HOME < 秩父霊場記 <28 東奥の院   (観音院)

    尺八を携え歩いた秩父34箇所霊場札所巡礼記 H18.11.4 UP 
     「秩父観音霊場徒歩地図−4 
      「秩父観音霊場34ケ所案内図」(秩父札所連合会)


観音院・東奥の院

観音院観音院 上り階段

 観音院の駐車場に、テントのお休み処があったので一休み。

 草色をした作務衣を着たネーチャンがトイレ掃除しており、掃除が終わって通り過ぎた時にσ(*_*)らを見るとカワユイ声で挨拶してくれました。

 しばらく休んでると雨が強く降って来たので、どうせなら観音院・本堂まで行って雨宿りしようと、300段近くあるという階段をエッチラ・オッチラと上りました。

 階段を上がる途中に俳句を書いた石碑が所々に有り、それを鑑賞しつつ風流な心境にひたり味わいながら・・という余裕は正直ありまへん。聖浄の滝

 なんせ、階段は長くて息切れし、雨が降ってるし・・・

聖浄の滝

 観音院・本堂横の「聖浄の滝」は、ほとんど水が流れてなく、せっかく長い階段を上がって来たのでカワイソーだからという感じで、お情けにチヨボチョボと水が落ちてくれてます。

磨崖仏

 滝壺の横には「磨崖仏」という看板が有り、屋根が付いた崖に近寄って見ると、掌大の小さい仏さんが、かなり風化しており見えにくくなってますが沢山彫ってあります。磨崖仏

 タイヘンでしたでしょうなぁ、こんだけ彫るのは・・・

 滝壺の池に行くと錦鯉やら黒い魚が10匹程ケンカしながら近寄って来ます。

 きっと足音を聞いて、エサをくれると思ったんでしょぅが・・・残念やったのぅ、何もやる物は無いでぇ。

納経所にて

 境内より「西奥の院」へ行く道に「危険なので行かないように・・」という注意書きがしてあります。

 しかし、人間心情として、なかなか来る機会が無い場所で「行けない場所」が有るというのは、何ともはや残念な事です。

 そおいう事を知っていながら、あえてヒョットすると「おぉぉ、行けるでぇ」と言ってくれるかもしれん・・という淡い期待を持って、荷物を置かせてもらいに納経所へ行き、そこのジサマに

 「奥の院へは行けまっか?」
 「東奥の院は、この裏手で上れまっせぇ。注意して上りなはれ。」観音院


 「西の方はどないでっしゃろ?」

 「あれは止めといた方がええですわ。
 この雨で濡れてもおりますからなぁ」


 
「土砂崩れで通れないんでっか?」
 「崩れる恐れが、ありますからのおぅ・・・」

 「あのおぉ・・自己責任で行く・・ちゅうのは、アカンでっしゃろか?」

 「そんな事を言われても、アンサン・・・ワシは「ええですよ、行けまっせぇ」とは言えまへんからなぁ。」東奥の院


 やっぱしなぁ・・そりゃあぁ、そうじゃわなぁ。

 σ(*_*)でも聞かれたら、危ない所へ「行ける」と言いたくねぇもんなぁ。
 ジサマ、言いにくい事を無理に言わせようとしてスマンかった。

 それでもジサマのスキを見つけて「西」へ上ってやろうと思っておりましたが、そおいう事は口や態度には出さず、ジサマに礼を言って「東奥の院」へ行きました。

東奥の院

 途中に看板があり「石仏群」と「奥の院」へ行く道に分けれており、石仏群までの距離がわからないので、まずは「奥の院」へ・・と上がったら、アッという間に着いちゃった。矢抜け穴

 しかし、さすが「奥の院」眺めが良いでんなぁ。

 「矢抜け穴」という看板が有り、畠山何とかの家臣が射抜いたという岩穴が、どこか遠くの山に有るらしいが、どれか、よぉ〜わかりまへん。

 ここからは「西奥の院」がよぉ〜見えて、確かに岩肌の崖のような道を行かねばアカンよおです。

 道から滑り落ちたら、ドエリャアァ事になり、そのまま死んじゃうかもしれんし、救助隊も探すのがタイヘンそうです。「東奥の院」より「西奥の院」を望む

 しかし、「西奥の院」を遠く眺めていると、やっぱし、どおしても、こうしても見れば見るほど、「行けない」と言われるほど、行ってみたいんですわなぁ。

 「聖浄の滝」の上付近に、「滝の上石仏群」が見えますが、さすがにそこは、オッカナそうなので行こうという気にはならんかった。

石仏群

 一休みして元来た道を戻り、先程の分かれ道で「石仏群」がどの辺か、試しにちょっと坂道を降りてみたら、すぐそこに有りました。石仏群

 できたら「すぐ、そこでっせぇ」とか距離が書いてあったら良かったのにぃ。

 ここの石仏群にも、先程の畠山何とかが馬を留めた場所らしく、「馬の蹄の跡」が有ると書いてあります。

 畠山何とかさんも、こんな所へ何しに来たんじゃろ?
 岩だらけで、キノコも採れそうでもないし・・。

 一緒に連れて来られた馬も、イヤだったろおなぁ。蹄の跡?

 山奥のキツイ道を上がらせられちまって「行くなら自分一人で行け」と、きっとモンクの一つも言った事でしょう。

 で、蹄の跡を探すと・・・岩に丸い模様が着いており、熊野古道・中辺地の「円座石」と同じタグイのような気がした。

 納経所に戻ってジサマに礼を言い、荷物を持って本堂の下に置き、本堂と大師堂を参拝しました。

         目次  次
             秩父34観音霊場記
     遍路・巡礼用品、秩父34観音霊場記            ホーム
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

   無 
無