HOME > 虚無僧寺関係訪問(目次) > 7 千葉・旧山田町大角 虚無僧墓

虚無僧墓 
      
2012.5.22 訪問      2012.5.28 記載
 

千葉・旧山田町「虚無僧墓」

「虚無僧墓」の場所

 今は香取市になっていますが、昔は山田町に「虚無僧の墓」というのが有るらしい。

 しかしネットで調べても詳しい場所がわからず、また紹介されているページもリンク切れしており、これに関する詳しいHPは見つけることができませんでした。

 こおいう場合は、旧山田町役場と思われる「山田区事務所」へ直接訪ねてみるのが一番です。

 区事務所の入り口に入り、一番近くに座ってるネーチャンに、担当の課では無いのは重々承知しているが、そんな事を無視して

 
「あんのおぉ〜・・・、ここら付近に虚無僧の墓があると聞いてきたのですが、どの付近にあるのでしょうか?」
 
「さあぁ〜・・聞いた事無いんですが・・」

 ここで「はぁ〜さようですか、それでは又この次の機会にでも・・」と「さよなら」しちまったら、何しに来たのかわからんので
「観光商工課はどこでしょう?」
 「合併したので観光商工課はありません。」


 あらまあぁ・・、それなら、やっぱり、この辺で「さよなら」を・・と言うワケにもいかんので
 
「それならば、それに代わる課か、またはこの事に詳しい方はいないでしょうか」

 ネーチヤンは、ちと考えて
「地域何とか課の人なら知ってるかもしれないので・・」と言って案内してくれました。

 何とか課の若い職員に、もう一度、虚無僧の墓について聞いてみると
 
「ええっ・・そんなの、有ったかなぁ・・」

 おいおい・・地元の役所の人でさえも知らんのなら、もうお手上げじゃぞおぅ。

 職員は、しばらく腕組みして考え
「あっ、そおいえば、それらしいのが一つ有った。」

 おおぉぉぉ・・・、それじゃあぁ〜・・・良かったあぁ。!(^^)!
 一時は、どうなるかと思ったでぇ。

 「香取 まちしるべ」というパンフレッを持って来て、見ればその地図に、ちゃんと「虚無僧墓」と記載してあり、しかも「返り討ちを悼み刀を供えて祈願」と、ワクワクするような事まで書いてあるでねぇか。

 こんな大事な場所を隠すな、コラッ。(^O^)梵論塚入口

 
「ただねぇ・・」
 
ん?・・ただ・・何なの?・・早く言って・・

 「その場所へ行くには目標物が無いんですよ」


 へっ・・・?

 よくよく聞いてみれば、畑の中に塚があるだけで、目印になるような物は付近には何も無く、ゆっくりと車で、その付近を走りながら探すよりしかたがないらしい。

 塚と言っても、そんなに大きい塚では無く、平坦というか・・何というか、そんなにコンモリしてない。梵論塚を望む・旧山田町・虚無僧墓

 その畑へ行く分かれ道の目印は、自動車修理屋があるから、そこまでは入口への別れ道はわかると思う。

 聞くだけでも、わかりにくい場所なんだから、そりゃあぁ〜・・そのスジの人達が訪ねようとしても、場所がわからんかもしれんわなぁ。

 パンフレットの地図に印を付けて道順を教えてくれ、礼を言って出ました。

 教えられた自動車修理場の分かれ道は、すぐにわかり、その分かれ道をソロソロと進んで行くと、周り一面は広大な畑で、確かに目印となる物は何一つ無い。

 うむうぅ・・コンジョ入れなくちゃ。

 塚らしい物は無いか・・と注意しながら走ったのですが、派出所の有る十字路まで来てしまい、わかりまへん。

 地図を見ると、派出所まで来たらアカン事になってる。

 派出所へ入り、虚無僧墓の場所を尋ねると
 
「はん?・・そんなの有ったかなぁ・・・

 ワアァ〜ァン(T_T)・・そんなこと言わないでよぉ〜
 あぁたぁだけが頼りなのにぃ。(/_;)

 パンフレットの地図を眺め直し・・
 「ああぁぁ・・そおいえば有ったぁなぁ・・草がボウボウに生えている。」

 ここの虚無僧墓は、地元の人達に尋ねても直ぐに一発で答えられなく、必ず一度は「そんなの有ったかなぁ」と言われ、どこだか少し考えないとアカンほど知られていない場所だったのね。梵論塚・虚無僧墓・旧山田町大角

 「ただねぇ・・・目標物というのが無いあぁ・・。」

 ここでも目標物が無いのがネックになっている。

 
「そお言えば、卵屋さんの看板が立っており、その下の草ボウボウの所が、それですよ。

 囲いがしてあって・・ん?高さ?・・腰位の高さかなぁ、この部屋位の広さで・・」


 礼を言って、ソロソロと戻り・・おぉぉ・・看板があったぁ。!(^^)!

 その下は草ボウボウになっとるが、まさかこれ?

虚無僧墓

 その草ボウボウの中に白杭とブロックが積んであるようなので、確かめると、正にオマワリさんが言ったような囲いになってます。虚無僧墓

 で、看板を確かめたら卵屋さんの看板ではなく、ゴルフ場の看板だった。

 卵屋の看板は、もう一つ向こうに有りましたが、だれにでも思い違い・勘違いは有るるので、そこは追求せず、看板の下に有るという事を教えてくれたオマワリさんに深く感謝。

説明看板

 「説明看板」も立っており、内容は下記の通り。

「山田町指定文化財   指定日 昭和56年9月22日
              所在地 山田町大角1579番1

 天保の初年頃、一人の虚無僧が小川村名主高橋家に一夜の宿を乞い、翌日一管の尺八を礼として旅立った。梵論塚

 大街道地先にて目指す敵に出会い切り込んだが、刀が折れ返り討ちになったという。

 里人がこれを手厚く葬り、いつしか信仰に結び、墓前に刀を供え霊を慰める事により願い事が適うと伝えられ、以前は数多くの木刀が供えてあるのがみられた。

 梵論(ぼろ)塚は、虚無僧となって仇討ちをしようとした、当時の社会の一つの行き方を物語るものと考えられる。

 全国的に例の無い貴重な資料で、特異な史跡といわれている。

    平成8年3月    山田町教育委員会

奉納刀

 草ボウボウの囲いの中に入るのは、ちと勇気がいったが、生えてる草を踏みつけ・蹴り倒しながら、まずは中に立ってる白杭を確認。虚無僧墓

 字は、ほとんど読めなかったですが、それでも「虚無僧墓 山田町」と書いてあるようです。

 草むらの中にコンクリブロックが置いてあり、何でこんな所に在るんじゃろ?

 確かめるために、その付近へ向かって草をなぎ倒しながら歩いて行くと、草の下に銀刃や黒鞘のオモチャの刀が5・6本まとめて置いてあります。

 あちゃあぁ・・草で見えなかったから、踏んづけちゃったでぇ。

 それにしても説明看板に書いてある通りに、今も刀が奉納してあったのには驚いた。

 これだけ草ボウボウなのだから、もう刀なんて腐っちまって形も残ってないかと思っていましたが、シッカリした形をしてます。

梵論塚

 そいで先程から気になっていた、コンクリブロック付近の草を引っこ抜いて確認すると、ブロックかと思っていたのは石で「梵論(ぼろ)塚」と彫ってあります。梵論塚

 「虚無僧墓」ではなく「梵論」と書いてあるのが、いかにも歴史を感じさせる。

 一般の人に「虚無僧」と言えば「あぁ〜、あれか・・」と通じますが、「梵論」と言っても「はん?何?それ?・・」と、言われて意味がわかんと思う。

 ずう〜っと昔は虚無僧の事を「梵論」と言われてたんです。

 そこらに固まっている石付近の草を引き抜いて確認すると、全部の石は確認してないが、ほとんど「梵論塚」と彫ってありました。

探索終り

 雨が降っていたので、探索はこれまでにしました。虚無僧墓

 確かに畑の中で目印となる物は何も無く、ただひたすら「山田グリーンゴルフ」の看板を目当てに探してください。

 今は広大なる畑地ですが、たぶん昔は樹木の茂った街道筋だったと思います。

 もしこれを読まれ、この地を訪ねてみようと思われた方へ

 志有れば、せめて雑草の5・6本でも引っこ抜いて、「草ボウボウ」の汚名返上、少しでも整備協力されんことを望みます。
  前  目次  次     home 
        虚無僧寺関係訪問


虚無僧寺関係 訪問一覧
 由良・興国寺    京都・明暗寺    越後・明暗寺   越中・国泰寺   伊豆・瀧源寺 
 上総・松見寺跡   千葉・虚無僧墓   山口・虚無僧墓    長崎・松寿軒 
 佐賀 劫月院・江月院    博多・一朝軒     うきは市・林棲軒
 尺八関係 一覧
尺八曲目次   「手向」 「阿字観」 「本調」 「心月」 「奥州薩慈」 「三谷」 「産安」
 洋山流  私の所属していた流派です。
 虚無僧旅姿   「塩の道」祭りに参加した時のコスプレです。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  



   無 
無