HOME < 秩父霊場記 <22 護国観音    護国観音・大渕寺

     尺八を携え歩いた秩父34観音霊場札所巡礼記  H18.9.24 UP
   秩父観音霊場徒歩地図−3
    「秩父観音霊場34ケ所案内図」(秩父札所連合会)


「護国観音」霊験記

護国観音へ「岩井堂」よりの尾根道

 次の27番「大渕寺」へ向かって尾根伝いの道を歩きましたが、これもけっこうキツカッタなぁ。

 途中に「護国観音」という看板が有り、矢印の方向を見ると、岩から鎖が垂れ下がっておりそれを伝って登って行くようです。

 歩いて行ける所なら、ちょいと寄ってみようかという気になったのですが、鎖が垂れ下がってるのを見ると登るのがメンドウだなと思い、あんまり行く気がしまへん。

 しかし、たぶんもう二度と来る機会は無いだろおと思い直し、笠と杖を看板付近に置いて鎖を伝って行ってみました。

   「岩井堂」よりの尾根道   護国観音 鎖場   護国観音

護国観音からの眺め

 岩場の頂上には、デッカイ観音さんが手を上げて立っており、その台座には何でかわかりまへんが、カエルの置物が置いてあります。護国観音より秩父市街を展望

 ここからの眺めは、もんのスゴク良く、秩父の市内が一望できて・・しばし休憩。

 ところで、ここから先にも道が有り、歩いて来た尾根道へ通じてるようで、そぉだと判っていたら笠と杖を持って来たのにぃ。

 越後屋の
「ほれみた事か、あれほど杖と笠を持って行こうと言ったのにぃ〜・・」と後ろからブツブツ言う声を聞きながら、サミシイ思いをして元の鎖場へ戻りました。

大渕寺大渕寺

 大渕寺の裏山から境内へ入るようになっており、途中に「カタクリの群生地」という看板が建っていましたが季節じゃないので咲いてまへん。

 大渕寺に到着して境内を一眺めすると、敷地の一端に四角い石が置いてあります。

  大渕寺 観音堂   大渕寺 境内   大渕寺 正門

拝石護国観音を拝する拝石

 なんじゃ?・・下水用溜升の蓋か?・・・無粋じゃのおぅ。
 もおちっと、わからんように隠しておけばええのに・・

 せっかくキレイに整備されとる敷地なんだから、設計者は何考えとるんじゃ。

 参拝してる時に、ふとその場所が思い出され・・ヒョットしたらと思い、参拝後にその溜升の蓋の所へ行ってみました。拝石より護国観音を望む

 そしたらそれが、あぁたぁ・・・

 その四角い石の上に立つと、先程の山頂に立っていた護国観音がシッカリ見えるように、山の斜面を一直線に樹木が、ガアッーと伐採してあります。

 別に、どうしても・こうしても、無理してそこに立たんでも、その付近に立てばええんだけれど・・

 はりゃあぁ・・・来て見るもんだわなぁ。
 気付かなかったら、そのまま次の寺へ行ってたやろなぁ。

「平成護国観音霊験記 (捏造歪曲創作物語)」

 平成の昔、どうしょうもねぇ、欲深き信心の足りんモンあり。

 このモノ、観音堂にて尺八吹奏瞑想参拝時、にわかに尊き香気漂ひ、五色の光と共に護国観音が輝き表れ教えたまふ。

 
「今は昔、この観音堂は汝が先程鎖場を登りて、カエルの置物が有った岩場に有り。

 そおじゃ、汝同行愚妻が、シノゴノと文句垂れ、汝がサミシイ思いをした所じゃ。

 しかるに今さら再び山頂に戻りて、我を拝しようにも、汝コンジョ無しだから、よぉ〜行かぬであろう。大渕寺 敷地

 また同行愚妻は再び文句を垂れるであろう。
 ここに憐れみを持ち、山麓より我を拝す場所を指し示す。」


 信心の足りんモン、驚愕うろたえ慌てふためき、腰を抜かしながら、お告げの場所を探し求む。


 
境内に、小汚ねぇ下水蓋と思し召す箇所、人知れず秘かに有り。

 疑ひつつ、その場所に立ち、山の頂いざ見れば、尊き護国観音、静かに立ち見下ろしたまふ。


 信心足りんモン、この霊験に恐れおののき、ひれ伏して拝み、この喜びを同行愚妻に伝へ、共に信心の道を歩もふと大声にて呼び寄せる。大渕寺 奉納額

 同行愚妻、「アホが何をワメイとるんじゃ」と木椅子にて寄りかかり休みて、立ち上がろうともせず。

 信心足りんモン、その態度に激怒落涙するも、己の今までの罪を反省し、大いなる慈悲心を発心、叱る事なく今度はネコナデ声で再度呼び寄せる。


 
同行愚妻、ウルサく言ふので、しかたなくその巨体を動かし来たりて、山頂を眺めるも、鼻先で「フウ〜ン」と言ひて感涙にむせぶ事無く、再び木椅子にトットと戻りて、ゴロリと休む。

 信心足りんモン、この態度に再びサミシク落涙するも、以後も反省努力しつつ巡礼遍路として、いずことなく旅立つと伝ふ。

 ええっとおぉぉ・・あのおぉぅ・・
 この霊験記を信じたり、他人に言い触らしたりしないでね。

        目次 次
           秩父34観音霊場記
      遍路・巡礼用品、秩父34観音霊場記       ホーム 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

   無 
無