まっての休憩も頻繁になってきました。
 けっこう高い所まで登って来ましたなぁ。

 尾根のような所で休憩して息を整えて出発すると・・・・女体山よりの風景
 ギエ〜〜ッッッ!!・・・・

 すぐ目の前から、山の急斜面を木や岩に掴まりながら登って行くようになってます。

 こ・・これが噂の岩をよじ登って行く所か・・・・

 先を登る越後屋が転げ落ちてこなけりゃ、ええが・・・と不安に思い、だいぶ先へ登らせてから上がり始めました。

 上がった所にチッコイ祠があり、そこからは360度とまではいきまへんが、200度近いパノラマ風景で下界が見渡せます。
女体山 崖上り 女体山 岩上り 女体山 山頂パノラマ

 おぉぉ!!・・喜べ!!・・・これで登りは終わりじゃあ!!
 後は寺まで下るだけ、お互い苦労したのおぅ・・・・

 越後屋と、しばし絶景を眺めつつ互いに喜びあって休憩した後、歩み進んだら車道を越した山道が、再び上がり道になってます。

 ワア〜ァ〜ァン(T_T)・・もう山を登らなくても、ええんだと思ってたのにぃ・・・

 ガックリし・・・どこまで登るんじゃ・・・と泣きたいような気持ちになり・・・
 越後屋なんか、ショックのあまり、ブスッ〜として口もきいてくれません。

 しかし、そんなに距離もなく、すぐに下り坂になりました。

 ふと、小枝にブラ下がってる遍路札を見ると「結願」と朱書きしてあり、それを最初に小枝に次々と「結願」の遍路札が下がっております。「結願」遍路札

 他の人のように四国88箇所を、「結願」しようという信心の目標を持って歩いていたわけでもないのです。

 しかし、歩きながら目に入る、この「結願」の遍路札を目にすると、そんな事など関係なく、一つ一つの札が
「よかったねぇ」「おめでとう」「もう少しだよ」と次々に声を掛けてくれ、祝ってるように見えてきました。

 それを見ながら歩いてると、遍路中の数々の出来事や、出会った一期一会の人々・・・・

 太陽が照りつける、灼熱の舗装道を黙々と歩いた土佐路・・・
 袖口・足下を濡らしながら歩いた、雨の日・・・
 霧雨に煙る峠越え・・・

 それらの情景が次々に想い出され、不覚にもジワッ〜と涙が滲んで来ました。

 越後屋にバレると後で何を言われるかわからんので、わからないように手袋でそおっと涙を拭き、鼻水をすすりあげます。

 ちなみに越後屋は、大窪寺の屋根が高い位置から見降ろせる所で休んだ時に、ウルウル来たそおです。
 そやろおねぇ・・・・

 この道は大窪寺の境内に直接入り、山門は通りません。

 しばらく休んで本堂へ行き参拝しましたが、急坂の山道を歩いたためか、膝が笑った状態で腹に力が入らず尺八を吹いても音が出ません。
 ほんまに、今まで各寺でやった吹奏の中で最低でした。

 普通じゃったら、修行した最後の成果じゃから、周りで聞く人々が感涙の涙を流すはずなのだけど、ドラマのようにハッピィ・エンドとはなりまへん。

 こんなはずがねぇ・・・足が疲れてるのに、立ったままだからアカンのじゃ・・・と思い、側に有った長椅子に腰掛けて吹いてみましたが、それでも思ったように吹けません。

 やっぱり、一巡ぐらいでは修行が足りんのでしょうなぁ。


 二・三巡時は、「花折れ峠」を越えました。

 前山ダムの「へんろ会館」の手前を右に行く道をエッチラ・・・オッチラ・・・

 峠は緩やかな坂道が続き全部車道で舗装されておりますが、旧道のためかほとんど車の通りは無く、結論から言えば女体山越えよりも楽です。前山ダム

 この「花折れ峠」の名前の言われを「へんろ会館」の館長さんから聞いたのですが、遍路で倒れた人の墓へ、
「地元の人が道に咲く花を、手折って手向けた」所から来た名前だそおです。

 峠を越えて、地図では多和小学校へ国道を歩くようになっていますが、途中に細川家へ行く道があります。

 三巡目の逆打ちの時、細川家の方を通ってみると、車の通りも少なく、国道のように犬にも吠えられず、きっと昔の旧道だったんじゃろおなぁ・・・野仏もたまに立っていたし・・国道よりも情緒の有る道でした。

 細川家もタダで見学できたし・・・それほどの遠回りにもなりまへんから、この道を通るのもええですよ。
    細川家住宅      花折れ峠


 大窪寺への道は、今までとちがって遍路札がほとんどブラ下がってまへん。

 まぁ・・・全部車道だから、あえて付けなくてもわかりますが、女体山の時のように「結願」の遍路札は無かったなぁ。

 で、遍路道を歩いて大窪寺へ着くと、ちょうど入り易いように大きい門が有りますが、それは正門ではなく、正門は車道の方へ少し行き、土産物店が立ち並んだ所に有ります。大窪寺へ

 初めての人は、それがわからず、人間心理として目前の大きい入り易い門から入っちまい、大師堂を本堂と間違ったり、境内に入って正門が別に有るとわかり、正門から入り直した・・という人もおります。

 まぁ・・どこから入ってもええんですが、やっぱり最後だからケジメを付けたいでしょうなぁ心理的にも・・

 寺も「正門はあっちじゃ」と書いておいてくれればええのに・・・

 大窪寺・・・・二・三巡目ともに、ここでの参拝は何故かどおしても他の寺と違って、思うように音が出ず、納得する吹奏は出来ませんでした・・・なんでじゃろ?・・・・大窪寺へ

 これは、疲れとかの原因では無いようでんなぁ。
 気負いも感激も無いのに・・・

 自分のウデが悪いのを天井裏の棚まで放り投げて、信心が足りんから何かの祟りという事にしとこかなぁ(^O^)

 ほんまならシビレっちまうような、ドラマチックな吹奏をする場面なんだけど・・現実がなぁ・・。

 この寺で納得できる尺八が吹けた時が、ちっとは修行の成果が現れた時かもしれまへん。

 ちなみに二巡目の時は、一巡の時のように涙が滲むような事は無く、「あらぁ〜・・とうとう着いちゃったなぁ」という感じでサバサバしたもんでした。

 やっぱり一巡時が一番心に残りますね。


    大窪寺 山門が見える     大窪寺 山門

          目次へ  
              home
四国遍路記/香川
関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具