HOME > 虚無僧寺関係訪問(目次) > 10 大牟田市  劫月院
                             柳川市   江月院


               佐賀 虚無僧 江月院 柳川市 
      2015.9.29 訪問   2015.10.16 掲載
 

「劫月院」と「江月院」

劫月院

 「劫月院」へ行くのに旧三池街道は県道を通りましたが、もんのすごく狭く、車の離合にも難しいような狭さでした。

 そんな街道筋から、おおかたこの辺だろお・・と、思って調べていた横道へ入ると有りました。

 何が有ったか・・というと、民家の片隅に家賃も払わずに間借りしている、寂れた堂・・と言うか、屋根だけが有る地蔵さんの置き場所と言って良いのか・・・。

 普通の人ならば、ゴミステーションと見間違うかもしれんような雰囲気です。

   虚無僧 劫月院 大牟田   劫月院・虚無僧寺跡地・佐賀   劫月院・虚無僧寺跡地・佐賀
         劫月院の看板・虚無僧寺跡地

 しかし壁には「大間劫月院跡の石造遺物」と題した看板が掛かっており、だいぶ錆びてたが読めます。劫月院・虚無僧寺跡地・佐賀劫月院・虚無僧寺跡地・佐賀
 堂内?には石碑や地蔵さんが並んでいます。

 石碑の一つに、よぉ〜読めないが「・・・龍集・・秋ハ月 ・・・劫月・・敬白」と彫ってあり、一応「月」という漢字が含まれてるので「劫月院」に関係の有るのじゃろうか?。

 だれか、カシコイ人・・・読んで教えてね。

 と思ったが、ネットで探すと「龍集壬申秋八月彼岸日 劫月院住持裕閔敬白」と彫って有るらしく、こんな難しく欠けた字を、よぉ〜読めたなぁ。(^O^)

 で・・ここの地蔵さんは、「劫月院」が柳川へ移った時に、夜中に泣くので元に戻した物らしく、「大牟田・三池のよかばんも!」の「夜泣き石」というブログに掲載されてましたので、詳しくは、そちらをご覧ください。

江月院

 下調べの時、古地図で「江月院」の場所を「Google地図」に当てはめて見ました。

         江月院の地図・虚無僧寺跡地

 住宅が建っていなく、そこだけ草地になっている所だと思い、何か残ってるか?・・と思って行ってみましたが、なあぁ〜も無い・・。

 真ん中付近に、樹木が数本生えてるだけです。江月院の跡地と思った場所・虚無僧寺跡地

 古地図を見ると、どうしても位置関係といい・・敷地広さといい・・「江月院」が有った場所はここだと思うのだが・・・違うのかなぁ。(古地図の「江月院」箇所を参照願います

 ネットには、「石碑が有る」と書いてありましたが見当たらん。

 他を探そうとグルッとそこらを一回りすると、「沖橋」川沿いの住宅隅にチッコイ堂が有り、松の陰に石碑がありました。

 ワッハハハハッ・・こいつめ・・こんな所に隠れおってぇ・・(^O^)
 車を降りて、さっき歩いた所じゃねぇかぁ。

 その時は、草地が「江月院」跡地だとばっかり思っていたので、この堂には見向きもしませんでした。

 しかも植えてある松の枝葉が伸び過ぎて、ちょうど石碑が隠れるようなっており見えなかったのです。

 だれか、見えるように手入れしてね。

  江月院・虚無僧寺跡地・佐賀    江月院・虚無僧寺跡地・佐賀    江月院・虚無僧寺跡地・佐賀

 前 目次  次   home 
        虚無僧寺関係

虚無僧寺関係 訪問一覧
 由良・興国寺    京都・明暗寺    越後・明暗寺   越中・国泰寺   伊豆・瀧源寺 
 上総・松見寺跡   千葉・虚無僧墓   山口・虚無僧墓    長崎・松寿軒 
 佐賀 劫月院・江月院    博多・一朝軒     うきは市・林棲軒
 尺八関係 一覧
尺八曲目次   「手向」 「阿字観」 「本調」 「心月」 「奥州薩慈」 「三谷」 「産安」
 洋山流  私の所属していた流派です。
 虚無僧旅姿   「塩の道」祭りに参加した時のコスプレです。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  



   無 
無