HOME > 「西国霊場」目次 > 37 菩提山

   西国三十三観音霊場記  西国霊場 菩提山  遍照の響き
    「西国33観音」霊場(20番〜27番) 地図
    巡礼日 2015.5.18   掲載日 2015.9.24
ライン

菩提山裏参道

裏参道へ

 車道とは違う「花山院菩提寺」への裏参道が有ると、ネットで下調べしてます。

 情報では民家の側を行くようなことが書いてあったので、地図を見ながら山沿いと思われる道を行きました。

 「尼寺」集落   尼寺集落より・西国33観音   花山院裏参道入口・西国33観音

 最後の民家の所で三方向への道があり、越後屋が
「どの道を行くの?」と待っており、これも民家の側を行く、真ん中の道を行けば良いのをネット情報で調べ済み。

 地図通りにタンボや溜め池が有り、最後の池を少し過ぎた所で工事をしており、そこから左の道へ入りました。

不動尊堂

 思ったよりも道幅が広く、不動尊の堂があり、ここまでが正解の道だったのでホッとした。

 花山院裏参道・不動尊堂・西国33観音  花山院裏参道・西国33観音  菩提山の道・西国33観音

 さすがネットの情報力、しかし何故か西国三十三観音霊場関係の地図本には掲載されてません。花山院裏参道・西国33観音

 「不動尊堂」前の道を少し行った所からの山道がひどかった。

 後でネットで調べると、間違った道だとわかりましたが、この時はまだ裏参道だと信じてました。

 裏参道は倒木で谷を塞いだような所から、直角に左へ行くのが正解だったようです

道無き道

 谷沢では・・と思うような道で、道も細くなって倒木が有り、石もゴロゴロしている。西国霊場 花山院 裏参道

 あまりにも沢のような雰囲気なので、振り返ってみると、左方向の離れた所に道かな?・・と思えるものが見えました。

 引き返して確かめようかと思ったが、越後屋が木に掴まりながら10mほど先を苦労しながら上ってます。

 菩提山への道・西国33観音  菩提山への道・西国33観音  菩提山への道・西国33観音

 ううむぅぅ・・せっかく苦労して、あそこまで上ってるのに、呼び戻すのもカワイソーだし、地図を見ると破線のT字路の分かれ道がこの先に有ると思ったので、そのまま上りました。
菩提山への道・西国33観音
 やがて、さすがに越後屋も、これはオカシイと思い始め
「この道が正解なのか疑問だ。」と言います。

 先程、裏参道の道らしいものが有った・・と言おうかと思った時に、目の前にある木に赤布が結んで有るのに気付きました。

 そおいえば、先ほども赤布が有ったような気がするなぁ・・・
 その先の樹木間からも、赤布が点々と見えます。

 山登りでは「道無き道」を行く時に、ルートを示すため先駆者が布やテープを目印に取付てくれる事が多いのです。菩提山への道・西国33観音

 赤布の点々を見て、これはやっぱり寺へ行く裏参道だと思い、先程の横道は気のせい・・という事にして、越後屋に
「赤布を目印にして行け」と、エラソーに指示しました。

 ホンマは、ドエレエ間違いだったのだけど・・

尾根にて

 赤布を頼りにして行くと、少し道らしい雰囲気の所も有りましたが、尾根付近で、あちこちに赤布・ピンクテープが付けてあり、どの方向へ行けば良いのかわからん。菩提山への道・西国33観音

 とにかく尾根まで上がってみると、「花山院へ」と書いた紙にパウチで保護した紙が板に貼ってありました。(一番上の写真)

 おぉぉ!!・・だれも来ない道と思ってたけれど、ここまで来た人が居たのか・・と、しばし感激。

 尾根伝いにも赤布が点々と有るので、ここが地図上でのT字路と思いました
 (ホンマは間違ってたのだけれど・・。)

 尾根伝いに下る道を、越後屋が偵察した結果
「途中で道が無くなっている」と言う。菩提山尾根・パウチの標識・西国33観音

 
「それじゃ、本官が調査してみる」と確かめに行くと、越後屋が言った場所よりも、けっこう赤布が点々・・と続いており、帰り道の予定は尾根伝いに「小野」集落へ行くつもりにしてたので、何とかなるなと思った。

 「バウチ」標識の所まで戻り、花山院の有る山頂方向には「鳥獣保護区」の看板と共に赤布・ピンクテープの目印が付いてます。菩提山への急斜面・西国33観音

 山斜面はさらに勾配がキツクなり、以前に霊場巡りした国東半島の「両子山・奥の院」より、山頂を目指した時と、雰囲気がよぉ〜似ています。

 あの時は道筋にロープが有り、まだ分かり易かったが、ここはホンマに分かり難かった。

 こんなキツイ裏参道ならば、人が来なくて廃れるのも仕方がないわなぁ。菩提山の急斜面・西国33観音

 木の根っこで、履いてたツッカケが外れ落ちたので、取りに戻ったりしちゃうしぃ・・

 コンジョナシだから、こんなキツイ道を引き返すよりも、花山院に着いたら楽チンな車道を歩いて帰る事に方針を変更した。

山頂

 ヒーコラ言いながら、やっと山頂付近に着いたと思ったら札所の寺は無く、「菩提山」三角点近くの木に、赤・ピンクテープと共に「何とか探検隊」の看板も有ります。

 「何とか探検隊」が赤・ピンクテープを付けてくれたのだろうか。

 これが無かったら、絶対に迷っていただろうと思う。
 ありがたいこってす。

    菩提山頂の赤テープ・西国33観音      菩提山の三角点・西国33観音

           前 目次  次 
              西国33観音霊場記  
     遍路・巡礼用品、西国33観音霊場記              ホームヘ
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲     虚無僧寺訪問    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

   無 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 
 無  商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。