HOME < 秩父霊場記 <25 巡礼只一人    法雲寺

     尺八を携え歩いた秩父観音34霊場巡礼記 H18.10.14 UP
     秩父観音霊場徒歩地図−3
      「秩父観音霊場34ケ所案内図」(秩父札所連合会)


巡礼只一人法雲寺へ向かって

法雲寺

 白久駅から「法雲寺」の有る山に向かって、あんまり車の通らない、なだらかな坂道を、テクテク・・

 1km程度の距離なんですが、坂道のためか、えらく遠くに感じます。

 山の中腹付近に「法雲寺」が有り、庭園は山の斜面を利用して造築され、前面には池を配した落ち着いた寺でした。
 法雲寺 入口  法雲寺 庭園  法雲寺 本堂への階段

足下注意の「小さい蛙」

 本堂に上がる階段を上った所に「足下注意」という看板が有ります。庭園

 別に飛び出た石も無く、転んでケガするような境内でも無いし、歩くのに不自由さを感じるような場所は見当たりまへん。

 何を注意しろと言うんかいなぁ?・・と思いながら、看板に書いて有る注意書きにダマされたつもりで、ふと足下を見ると・・・・

 おぉぉぉ・・・!!
 な・・なあぁ〜ぁん〜とおぉぉぉ〜〜そこには・・!!
 皆の衆、驚くでねぇぞ。法雲寺 本堂

 100円玉が偶然そこに落ちており、喜んで拾いあげて、黙ってポッポにナイナイしちまった。(^O^)タハハハ・・・

 いんやぁ違う・・そおいう場合は、ちゃんとお賽銭箱にでも入れておかないとね、σ(*_*)正直な人間だから・・・。

 そこに犬の糞が落ちており、もう少しで踏んづける所じゃった、危なかったなぁ・・・・

 ええい、そうじゃねぇ・・・そんなモン落ちてたんじゃねぇ。

 そこには美女の亡霊のようなモンが浮き彫りにされており、微笑みながらウィンクしてた・・・

 違うちゅうとるのにいぃ・・、そんなウレシイモンだったら、喜んで写真に撮ってやるわい。小さい蛙

 と・・くだらん事を言ってると飽きられるから、話しを戻して・・・

 そこには・・黒いアリさんが所々に居るでねぇか!!

 しかし、アリさん位なら珍しくも何とも無く、今までにも気付かずに何匹も踏み付けてたじゃろなぁ・・なんちゅう罪深い事をした事か・・・ナムナムナムナム・・・

 と思いながら、さらに良く見ると、そりはアリさんではなく、小さい蛙の形をしとります。

 えっ!?・・おい、生きとるんか?・・と思って見ていると、ピョコピョコ動くでねぇか!!1円玉と蛙の比較

 こんな鉛筆の芯みたい小さい蛙を今までに見た事がなく、天然記念物にでもなってるんやろか?

 これは「足下注意」の看板が無かったら、知らずに蛙さんを踏んづけて行ったかもしれまへんわなぁ。

 ちなみに越後屋は、教えてやるまで知らなかったそおで、たぶん踏んづけて行ったと思う、カワイソーな事をするヤツじゃ。

 しかし、ここに来る参拝客のどれだけの人が、この看板通りに足下を注意して、このチッコイ蛙に気遣いながら歩いてくれるじゃろうか?

寺宝法雲寺・寺宝展示

 この寺には寺宝が有り、本堂脇のガラス戸越しにタダで見れます。

 ええですなぁ・・今時の寺は拝観料やら、寺宝で見物料を取って、ガッポリ儲けようとしとるのに・・

 寺宝には「楊貴妃の鏡」「天狗の爪」「龍の骨」というのが有り、曰く因縁付きの、それはそれは珍しいもんです。

 ホンマかどうか、わからんが・・・
 龍の骨 天狗の爪 楊貴妃の鏡 

古い巡礼札

 そのガラス戸の寺宝と共に、昔の古い巡礼札が展示されてました。天文5年の巡礼札

 昔の巡礼札は大きかったんですなぁ、こんなのを担いで巡礼しとったんでしょうかねぇ。

 今なら薄い紙切れ一枚で済むのですが・・・・
巡礼只一人
 読んでみると「天文五年(1536) 何とか、かんとか・・・西国坂東秩父百ケ所巡礼只一人」と書いて有ります。

 ふうむぅぅぅ・・・四国霊場なら「遍路」と言い「同行二人」と書くのですが、昔は観音霊場巡りを「巡礼」と言い、ありのまま「只一人」と書いたんやねぇ。

 この「只一人」という字句を見た瞬間、なぜか西国霊場を歩き巡った時(まだ途中ですが)の風景が目に浮かびました。

 昔は今と違ってコンビニとか民宿等が、そこらに無いので、σ(*_*)が歩いた以上にもっとキツくて難渋した事と思います。法雲寺付近

 しかもたった一人で気の遠くなるような遠距離を巡礼をし、途中で泣きたい位に、つらくて寂しく、心細い思いもした事と思う。

 ちなみに「越後三十三観音霊場」を巡った時は、自分一人で巡ったので、この「只一人」の語句がもんのすごく気に入ったので題名に併用しました。

 時間に余裕が有り、人も来ないようなので、本堂でしばらく小雨に煙る庭園を眺めながら、尺八を吹いていました。

        目次  次
           秩父34観音霊場記
      遍路・巡礼用品、秩父34観音霊場記        ホーム 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

   無 
無