HOME < 秩父霊場記 <36 札立峠    (馬頭観音堂)

      尺八を携え歩いた秩父34観音霊場札所巡礼記  H18.12.30 UP
    「秩父観音霊場徒歩地図−4
     「秩父観音霊場34ケ所案内図」(秩父札所連合会)


札立峠

白砂岩

 「道の駅 龍勢」から札立峠へ向かって、旧道をテクテク・・・
 やがて左の山側に岩肌が見え始めました。

 ここら辺は岩肌が見える所が多いなぁ、あれも何か名の有る所かなぁと思い地図を見ると該当付近に「白砂岩」と書いてあります。

 
「おい、見てみぃ、あそこの岩が出ている所、白砂岩ちゅうらしいでぇ。
 何か白い物が2つ見えるけれどあれの事かな?」白砂岩

 
「何言ってまんがなぁ、あれは建物じゃないの・・・
  あっ、岩の所に遊歩道のような物が見える。」


 残念ながらσ(*_*)は近眼と乱視なので、白い物が看板のようにしか見えまへん。

 なもんで当然、遊歩道の柵なんかも見えまへん。

 そのうち「白砂公園」の看板が有りましたが、遠回りになるので行きまへんでした。

馬頭観音堂

 少し行くと「札立峠」への分かれ道になり、道端に「馬頭観音堂」が有り少し休みました。馬頭観音堂

 こじんまりした堂ですが、片田舎の堂にしては彫り物が立派だった。

 正面の「龍にエサをやってる3人?」の彫刻も立派だったが、それよりも階段付近の柱にまで「蓮の花」の彫刻がしてあったのには、正直スゲエ〜、よぉ〜ここまで彫ったなぁと思った。

 普通、柱にまで彫刻するのは、人が沢山集まって金が有り、名も有る寺だと思う。

 言っちゃあぁ悪いが、こんな片田舎の、あんまり人が来ないようなお堂で、柱にまで彫刻して有るのは珍しい。

 きっと、潜水寺へ行く多くの巡礼も、ここで休みながら彫り物を眺めて感心した事でしょう。

  馬頭観音堂 彫刻    馬頭観音堂 柱の彫刻

近道

 一休みした後、ほとんど車の通らない車道をテクテク歩いてると、先を歩いてる越後屋が紫陽花のを眺めています。

 ほほおぉぉ、あいつにも花を愛でる心があったんかと思って感心してたら、その紫陽花が咲いてる所から下の畑の道へ行こうとします。秩父霊場を歩く

 あらら・・どうした?何を血迷ったんじゃ?・・ボケるにゃまだ早いぞ、と思って声を掛けると
「ここに近道と書いてある」と言います。

 どれどれと紫陽花を見ると、そこに巡礼札が有り、
「車道を歩くより、この下の道行くと1kmほど短縮できる」とマジックで書いてあります。

 おぉぉ・・さすがに何でも目ざとく見つけるヤツじゃ。
 ボオッ〜としながら歩いてたら、気がつかんかったろおなぁ。

 感心して読んでる間に越後屋は、ワシを置いてトットと小川の橋を渡り畑の方へ行きます。近道

 あらら・・置いてかないでぇ〜・・と追い掛けたら畑の所から山道へ入る所に巡礼札が有ります。

 この山道がまたキツかったんですわなぁ。

 山道を登り、やっと車道にたどり着いたら目の前に民家が一軒有り、地図で確かめると、どうやら「藤芝」集落の箇所をショートカットしたようです。

 すぐそこのカーブを一つ曲がると、下の方に車道が見えます。

 どうせその車道まで降りなければアカンのなら、ガードレールをまたいで墓の所から、真っ直ぐ下へ降りて行った方が道をショートカットできるなぁ・・と思いましたが、そのまま歩いてると下の道とY字になって合流しました。

 良かったなぁ・・ケチな考え起こしてショートカットしなくて・・損する所だった。(^O^)頼母沢との合流地点

 その付近が「頼母沢」集落のようで、深い山に囲まれいます。

 水の流れていない側溝に足を入れて道に腰を掛け、しばし休憩。

 ちょうどベンチのようになって座り具合が、良いでんなぁ。

 人家が点々と有る車道を進み・・・・

 途中、民家の庭に居る犬に吠えられたので、杖でガードレールを思いっ切りブッ叩き、大きい音をさせて、ビックリさせてやったが犬は吠え止みません。

 四国では、この手で犬を黙らせた事が一度有ったが・・・秩父の犬には効かんようやのう。札立峠 登り口

 家の人が犬を叱っていたが、それでもしばらく吠えており、言う事を聞かん犬やのおぅ・・・。

札立峠入口

 庭石に丁度良いような石が道端に転がってるなぁ・・と思いながら歩いてると、そこから山道に入る箇所でした。

 けっこうキツイ山道でヒーコラ言いながら歩いてると、注連縄を張った結界の道が有ります。
 きっと神域で通ったらアカンのやろねぇ。秩父霊場・札立峠を登る

お休み石

 再びヒーコラ言いながら上ってると、道端に座るのに丁度良い平べったい石があり、付近の巡礼札に「お休み石」と書いてあったので、たぶんそこらに転がっていた石を道際に置いたのでしょう。

 これがまた庭石に良さそうな大きさの石で・・・
 担いで持って帰れるモンなら持って行きたいんだが・・・

茶屋跡

 しばらく行くと「茶屋跡」の看板が有りました。

 熊野古道にも、たくさん茶屋跡が有りましたが、ほとんど跡形も無く、せいぜい石垣がその存在を残すだけだったなぁ・・・と思って歩いてると、すぐ近くに廃屋が有り、そこで茶屋をやってたようです。札立峠

 まさか、こんな所に廃屋が残ってるとは思わず、ここで生活するのもタイヘンだったでしょうなぁ・・と思ってたら札立峠に着いちゃった。

 そりゃあぁ茶屋があれば、そこで一服しますわなあ。

 峠には看板の下に、新しく小さい石仏の観音さんが草の中に隠れかかっており、大正時代に作られた道標が有りました。

        目次 次
           秩父34観音霊場記
   遍路・巡礼用品、秩父34観音霊場記           ホーム
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

   無 
無