HOME虚無僧寺関係訪問(目次)> 4 越中 国泰寺

            国泰寺
                  
H17.7.16 UP
  

越中「国泰寺」

「開山忌」の虚無僧国泰寺・勅使門

 昔、富山県高岡市伏木に居たことがあり、その近くに国泰寺という虚無僧関係の寺がありました。

 毎年6月に「開山忌」というものがあり、その時に虚無僧が集まるそおなので、原付バイクに乗って行ってみました。

 寺は、それなりの大きい寺で、立派な山門や境内に池もあります。

 境内をウロついてると、本堂横の控え室に虚無僧のカッコウした人が座って談笑してます。

 おぉぉ・・時代劇でなくホンマモンの虚無僧やでぇ。三門
 動いとるぞぉ・・生きてるでぇ。!(^^)!

       

 時間が来て本堂で儀式が始まり、一般庶民も中に入っても良かったので、参拝の村の衆と一緒に座り、何が始まるか見ておりました。

 本尊さんの正面に向かって何人かの坊さんが座り、左側に十人余りの虚無僧が座ってます。龍洞池
 あっ、天蓋は被ってまへん。

 坊さんが何人か読経(たぶん般若心経)を始めました。

 今も信心が足りねぇけど、その頃は今よりももっと信心が不足気味だったので、経なんかどおでもええんだが・・

 それよりも虚無僧の尺八を聞きに来たやでぇ・・・と、待ちくたびれてアクビをしかかった時、読経の途中より突然、低い音から始まる尺八の吹奏が加わり始まりました。

 はらっ?!・・・おぉぉぉ!!・・!(^^)! スゲェ〜・・・納経所

 読経と尺八の曲が合わさり、何と言って良いのか表現のしようがわからんような、厳かな雰囲気を出しています。

 読経は更に続けられていますが途中で尺八は止み、またしばらくしてから尺八が加わりを繰り返しています。
 ええですなぁ、初めて聞いたでぇ。

 そのうち坊さんが机の上に置いてある、折り畳み式の経本をバラバラバラッ・・・と扇のように空中に広げながら、怒鳴り声なのか、お経かわからんような言葉を発しながら手元に戻し、それまた「おぉぉぉ・・・!!」と口を空けて見とれながら終わりました。

虚無僧との会話禅洞と中庭

 儀式が終わり、その後で虚無僧が境内を練り歩くというのが有るらしいので待ってました。

 ボケェッ〜と時間つぶしに境内をウロついてると、一人の虚無僧が庭先に出てきたので話しかけてみました。

 
「自分も尺八やってるのだけど、どおしたら虚無僧になれるのか?」と聞いてみると、虚無僧が集まって談笑していた部屋に入れてくれ、おまけに茶まで出してくれました。

 お茶は、ちょっとヌルクて、すでに何度も使った出し殻のような気もしたが・・・

虚無僧曲「蓬莱」

 先程の本堂で吹いてた曲は「蓬莱」という曲の一部を吹いていたのだと言い、都山符のコピーをくれました。中門

 
「ここから、ここまで吹いたんだけど、あんたが家に帰ってこの符を見て吹いても、たぶん曲はわからんじゃろ」と笑いながら言います。

 そおですわなぁ、わかりまへんわなぁ、現代曲とちがうから楽譜を見ただけでは・・・テープかCDでも聞きながらでないと・・・

妙音会

 「妙音会会則」なるものを貰いましてなぁ、

 
虚無僧は趣味の世界でなく仏門(僧職)に入らなければならない。

 この開山忌には、毎年必ず出席しなければならないが、今は世間の事情(仕事上)により、少なくとも3年に一度は出席しないと破門になる。境内

 使用尺八は2尺一寸(だったと思う)。
というような事を説明してくれました。

 仏門ねぇ・・・世捨て人になっちゃうのね。

 σ(*_*)は、まだこの世にたっぷりと、こぼれ落ちんばかりの未練を持ってるしぃ・・・

 これから先もσ(*_*)の知らない、楽しい人生が有り、あんな事もしたいしぃ・・
 こんな事や、いけない事もチョッピリしてみたいしぃ・・・

という夢と希望が広々と横たわり寝そべってるので、まだ仏門に入るには早すぎると思い結局入会しませんでした。

国泰寺の虚無僧歴史と托鉢

 その時に聞いた話しでは、「積翠垣」
 虚無僧は本来どの宗派にもとらわれない。
 国泰寺の虚無僧は武家ではなく、百姓が虚無僧をしていた。

 普化宗が明治時代に弾圧を受けたが、国泰寺は幕府公認の虚無僧寺五十三寺中に含まれていなかったので弾圧されずに今も残った。

 国泰寺は、虚無僧を育成したり取締ったりする虚無僧寺ではなく、北陸を行脚する虚無僧の寄り所・連絡所となっていたようである。

 托鉢時では、乞われて仏前で吹く曲は「手向」「調子」「大和調子」等。奥庭

 「軒下三寸は入れない」「戸が閉まっていても、自分で戸を開けてはいけない」という決まりが有る。

 托鉢してる時に戸が閉まっている家には、珍しがって後ろを付いて来る近所のジャリ共に戸を開けさせた(自分で戸を開けてはいけないから)事もあるという内輪話しをしてくれました。

 托鉢の目的は「その場の空気(空間)を浄化して綺麗にする事と言われている」

十数年後

 それから十数年ぶりに国泰寺へ行き、道を覚えているだろおと思い地図を持って行かなかったら、入る道を完全に忘れっちまってましてなぁ。三重の塔
 トシは取りたくないもんじゃ

 入口の総門が壊れたのか境内に仮移設されており、代わりに普段は入れない勅使門から入れました。

 以前とほとんど変わってまへんでしたが、本堂が工事中なのか青いビニールシートがかかっており、また竹藪の所に竹の塀が有り、そこに丸い円の穴が空いてたのだけど、その竹塀も無くなっていました。

 そおいえば「鶴の巣籠もり(だったかな?)」にまつわる大きい木の根っこが有ったような気がしたが、見当たらなかったなぁ。

 「越中一国観音霊場記 「3 鶴の巣籠」」に関連記事を掲載しましたので、併せて御笑読ください。
                         (2014.2.23)

  前  目次  次     home 
         虚無僧寺関係訪問

虚無僧寺関係 訪問一覧
 由良・興国寺    京都・明暗寺    越後・明暗寺   越中・国泰寺   伊豆・瀧源寺 
 上総・松見寺跡   千葉・虚無僧墓   山口・虚無僧墓    長崎・松寿軒 
 佐賀 劫月院・江月院    博多・一朝軒     うきは市・林棲軒
 尺八関係 一覧
尺八曲目次   「手向」 「阿字観」 「本調」 「心月」 「奥州薩慈」 「三谷」 「産安」
 洋山流  私の所属していた流派です。
 虚無僧旅姿   「塩の道」祭りに参加した時のコスプレです。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  



   無 
無