HOME熊野古道記>伊勢路>13 荷坂峠-2


  遍照の響き  荷坂峠、熊野古道「伊勢路」 H19.4.7 UP

              「荷坂峠」地図
     この地図リンクは、東紀州ITコミュニティ様の了承を得ております。


荷坂峠の江戸道・明治道

沖見平「沖見平」登り口

 荷坂峠を、さらに下ると「沖見平」の看板があり、「海が見えます」と赤字で書いてあります。

 わざわざ赤字で注意書きまでしてあるんだから、そりゃあぁ・・何がなんでも無理してでも行ってみねえと・・・

 この世の中は、話しの種として何が転がっとるか、わからんからのおぅ。

 こおいう遠い所は、たぶんもう二度と来れないかもしれんから、冥土の土産話になるかもしれんしぃ・・・。「沖見平ら」よりの展望

 尾根ずたいの岩のような所を登るようになっており、向こう側へそのまま通じる道が有るかもしれん・・と淡い期待を持ちながら行ってみましたが、行き止まりで「沖見平」からは今来た道を戻らにゃアカンかった。

 「沖見平」にはベンチと「鳥の巣箱」みたい物が設置されており、看板に書いて有る通り、そこからは海が見えました。

スタンプ

 ところで後で知ったんですが、その「鳥の巣箱」みたいモンが「スタンプ置き場」だったんですなぁ。荷坂峠、熊野古道伊勢路

 これは麓に降りた所に有る「道の駅 紀伊長島マンボウ」で、熊野古道の資料を貰い、各峠にスタンプが設置されているのがわかりました。

 近くに「俳句がどうのこうの・・」という看板が有ったので、「鳥の巣箱」は俳句の投稿箱かと思い、そんな風流な趣味がねえから・・と、蓋を開けてもみなかったんだけど惜しい事をしちまった。

 よし・・、今度から何でも蓋を開けて見るぞぉ。

江戸道と明治道

 「沖見平」から更に降りると「三本松 長八茶屋跡」が有り、「江戸道」と「明治道」とに別れる標識が有ります。三本松「長八茶屋跡」

 事前にネットで調べて、「江戸道」「明治道」が有るらしいのはわかっていたのですが、どんなのかわかりまへん。

 そんな事にお構いなく越後屋が、トットと「江戸道」の方へ行ったら
「草に隠れて道が無い」と言いつけます。

明治道鹿の角とぎ

 無理して「江戸道」を通る事も無いと思い「明治道」の標識の方へ下りました。

 途中に「鹿の角とぎ」の看板があって松の木が傷ついており、鹿さんが角をといだらしいですなぁ。荷坂峠・明治道

 道の所々で「江戸道」「明治道」と交差している標識が有ります。

 「明治道」は九十九折りの道になっており、「江戸道」よりも少し道幅が広いようで、荷車とか人力車が通る道幅だったんでしょうなぁ。

江戸道

 「江戸道」は、「明治道」の九十九折りをショートカットして、山を直線で下りるような道のようです。荷坂峠・江戸道

 途中であんまりにも「江戸道」の標識が有るもんだから、試しに「江戸道」を下りてみました。

 そしたら、あぁたぁ・・・途中に生えてる木や草に掴まりながら下りねぇと、滑り落ちるような細い急坂で、一度下りただけで、もう「江戸道」を歩くのに懲りちまった。

 確かにショートカットで時間短縮にはなるようだけど、あんまりにも急坂過ぎて・・・やっぱり「明治道」の方が幅広く、距離は有るかもしれまへんが楽です。

  荷坂峠・江戸道と明治道の交差点  荷坂峠・明治道  荷坂峠・登り口

 しかし江戸時代の参勤交代の時には、こんな急坂を籠を担いだ人達はタイヘンだったでっしゃろなぁ。

 籠に乗ってた殿様も、転がり落ちねぇかと心配しながら、死ぬ思いで乗ってたかもしれんが・・麓の農道

麓にて

 麓へ降りて、ノドカなタンボ道をテクテク・・・

 途中の人家に犬が10匹くらい居て、σ(*_*)らの姿を見ると、やっぱり先を争って吠えます。

 でも、そのうち1匹だけが「吠えるのはオマエラにまかせた」と吠えずに寝転がっています。一里塚石仏碑

 他の犬が吠えるから自分も負けずに吠えるんじゃという、そこらの主体性の無い犬と違って、自主性の有るカシコイ犬でんなぁ。

 きっと将来は、名の有る大物の犬になるに違いない。

 少し行くと「一里塚石仏碑」ちゅうのが道端にあり、石碑の側に地蔵さんが一体置いてあります。

紀伊長島道の駅 マンボウ

 「片上」集落を抜け、やっとこさっとこ「道の駅 マンボウ」に着き、もうこの辺まで来ると疲れて歩きたくなります。

 そいでも汽車時間の関係で、あんまり休むヒマも無く「紀伊長島駅」に向かって歩きましたが、夕陽が正面から浴びてマブシイ。

 そのマブシさに耐えながら国道を歩き、トンネル手前の信号機で青になるのを待っていると、信号待ちしている車の運転してる人と目が合い、運転手がワシらに何か用が有りそうに、こちらに身をずらせました。紀伊長島駅

 何か用かな?と思っていたら、そのうち信号が青になり、後ろの車からクラクションを鳴らされ、運転手はしかたなさそうに車を発進させましたが、あの人はワシらを見て何を話したかったんだろう?

 たとえ話せたとしても、あんまり長話はできんかったと思う、なんせ汽車の時間がギリギリだったもんで・・。
目次次       ホーム
    熊野古道「伊勢路」

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無