HOME  > 「西国33観音霊場」目次  >  48 鶴 居


 西国三十三観音霊場記     「鶴居」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文       遍照の響き
       「西国33観音霊場」紀行文(20番~27番)  地図
       巡礼日 2016.5.31     掲載日 2017.1.3


鶴居へ向かって

「田口」集落

 「田口」集落の赤い橋を渡り、地図には「民家の前を通る」と書いてあるので行くと、家の前で舗装が切れて行き止まり状態。「田口」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 やっぱり民家の敷地なのか、道路かわからん所を通るのは気が引けますねぇ。

 舗装道路の先は地道になっていたので、行けるとは思ったが、どこかの山の中へ入り込む道かもしれんしぃ・・と思いながら行くと、すぐ近くにアンチャンが居ました。

 「この道は巡礼道ですか?」と聞いてみると「そおです」と関西なまりで教えてくれ、おぉぉ・・そお言えばこの辺は関西だった。

 「田口」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文  「田口」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文  「田口」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 教えてもらった道を行くと、けっこう道はしっかりしており、やがて車道に出ました。

「奥」集落

 「田口」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文    「田口」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文    一休み、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 小さい峠を越えると神社が有り、そこで一休み。

 「奥」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文  「奥」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文  「奥」集落、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 「奥」集落に入り、「蓮泉寺」の看板と壊れかけたような道標が有るT字路を行くと、やがて正面に道標がある分かれ道に来ました。

 ここら付近は地図にも詳しく記載してないので、どの方向へ行けば良いのか迷いましたが、地図方向から左だと思っていくと正解で、目標にした「蓮泉寺」付近の溜池に出ました。

    「奥」集落、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文            「蓮泉寺」付近の溜池、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

大谷神社

 しかし「蓮泉寺」付近の集落で、その先がわからん・・・。獣除柵内の道、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 ふと見れば山際に獣除柵があり、そこに緑の矢印が有ったので、そか・・この柵の中へ入っていけば良いのか・・・

 入口には「大谷古墳」の説明看板もあり、よっしゃあぁ、ついでに見ていこ・・

 柵内の道は水気が有って泥濘でおり、おまけに古墳がどこに有るかわからず、そのうち大きな神社前に出たので一休み。大谷神社、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 神社周囲にも広範囲に獣除柵が張り巡らしてあり、よっぽどイノシシか何かの獣害が多いのでしょう。

 出発して柵を出ると「大谷神社」石標があり、やはり道を間違えたらしく、あのまま人家の有る道を行けば良かったようだが、結果的には同じ場所に来たのだから良しとしよう。

鶴居駅

 そこから平野橋への旧道はわかっていましたが、どうせ県道に出るので、そのまま県道を歩き鶴居駅へ向かって歩きました。

 ところが、あぁたぁ・・・鶴居駅付近で汽車が発車する踏切の警告音が聞こえ、あちゃあぁぁ・・今から走っても間に合わんなぁ。

 はい・・落ち着いて騒がずに鶴居駅へ行き、次の汽車が来るまで1時間ほどボオッ~と待ちました。

      鶴居へ向かって、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文           鶴居駅、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

        前      目次       
      歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文
   遍路・巡礼用品、西国33観音霊場記                          ホーム

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無