HOME熊野古道記>伊勢路>15 ツヅラト峠


 遍照の響き 尺八を携え歩いた熊野古道 H19.4.21 UP 

           「ツヅラト峠」地図
    この地図リンクは、東紀州ITコミュニティ様の了承を得ております。


ツヅラト峠

「栃古」付近

 「梅ケ谷駅」から熊野古道・伊勢路「ツヅラト峠」へ向かって県道758号線を歩いてると、「栃古」集落に入る川の手前より熊野古道へ入るように道標が出ています。
「栃古」
 あれ?・・地図では橋を渡った、向こう側の車道を歩く事になっとるが・・・

 まぁ、ええや・・道標の方が正しいんじゃろおうと思い林道のような道を少し行くと、途中より山道に入ります。

 川に沿った山道を歩いてると、やがて舗装道路に出たので地図を確かめると、「栃古」集落からの道と合流してるようです。
   
 距離的には、舗装道路を歩くか山道を歩くかの違いで、そんなに変わらないようです。

 川沿いの山道 林道 ツヅラト峠へ、熊野古道・伊勢路 舗装道路

道標の距離

 舗装道路を歩いてる途中に「登口まで600m」とか「・・300m」と道標が有ったので、それを見ながら、「おっ!・・ツヅラト峠まで、もおチットじゃあぁ!(^^)!」と喜んでシッポ振って歩いてると、「高野橋」の所に「峠まで900m」と道標に書いてあり、ガックリ・・・

 
「何でじゃあぁぁ・・・さっきまで300mと書いてあったでねぇか!!
 どおなっとるんじゃあぁ・・責任者出て来い!!」ツヅラト峠登り口


と、道標に対して、犬になったつもりでキャンキャンと盛んに吠えてみました。

 きっと犬も怪しい見知らぬ人を見たら、こんな気持ちで吠えると思い、こおやって吠えてみると、けっこうスッキリしますなぁ。(^O^)ワッハッハッハッ・・・

 その吠える声が、あんまりにもウルサイので飼い主の越後屋が、

 「今までのは「ツヅラト峠登り口」までの距離なの!!
 そいで、ここは「峠の登り口」なの!!

 ここからツヅラト峠までが900mの距離なの!!山道
 わかったあぁぁ!!」


 あんらあぁぁ・・・紛らわしい事を・・・

 初めからツヅラト峠までの距離を書いてくれたら、心に深い痛手を追う事も無く、吠えるマネせんでも良かったのにぃ・・

 
「クゥ〜ン・・クゥ〜ン・・・(シッポを垂れて)」
 そいで、越後屋もそんなに怒らんでも、ええのにぃ・・・(T_T)

ツヅラト峠にて

 林道を少し行くと山道への別れ道が有り、薄暗い杉林の山道を・・エッチラ・・オッチラ・・・

 再び林道と交叉しますが、そのままの階段を登ると、そこがツヅラト峠の頂上で、東屋の休息所と鳥の巣箱のようなスタンプ箱が有り、さっそくスタンプを、ペタン・・!!

  ツヅラト峠頂上     ツヅラト峠スタンプ     東屋とスタンプ台

 東屋の近くに、尾根道から展望台へ上がれると書いてあったので、尾根を上がってみました。

 煙と何とかは高い所へ上がりたがる・・と言い、ワシもその何とかのタグイなので・・

 でも越後屋は、疲れたと言って東屋で休んでおり、さすがワシと同じ何とかのタグイではなく、カシコイ人のようです。
ツヅラト峠より長島を望む
 なんせ「登り口」と「峠」の違いを、ちゃんとわかっており、親切に優しく教えてくりた人ですから・・

 展望台からは、長島方面の海が見えました。

 もっとも、そこから見た景色は、下の東屋から見た風景とそんなに変わらず、チョッピシ高い所から見たかなぁ・・という程度です。

 やっぱしカシコイ人は、そこまで推察したんでしょうなぁ。
目次前       ホーム
   熊野古道「伊勢路」

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無