HOME > 四国遍路記 > 香川(涅槃の道場) > 18 軒 下
尺八を携え歩いた四国88箇所遍路記 地蔵堂の軒下 H16.10.30 UP
      
地蔵堂 興田寺  星越峠越え 東照寺  東海寺
Tweet
 大窪寺から1番霊山寺へ戻るコースは、たいていの人は切幡寺コースへ行くようですが、一巡時は白鳥道大阪越えコースを歩いてみました。

 大窪寺を少し行った所より遍路道が有ったのですが、三巡時に行った時、県道工事のため遍路道への下り口がわからなくなっています。遍路道

 私は経験したので下り口がわかりますが、遍路標識が工事中のためか、まだ設置されていなく、たぶん初めての大部分の人はわからず、県道の車道を歩いて下りて行ったんと思う。

 途中に「地蔵堂」という、崩れかかったような無人のお堂があります。

 丁度、一休みするには良い場所なので、いつも軒下の縁側を借りてしばし休息しました。

 昔は人が住んでいたんでしょうが・・・

 三巡時、雨滴がポタリポタリ・・と落ちる軒下でボケェッ〜と休んでいると、ワシで良かったら住み込んで、通る人にお茶でも入れてあげるんだけどなぁ・・・というノドカな思いをします。

遍路道 遍路道の空き家 払川付近 遍路道


 前山ダムから女体山を越えて、大内ダムまで行く予定にしており、途中「宗心」付近の遍路石で白鳥方面の表示を見ちまったもんだから、そっちじゃ・・・と思って歩いたら、どおも地図と違ってるよおです。払川付近 大窪寺方面を望む

 下山付近の三叉路の店で星越峠への道を尋ねると、今来た山方向の隣の道を指さし、トボトボ歩いてると、やっと地図に出ている三宝寺が有りました

 三巡の時に確認すると、私の勘違いで白鳥方向でなく余田寺方向へ行かねばアカンかった。

 なんせ白鳥越えだから・・・と思ってたもんで・・・2Kmほど遠回りしちゃったなぁ・・。

 三宝寺近くのバス停の中で休んでると、客を乗せたタクシーの運転手が珍しそうに、こちらを見て行きます。
雨の遍路道
 どれ・・星越峠に取りかかるか・・・
 新しく舗装された車道を、ノロノロ・・・

 実はこの時には、女体山越えをして距離もけっこう歩いたので、足の関節が痛くなっていました。

 今までは、あんまり無理な距離を歩いた事がなく、せいぜい1日に20Km弱だったのですが、ここだけは車とバイクの置き具合から、少し無理しちまったんだよねぇ。

 越後屋も途中から具合が悪くなり
「私を置いて、先に行って・・」と言い始めます。

 他の場所・時だったら、喜んで置き去りにして捨てちゃうんだけど・・、

 人家の無い場所で、夕暮れも迫り天候も悪くなりそうで、ここで言われるまま捨てて行くと、世間からゴウゴウの非難を浴び、一生肩身の狭い思いをしなけりゃアカンなぁ・・と大部真剣に考えちゃった。
 雨の遍路道  地蔵堂  地蔵堂

 私も、ゆっくりならば何とか休みながら歩く事が出来ますが、なんせ足の関節が痛いので急いで歩く事ができません。

 そいでもって越後屋を、ここらに捨てて行くと、道を行く人の目障りだろおし・・・

 その辺の微妙な判断と世間の非難をかわすために、やむを得ず走って来る車に手を上げて救いを求めました。八丁坂 付近

 今まで車の接待の申し出が有った時は、丁寧にお断りしてたんですがねぇ。
 自分勝手でんなぁ・・・都合の良い時ばっかし、車を頼っちまって・・・・。

 しかし、こおいう時に限って「なにを、手を上げとるんじゃあぁ〜」という顔されて車は素通りして行きます。

 やっぱりアカンか・・・

 少しづつ歩いてると、後から来たタクシーが止まり、
「乗っていかないか」と声を掛けてくれました。

 このまま歩いてると、バイクで車を取りに行くのが完全に暗くなっちまうから、越後屋をここでホンマに置き去りにして、捨てちまおうかと、さっきより、もっともっと真剣に思ってたんです。八丁坂 付近

 良かったなぁ、そこらにゴミと一緒に捨てないで・・・(^O^)

 話しをてみれば、先ほどバス停で休んでいた時、不思議そうな顔していったタクシーの運転手さんで、

 
「ここはあんまり遍路は通らなく、珍しいなぁ。
 逆打ちで大窪寺へ向かってる途中だろう」
と思ったそうです。


 これからの予定を聞くので、
 「大内ダムにバイクが置いてあり、前山ダムまでバイクで車を取りに行く予定です。」
 「それなら遠回りになるけど、お接待で前山ダムまで行ってあげよう。」

「そ・・そんなもったいない、大内ダムだけでけっこうでごぜえますだ。」

 「なに行ってまんねん。かまへんがなぁ・・・八丁坂 登り口
 どうせワシの客は遍路の人ばっかりだから、それで儲けさせてもらってますから心配しなさんな。」


と言ってくれましたが、とても甘える気になれず、こおして乗せてもらえただけで、ありがたかったので、丁寧にお礼を言い大内ダムで降ろしてもらいました。

 なんせ、もおちょっと遅かったら越後屋を置き去りにして捨てて行くとこだったからなぁ・・・危なかったなぁ・・・(^O^)。

 大内ダムに着いた時、曇っていた空から、ちょうど雨が降り初めてきました。

 ありがとうございました。
 おかげさまで、ワシも肩身の狭い思いもせず、越後屋も一人ぽっちで不安なあまり、泣き崩れる事もなく・・・

境目 遍路石宗心 遍路石大内ダム


 大内ダムからは、ダムの横の急坂を下りると家の犬が吠えます。

 これは三巡目も、変わらず吠えました・・・
 律儀でんなぁ・・・遍路が通るたびに吠えるんやろおなぁ・・・興田寺

 興田寺は小学校前の大きい寺で、来た時には幟旗が一杯立っていました。

 三巡時、早朝この寺に着いて参拝し終わり、ベンチで尺八を吹いてると境内を掃いてた人が出発間際に接待をくれました。

 興田寺から、のどかな道をテクテク・・・・

 東照寺へ着くと寺の祭事だったよおで、本堂でお札とか何かを売っており参拝客も次々と来てます。東照寺

 入り口には石臼の中に1円玉がたくさん入っており、杵で突くよおですが、何かの云われがあるんでしょう。

 きっと、突いたらお金が貯まるんやろおなぁ・・・やらんかったけど・・・

 参拝客とは場違いの風体なので、本堂で参拝した後、外の建物の軒下で休みました。

 小さいながらも、キレイな庭でんなぁ・・・・
 箒の掃き目をキレイに立てとるのが良く、掃除した人の人柄が伺えます。東海寺

 東海寺へ行くと工事中らしく、車で参拝に来た人が話かけて来て、車で何回も巡って掛け軸を何本も作ったと自慢気に言います。

 そんなに、ぎょうさん作って、どないするねん・・・と思ったけど黙ってた。

 番外寺の数珠も作ったというので数珠を見せてもらうと、思ってたより安っぽくなく、キレイな数珠玉でした。

 これを見たのをきっかけに、二巡目は番外をも含めて数珠玉を集めました。

           目次へ    
             home
四国遍路記/香川
関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 小豆島遍路記 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具