HOME < 秩父霊場記 <34 菊水寺へ      (菊水寺)

       尺八を携え歩いた秩父34観音霊場札所巡礼記  H18.12.16 UP 
     「秩父観音霊場徒歩地図−4
      「秩父観音霊場34ケ所案内図」(秩父札所連合会)


「ようばけ」と菊水寺の旧巡礼宿

巡礼札山谷戸 付近

 法性寺から車道をテクテク・・・と歩き、「桜株」付近でY地に道が分かれています。

 ここら辺の詳しい案内地図が無かったので、真っ直ぐ学校方面へ行くものだと思ってましたが、標識が有り左へ行くように巡礼札が掛かっています。「腰」付近

 えっ?!・・・ホンマかいなぁ?
 2万5千分の一地図と見比べて確かめましたが、標識どおりに左へ行く道筋が、どうしても今一読み取れまへん。

 それでも少し離れた所に、もう一つの巡礼札が向こうに掛かっていたので、これだけ短距離に二つも巡礼札が有るんだから、よっぽど間違って真っ直ぐ行く人が多いんでしょぅなぁ。

お休み処お休み処

 ここは巡礼札を信じて左道へ行き、しばらくすると道端に木で作った「お休み処」がありました。

 きっと地元の人か、小学校で作ってくれたんでしょうなぁ。お休み処

 真ん中に丸い大きい木がテーブル代わりにデーンと置いてあり、周囲に木株やベンチがあります。

 秩父霊場巡りのHPを検索して事前調査した時に、ここで休んだ事が書いてあり、どんな所かと思ってましたが、この休憩所を見た瞬間「あぁぁ、これの事だったのか」と思いました。

自販機「天王」付近

 しばらく休んで、再びテクテク・・・

 しかし、この秩父霊場ちゅう所は、なかなか自販機の無い所でんなぁ。
 この暑いのにぃ・・・日干しになるでぇ・・・

 「松井田」付近で、ようやく自販機発見 !(^^)!
 まさに砂漠の中でオアシスを見つけた感じです。長留川沿い

 冷たいお茶のペットボトルを買って「甘露・カンロ・・」と喜んで飲んでると、近くの家から犬が吠え始めます。

 ええいぃぃ、やかましぃ、無粋な犬め!!・・
 このクソ暑いのにモンクが有るんなら、ここまで来て吠えてみろ!!

 再びテクテク・・・少し行ったら道がY字になっており、畑に居たジサマに道を聞くと、丁寧に道を教えてくれました。ありがとうごぜえます。「松井田」付近 藁葺き民家

 今時珍しい藁葺きの民家が有り、写真をパチリ・・・

交通取り締まり

 交通量の多い車道に出ると、道端に寺がありトイレも有るようなので、そこでしばし休憩、「泉龍禅院」というらしい。

 休んでいると
「もおちょっと前で止まりなさい」というスピーカの声が聞こえたので、何が有ったんじゃ?と思ってその方向を見ると、パトカーが止まって赤色ランプを点灯させています。泉龍禅院

 生垣で、よぉ〜見えまへんでしたが、そのうち女の人が何か言ってるのが聞こえます。

 おおかたスピード違反か、追い越し禁止をしちまって、泣いて「カンベンしてくりぃ」と言っとるんでねぇかなぁ。

 普通なら野次馬コンジョ出して喜んで見に行くんだけど、カワイソーだから見に行かなかった。

 これも霊場巡りをしているうちに、だんだん人の心の痛みがわかるようになったためか、それとも疲れていて見に行くのが面倒だったのか・・ナムナムナム・・

ようばけようばけ(夕陽の当たる崖)

 再びテクテクテク・・・・

 歩いてると山側斜面が隆起した状態がよぉ〜わかる断層が見えます。

 たいしたもんやなぁ・・と思いながら歩き、少し過ぎた東屋で一休みした所の案内観光板を見ると「ようばけ(夕日の当たる崖)」という断層で有名な所らしい。

 再びテクテクテク・・・

菊水寺

 菊水寺の近くに「旧巡礼宿」というのがあり、昔は流行っていたのでしょう。「奈倉」付近

 菊水寺は入口から本堂まで続く石畳がたいしたもんです。

 本堂横のベンチに荷物を置き、本堂内は玄関のように広く、尺八の響きが良いだろおと思ったら、やっぱし良かった。

 だいたい堂内で吹ける所は反響が有り、響きは良いよおです。

    旧巡礼宿  菊水寺

         目次 次
            秩父34観音霊場記
     遍路・巡礼用品、秩父34観音霊場記        ホーム
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

   無 
無