HOME < 秩父霊場記 <31 大日峠

    尺八を携え歩いた秩父霊場巡礼記  H18.11.26 UP
     「秩父観音霊場徒歩地図−4
      「秩父観音霊場34ケ所案内図」(秩父札所連合会)


大日峠を歩く

大日峠へ小鹿野より大日峠へ向かって

 小鹿野警察署付近から大日峠へ行く道が有るはずだ・・と思いながら歩いてると、巡礼札を見落としちまい、後ろを歩いてる越後屋から「行き過ぎだよ」と注意・指導を受けた。

 うるせー、σ(*_*)も知ってる道を歩いてるんでねぇから、見落とす事くらいは星の数ほど有るわい。赤平川

 赤平川の橋を渡り、綺麗な水でんなぁ。
 車も通らない車道をテクテク・・・

 やがて「小判沢」集落というか・・5〜6件の家を通り過ぎると、車道から左手に降りる道があり大日峠への標識が立っています。

   大日峠登り口   大日峠の道   大日峠・沢のような道

 道は草が刈ってあり、おぉぉ・・手入れがしてありまんなぁ、と喜んでいたら、その付近だけ除草したようで、以後の山道は草が生えてました。

 このままだれも除草しなかったら、梅雨が開けた時に歩く人は、道が見えにくくなるかもしれまへん。

沢道

 山道は沢に沿って上っており、所々に掛かってる巡礼札には「沢に沿って上る」等と親切に注意書きがしてあります、ありがとさんです。大日峠の道

 この付近は沢道を歩くような感じで、沢を横切ったり、沢に置いてある石を探りながら歩いたりするので、この山道は雨が降った時に上るとキツイでっしゃろなぁ。

 この大日峠は四国で言えば、雰囲気的に徳島・地蔵峠越えと似ており、けっこうヒーコラ言いながら上る峠道です。

大日峠

 大日峠には大日如来と、もう一つ何かの石仏が置いてあります。大日峠 石仏

 見れば大日如来さんにだけ木で作った簡易な屋根が付いてます。

 隣の石仏さんが「ワシだけ何で屋根付けてくれんのや」と言ってヒガむんでねぇかと、いらん心配をしちまう。

 ここでσ(*_*)の笠を、地蔵さんに被せてあげると「笠地蔵」の昔話に出てくる、地蔵さんの恩返しのような、何かええ事があるかもしれんのだが・・大日峠の道

 大日峠からは、ひたすら下り・・・

 人家の屋根が見えたので、てっきり寺の屋根と思い、こおいう場合は、いきなり寺の横から境内へ入る事が多く、屋根方向へ行く道があったので行ってみると、ジサマが畑で草を取っていました。

 この時点でも、まだ寺だと信じており、ジサマはきっと住職様で畑で食べる野菜の世話する等、質素な生活をしておられるんだなぁと思いながら、念のために
「寺は、こちらですか?」と聞いたら「いんやぁ、もっとあっちじゃ」と指差します。
大日峠 出口
 あらら・・違ったのね、礼を言ってまた山道を下ると、すぐに車道に出て、そこに大きい石仏と標識があり、石仏の顔が欠けていますが、手の表情からたぶん地蔵さんでしょう。

 標識に寺まで500mと書いてあり、車道をテクテク・・・。

         目次 秩父34観音霊場記、次へ
           秩父34観音霊場記
           遍路・巡礼用品、秩父34観音霊場記    ホーム 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

   無 
無