HOME < 秩父霊場記 <4 石仏群  (4番 金昌寺)

      尺八を携え歩いた秩父観音34箇所霊場  H18.5.20 UP
     秩父観音霊場 徒歩地図−1
     「秩父観音霊場34ケ所案内図」(秩父札所連合会)


4番札所「金昌寺」の石仏群

石仏群金昌寺 入口

 4番「金昌寺」は人家の前を通る小道を行くと、でっかいワラジが掛かった山門が見えて来ます。

 どうせ、そこらの寺とあんまり変わらないだろう・・と思って境内に入ったら・・それが、あぁたぁ・・石仏がワンサと置いてあり、それが半端の数じゃないんです。

 そお言えばインターネットで事前調査した時に「石仏が、たくさん置いてある寺」と紹介されてるのを見たのが、この寺だったのね。

 本堂へ行く参道にも石仏が、ズウ〜〜ラァッッ〜ッッッ〜〜・・・・境内 石仏群

 で、σ(*_*)がわかる石仏は大日如来だけで、後は何の仏さんか、よぉ〜わからん。

 ここへ来るまでの寺では、ほとんど参拝客がいなかったのに、この寺だけは参拝客?が大勢ウロウロしています。

 アンサン達、どこから沸いて出たんじゃ・・ちゅう感じで・・・

 やっぱし、これだけ石仏があったら、珍しさも有り観光資源としても一見の価値が有るんでしょうねぇ。

 観光バスも、そおいう所だけを選んで来るのかもしれまへん。

本堂参道 石仏群

 本堂へ行くと幾つかのグループが、堂内や境内のあちこちをウロついてます。
 (ちなみにとゃ真の本堂・右下に見える笠が、σ(*_*)らの笠です)

 弱ったなぁ、これだけ人がウロついてる前で尺八を吹かにゃアカンのかぁ。

 こんなに人が居るのは西国霊場の「清水寺」以来やなぁ、人が減るのをしばし待つか・・

 本堂横に有る「乳飲み子を抱いた観音様?」を見て、江戸時代の作にしては現代的雰囲気な顔をしてるなぁ・・と思いながら眺め・・・金昌寺 本堂

 境内の欠けて古びた石仏を眺めながら、参拝客が早くどっかへ行かねぇかなぁ・・と念じつつ・・・

 しばらく待ちましたが、次から次へと人が来ます。

 待っていてもしょうがねぇ・・と、あきらめ準備して堂前に立ち、尺八を吹き始めると、周囲から散発的にフラッシュの光を感じます。

 やっぱりなぁ・・まぁ・・しょがねぇわなぁ・・・乳飲み子を抱いた観音様

 なんちゅうても、あんまり人がやらん、珍しい事やってるんだから・・

 σ(*_*)でも珍しい事やってるモンが居たら、すかさず遠慮せんとカメラに撮っちゃうわなぁ。

 後で越後屋が言うには、たくさん居たグループの中で、一つのグループだけが最後まで聞いてくれてたそおです。

奥の院

 本堂横より上がる道に「奥の院」と書いてある看板があり、すぐ近くに屋根が見えたので、それだと思って行ってみたら違う堂でした。金昌寺 「奥の院」への途中

 そのまま少し山道を行くと、道端の山陰に石仏が数体あり・・ここかな?と思いましたが「奥の院」にしては、少し貧弱なような気がします。

 さらに少し歩くと岩陰に石仏が置いてあり、しかも「弘法大師」と書いた木札も立っているので、これが「奥の院」なのでしょう。

 ここでも一曲吹きましたが、さすがにここまでは余り人が来なく、雰囲気的に静かな山中で吹いてる感じでした。金昌寺「奥の院」

 さらに石仏が所々に置いてある山道を歩いて行くと、元の参道へ降りて一巡できました。

 帰る時に気が付きましたが、山門の上の部分にまで、たくさん石仏が置いてあり、よっぼど置く場所に困ったんでしょうなぁ。

 秋に来ると、紅葉が良く似合う場所だと思います。

   「奥の院」からの山道  金昌寺 参道
          目次 次 
           秩父34観音霊場記 
     遍路・巡礼用具、秩父34観音霊場記        ホーム 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

   無 
無