HOME > 虚無僧寺関係訪問(目次) > 1 由良 興国寺

 遍照の響き     興国寺 山門
     
  H17.7.16 UP
  

由良 興国寺

興国寺について興国寺 山門

 熊野古道・紀伊路の途中、和歌山県由良町にある「興国寺」へ行ってみました。

 この寺は、知ってる人は知っており、知らん人は「何ですねん?その寺?御利益有りまんの?」と言うような余り知られていない寺です。

 しかし尺八関係者の人にとっては、我が国に尺八が伝来された由緒有る寺なので、一度は訪れてみたいと思う寺の一つだと思います。 興国寺 参道

 なんせ信心の足りんσ(*_*)でさえも、他の寺はどおでもええが、この寺だけは一度は来て見たいと思う程ですから。

 中国から来た二人の尺八奏者がどのような土地風景で暮らしていたのか・・そりゃあぁ興味が有ります。

 信心深い人が、宗祖の縁有る箇所を尋ねるのと同じであります。

興国寺興国寺 参道

 山門付近にタダの駐車場があり、入口の山門は、あっけない感じの小さい物で、仁王様も番をしていまへん。

 夕方5時近くで、だれも居ない参道を上がると、城のような石垣の上に寺が有ります。

 本堂の金網から内部を見ると、床が石畳のようで、富山県高岡市の前田家菩提寺「瑞龍寺」と同じようでんなぁ。

天狗堂

 本堂の中へ入れないので金網越しに尺八を吹いて参拝し、裏の奥庭へ上がると「天狗堂」が有りました。興国寺 本堂

 ほほおぉぉ・・ここは修験道も関係あるんかな?

 正面に大きい天狗さんの面が飾ってあり、堂内に入ると、自動的に電気が点きます。

 尺八吹いて参拝してたら、自動的にまた消えちゃったけど・・・。

 響きは、もんのすごく良かったが、風が入らず蒸し暑くて汗がダラダラ出るは・・
 蚊に刺されっちまうは・・興国寺 渡廊下

天狗命根石

 この堂内に「亀の甲羅」のような物が置いてあるので、何でこなん所に亀の甲羅を置いてるんじゃ?

 海の近くだから「竜宮伝説」か「助けた亀の恩返し」の伝説でも有るのかと思ってたら、側に由来書の看板が有りました。

 読んでみると、
「天狗命根石」という石で、亀の甲羅ではありまへん。
 そいでこの石の中に水が溜まっているそうです。

 だれか揺さぶって「チャポンチャポン・・」と音がしたのかな?興国寺 庭園

 重そうだし、うっかり落として壊しちまったら叱られると思ったので持ち上げて確かめなかったが・・

 さらに読み進むと
「この石を撫でながら願い事をして天狗様にお願いすると必ずかなえられる」と書いてあります。

 よっぽど多くの人が一生懸命に撫で回してお願いしたもんだから、石も黒光りしちまい、亀の甲羅のように見えたんやろおねぇ。

                                   
H23.9.21 追加
 由良「興国寺」の開祖 「法燈国師」生誕寺が信州「福應寺」に在り訪問しました。
                                  

興国寺・境内 興国寺・天狗堂 興国寺・天狗堂内 「天狗命根石」

       目次    次へ   homeへ
          虚無僧寺関係訪問   
虚無僧寺関係 訪問一覧
 由良・興国寺    京都・明暗寺    越後・明暗寺   越中・国泰寺   伊豆・瀧源寺 
 上総・松見寺跡   千葉・虚無僧墓   山口・虚無僧墓    長崎・松寿軒 
 佐賀 劫月院・江月院    博多・一朝軒     うきは市・林棲軒
 尺八関係 一覧
尺八曲目次   「手向」 「阿字観」 「本調」 「心月」 「奥州薩慈」 「三谷」 「産安」
 洋山流  私の所属していた流派です。
 虚無僧旅姿   「塩の道」祭りに参加した時のコスプレです。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  



   無 
無