HOME > 虚無僧寺関係訪問(目次) > 2 京都 明暗寺

   遍照の響き     明暗寺・庭園 
               
17.7.16 UP


京都「明暗寺」

尺八本曲献奏大会東福寺・敷地道路

 秋の紅葉には少し早い時期、京都「明暗寺」で「尺八本曲献奏大会」というのが有り行ってきました。

 なんちゅうても、現在残る虚無僧寺の本家本元ですからなぁ

 本物の虚無僧がワンサと集まり、多々なる荘厳なる曲を聞かせてもらえれば、日々の反省努力の一助けになるかもしれん・・・と、喜びと期待に打ち震えながら、小さい胸をワクワクさせて行きました。

 イナカモンのため京都市内には詳しくないので、「明暗寺」は京都のどの辺に在るのか、よぉ〜わかりまへん、地図で調べても出てないし・・・

 ホームページで探すと、どうやら「東福寺」の付近に在るようであり、そこらへ行って聞けばわかるだろおと、開催予定時間よりも、かなり早めに行きましたら、あっさりわかりました。

    東福寺      東福寺 山門
 「明暗寺」で準備中の人に
「入って良いか?」と聞いて了解を得て、ついでに四国遍路で出会った「霧の会」の○○さんも来られるのかと聞いたら、来られないとの事で、久々に会ってみたかったんだけどなぁ・・・
明暗寺 山門
 明暗寺は小さい寺で、あんまりにも早く着いちまったので時間が余っちまいました。

東福寺

 ボケェ〜とする場所も無く、近くの東福寺境内を散策して時間を潰そうと思ったら、これまた時間が早くて入れませんでした。

 それでも少しウロウロしてると、年取った警備の人が
「少し早いですが・・」と入れてくれました。
 すんまへん、ありがとさんでした。

 ここへ来るまで東福寺なんて知らなかったのですが思ったよりも大きい寺です。
明暗寺「吹禅」碑
 この寺は紅葉も綺麗だそうで、今回来なかったら、たぶん知らないまま永遠に来なかったと思う。

明暗寺

 時間少し前に「明暗寺」に戻り中へ入りました。
 はい、タダでした。

 ほとんどの人が吹奏者のようで、もっと一般の人も聞きに来てるかと思いましたが、σ(*_*)のような一般の人は2・3人しか居まへん。
明暗寺・前庭
 こおいう席は、奥の席は遠慮して余り人が座らず、たいてい入口付近に固まって座っちゃうので混み合います。

 日本的である、美しい譲り合い精神の風情ですなぁ。(^O^)

 σ(*_*)は、そおいう奥ゆかしい性格では無いので、人気の無い奥の方へ行きました。

 さすがに一番前の席に座るほどの勇気は、持ってなかったが・・・

  明暗寺・室内   尺八の置き方

 前の席に虚無僧さんが座り、後ろからジロジロと動作を眺めていると、扇子を置き、その上に尺八の唄口を寝かせるのが作法のよおです。

 おぉぉ・・・さすが明暗寺!! 初めて知ったでぇ。明暗寺・坪庭
 今度から扇子を用意しとかなくっちゃぁ。

 吹奏する前・後の作法も見たかったんだけど、後ろの方から見てるので、どんな作法をしているのか手元が見えません。

 横から見える入口付近ならば見えるのですが、奥ゆかしい人達が陣取ってるのでなぁ・・。

 演奏曲目を見ると、都山流本曲をする人も居るようでしたが、都合で出席されず聞けまへんでした・・聞いてみたかったなぁ・・・。

 自分の好きな曲を吹奏するようで、曲目には「阿字観」「陸奥鈴慕」が多く、人気の有る曲なんでしょう。

  前  目次  次   home
        虚無僧寺関係 訪問
虚無僧寺関係 訪問一覧
 由良・興国寺    京都・明暗寺    越後・明暗寺   越中・国泰寺   伊豆・瀧源寺 
 上総・松見寺跡   千葉・虚無僧墓   山口・虚無僧墓    長崎・松寿軒 
 佐賀 劫月院・江月院    博多・一朝軒     うきは市・林棲軒
 尺八関係 一覧
尺八曲目次   「手向」 「阿字観」 「本調」 「心月」 「奥州薩慈」 「三谷」 「産安」
 洋山流  私の所属していた流派です。
 虚無僧旅姿   「塩の道」祭りに参加した時のコスプレです。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  



   無 
無