HOME  > 「西国33観音霊場」目次  >  49 銀の馬車道


 西国三十三観音霊場記     かんざき大黒茶屋、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文       遍照の響き
       「西国33観音霊場」紀行文(20番~27番)  地図
       巡礼日 2016.6.1     掲載日 2017.1.6


立壁大師と「銀の馬車道」

市川

 朝、汽車で鶴居駅へ行くと、プラットホームに居る高校生達がジロジロ見て行きます。

 たぶん小汚いジジイが、笠と杖持ってるので珍しかったのだろう。

 「市川」沿い、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文  「美佐」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文  市川、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 鶴居駅から「市川」沿いに歩き、「沢橋」を渡って交通量の多い国道に出ました。

 「市川北ランプ」の信号が、なかなか切り変わらず、よっぽど渡ってやろかと思った。

立壁大師立壁大師・入口、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 国道を渡って、すぐ山側にピンク色の柵があり、色具合から判断すると何かアヤシイ建物でも有るのかと思ったら「立壁大師」と書いてありました。

 ふうぅ~ん・・新興宗教団体かな・・と、あくまでピンク色から判断。

 立て看板が有り、「厨子・1779年」は「石灯籠・1821年」の歴史モンだと書いてあります。立壁大師、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 越後屋はこの「立壁大師」には気づかずトットと先に行っており、呼び戻すには遠すぎるので、一人で見に行きました。

 それほどの歴史が有るなら見てこようと、少し参道を上がるとチッコイ堂が有り、地元の人が手入れをしているようでキレイにしてありました。

 後で「立壁大師」の事を越後屋に教えてやると、やっぱり全然気づかなかったらしい。

「銀の馬車道」通り

歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文  福本遺跡、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文   「福本」入口・銀の馬車道、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 国道をテクテク歩き、「福本」入口付近に「橋塚稲荷」と書いてある近くで一休み、離れていたので神社まで行きませんでした。福本・銀の馬車道、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 「福本」旧道へ入ると「銀の馬車道」で売り出してるようで、この先々にも看板が出ていました。

 自分の故郷には「白馬車」という大きいキャバレーが有ったので、てっきりそのタグイかと思ったが違うよおで、「馬車」と名付くと、どうもキャバレーを連想しちまう。

 知らなかったのですが「銀の馬車道」は、「生野」の銀を運んだ事から名付けた道らしい。

 町の中に「福本藩陣屋 南惣門」の看板が出てましたが、これもやっぱり離れていたので見に行きませんでした。
      福本・銀の馬車道・道標、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文               福本・越知川・銀の馬車道、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

タンポポ街道

 「福本」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文  「福本」付近・いぼ地蔵尊、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文  「吉富」付近、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 「吉富」で国道を横切った後、どの道で右に曲がれば良いのかわからず、最初の曲がり道で火の見櫓が見えます。「吉富」付近・タンポポ街道、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 火の見櫓つうもんは、たいてい村の中心地にあるのでその道を行ってみました。

 のどかな道を行き、小さい黄色のタンポポが一杯咲いてます。

 そのままタンポポ街道を進みましたが、西国霊場を標識である頼りの「赤矢印マーク」が見えません。

 地図を見ると、もうすこし左側の道で播丹連絡道路を越えなければアカンようでしたが、わざわざ遠回りするように街道を作るじゃろうか?かんざき大黒茶屋、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

かんざき大黒茶屋

 どうせ同じ所に出るので、かまわずタンポポ街道を進むと、珍しく茅葺き屋根が見えます。

 近寄ってみると「かんざき大黒茶屋」と書いてあり一休み。

 店に「あたり前田のクラッカー」が一袋130円で売ってたので非常食用に買い、ついでに割れた煎餅「ワレセン」が350円で売ってたのでそれも買いました。かんざき大黒茶屋、歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文

 店の主人が寿司も安くするから買わないかと言ったが、既に昼飯用の食料を買い込んでいたので断りました。

 有るとわかってたら買ったのになぁ。

 ところで何で「大黒」と名づいてるのか、わかりまへんでしたが、茶店の側に俵が縦に伸びており、その上に大黒さんがシンボルとして立っていたので、それでだったのね。

       歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文、前へ      歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文、目次へ     歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文、次へ  
             歩き巡礼「西国33観音霊場」紀行文
   遍路・巡礼用品、西国33観音霊場記                          遍照の響きホームへ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無