HOME < 秩父霊場記 <18 巡礼坂

        尺八を携え歩いた秩父霊場札所巡礼記  H18.8.26 UP
     「秩父観音霊場34ケ所案内図」(秩父札所連合会)
     「荒川西岸江戸巡礼古道地図(19番〜25番)」
  

巡礼坂

荒川西岸江戸巡礼古道

 法泉寺からは表参道である階段を下りずに、寺へ入って来た先程の道へ戻り、その道を続けて歩きました。法泉寺からの坂道

 何で?って・・・そこの入口に「荒川西岸江戸巡礼古道」という看板を見つけていたので、何が何でも、どうしてもこうしても、無理してでも古道を歩いてみたかったもんだから・・・

 でも、表参道の階段から上がって来たら、この古道への道がわからなかったかもしれない。

 寺からの道は、いきなり急坂の舗装道路で・・・ヒーコラ言いながら歩いきました。江戸巡礼古道 久那道

酒蔵資料館

 農道か山道か、わからん道を歩いてると突然「酒蔵資料館」の横に出ました。

 ここらで一休みしたかったのですが、広い駐車場を突き切って館内へ行くのもシンドイし・・酒も飲めないのにワザワザ行ってみたけれど入館料取られちゃったぁ・・だと、イヤなので横目で見ながらパス。

地図を信じて

 「酒蔵資料館」前の大きい車道に出る付近に案内看板が有り、次の久昌寺への行くには車道を左へ降りるように書いてあります。

 しかし、地図では「荒川西岸江戸巡礼古道」を歩くのならば、右の上がり坂を行くようになっています。

 お日様が照り輝く、このクソ暑い最中、どっちへ行って良いか地図と看板を見比べながら、一生懸命に頭がオーバヒートするほど考えていると、越後屋が久那道

 「どっちへ行くがねぇ・・早う決めて・・・暑いのにぃ・・うだうだ・・グズグズ・・・・」

 うるせぇ、今、汗水垂らして熱中症で倒れちまうのでないかと思うほど迷ってるんじゃろがぁ・・ちっとは、オマエも知恵熱を出すくらい悩め。!!

 迷っても結論が出ないので、今までの勘と地図を信じて右の上がり坂へ行く事にしました。

 江戸西岸巡礼古道 久那道 江戸巡礼古道 久那道より武甲山を望む 巡礼坂 付近

 ところが、畦道みたいのを少し歩いて車道へ入る寸前に、やっぱし板切れのような看板「久昌寺」と書いた上に「×印」が着いてます。

 なんじゃ、こりゃあぁ〜?・・・・
 どおしても、下へ降りる道へ行かせたいのやなぁ・・・・江戸巡礼古道 久那道
 しかし、地図には上の道へ上がる事になっとるぞぉ・・・

 越後屋が、また自分では何も考えず、全て他人まかせに
「どおするがぁ・・・どおするのぉ・・ぐずぐず・・」と言い始めます。

 ええぃぃぃぃ〜、じゃかしいわい!!

 このクソ暑いのに、ガンガン燃えてる焚き火に、さらに薪を放り込んで燃えさかるように、暑くなるようなイライラする事をワザと言いおって、ウットオシイぃ!!

 ここは、やっぱし地図を信じて上へ登る車道を行きました。

赤い幟旗

 大きいカーブを曲がった所に、おぉぉ・・あの「南無観世音菩薩」の赤い旗が立っており、そこから山道へ入る箇所を示しているでねえか。!(^^)!五百沢

 ほれ見ろ・・σ(*_*)の勘が当たってたぞおぉぉぉ〜。(^O^)ダハハハ・・・

 山道を降り、農道やら車道をテクテク・・・
 山肌を削られた武甲山が間近に見えます。

巡礼坂江戸巡礼古道 久那道

 かなり歩いた所の車道脇に見晴台が有り、そこに古道の案内看板と地図がありました。

 それを読んで見ると、今降りて来た車道は「巡礼坂」というハイカラな名前が付いてるようでんなぁ。

 そいで、さらに読み進めると・・・

 
「今、歩いて来た車道は、途中より古道が崖崩れで通れなくなったので、その箇所より車道を経て大回りして、ここに至るようにしており・・・」

 はらあぁぁ〜・・それで酒蔵資料館付近の看板は、どおしても下の道へ行かせようとしてたのね。江戸巡礼古道 久那道より武甲山を望む

 それなら、理由を書いて「遠回りになりまっせぇ・・」と、チラッとでも書いて有れば良く、あんなクソ暑い中を迷い悩まんでも、えかったのにぃ。

 しかし、その説明板を見た越後屋が怒ること・・ワメクこと・・

 
「ほれ見たことか、やっぱし最初の所で道を、下へ向かって行けば良かったのにぃ・・・ギャァ・ギャァァァ〜〜・・・」
 ええい、じゃかぁしい、・・おまえは、カラスか・・・

 「遠回りして損した、損した・・・・ワン・ワン・キャン・キャン・・・」江戸巡礼古道 久那道
 うるせぇ、おまえは、犬か・・・

 あぁぁ〜・・σ(*_*)は、貝になりたい・・・
 だれも来ない・・深い海の底に沈む、貝になりたい・・・

 はい、はい・・・・すいまへん・・・

 町のポストが赤いのも、、みぃ〜んな、みんなぁ、アタイが悪いんです。(T_T)

       目次 次
          秩父34観音霊場記
        遍路・巡礼用品、秩父34観音霊場記     ホーム
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

   無 
無