HOME熊野古道記>伊勢路>23 落書き
                   (八鬼山峠)


  遍照の響き 尺八を携え歩いた熊野古道・伊勢路 H13.6.23 UP
  
「八鬼山峠」地図のリンクは、東紀州ITコミュニティ様の了承を得ております。


八鬼山峠の落書き「荒神堂」付近

蓮華岩

 八鬼山峠「荒神堂」から石畳を降り「九鬼」との分かれ道を過ぎると、この付近からは岩にもスプレーで落書きしてあり、バサマが言ってたように赤色でした。

 スプレー落書きは年月が過ぎてるためか少し剥げかかっており、このまま時の過ぎ去ると、そのうち消えて元に戻るかなぁ・・と思っていると「蓮花岩」付近では丁石を兼ねた石仏裏にも書いてあります。尾鷲方面の展望

 ここまでやるのか・・・!!
 いくら何でも、これはちと、やり過ぎでねぇだろおか?

 そもそも熊野古道を生活道路と言うならば、この道路は地籍でいう「赤道」という公共の物です。

 いくら敷地が隣接していても、そこに存在する「蓮花石」とか石仏までは個人の所有物で無いと思う。

 それとも「蓮花岩」や、丁石の石仏も個人の所有物なのか?

 蓮花石 八鬼山峠 八鬼山峠

ボケ古道客

 「桜茶屋跡」の石段で、先に降りて待っていた越後屋が、ワシの顔見るなり

 「わたしらボケ古道客か? (^O^) ニヤリ」
 「えっ?・・何で?」
 「来る途中の落書きに書いてあった。」

 そお言えば「ボケ古道客いらない」「ダマシ古道」とか書いてあったようだが・・・八鬼山峠・落書き

 そんな落書きよりも、石畳なので足下を見てねぇと危ねぇし、落書きを一つ一つじっくり鑑賞しながら読んでるヒマなんかなかった。

 何か書いとるなぁ・・程度にしか思わんかった。

 言われてから落書きを、チラッと注意してみると、よお〜けぃ「ボケ」という単語が使ってあります。

 落書きは、書いた人の品格がよぉ〜表れるので、書いた人はよっぽど「ボケ」という言葉が好きなようで、人格・思想が伺えますなぁ。(^O^)ダハハハ・・・

 それとも、どっかの町でシャッターや壁にスプレー落書きをしとるアホなヤツを、アルバイトに雇って書かせたんかな?

蛍光スプレー

 「七曲」を降りた付近より林道交差点付近までの落書きは、かすれた落書きの上に新たな蛍光スプレーで落書きが書き加えてあります。

 それを遠目で見ると、薄暗い杉林の中を歩いたので目立つ原色の物が有り、だれか海水浴に使うパラソルでも忘れて行ったのかと思っちまった。八鬼山峠・落書き

 たぶん林道付近まで車で上って、わざわざ落書きするためにキツイ目に遭いながら山を上がったんでしょうなぁ。

 蛍光色のスプレーも、けっこうな値段をするのにぃ・・
 1本じゃあ、間に合わなく何本も買わんとアカンやろおしぃ・・
 その費用だけでも、たいへんだろおしぃ・・

 あんまり遠くまで上がると疲れてキツイので、一応手近な付近を蛍光スプレーで・・と、いうような感じで、そこら辺が、ちとコンジョが足りん。(^O^)

 しかし、そんだけの労力とコンジョを、もおチット違う方向へ持って行けば、世のため人のためになったかもしれんのにぃ。

同情心から反発心へ

 どうせ書くなら、もおちっとユーモアの有る事とか、熊野古道客を味方に引き込むような事を書けばカシコイと思うが・・。八鬼山峠

 最初は同情しとったが、このような落書きの連続を見ると、同情心もブッ飛んで逆に反発心が出て来ます。

 第三者の立場である熊野古道客まで敵に回しちまうと、熊野古道客は非難の矛先を行政よりも落書きした人に向けちまい、この落書き作戦は失敗してると思う。

 一過性の激情にまかせて落書きをしたのか、子々孫々の代まで遺言状を残してでも、永久に落書きを続けさせるつもりなのかわかりまへん。

引き際

 熊野古道歴史の一環として、こおいう事実が有ったのだと「負」の歴史として落書き跡を永遠に保存して残すのも良いかもしれまへん。

 100年後に熊野古道を歩く人達は、その保存された落書き跡を見て、その行為をどのように判断するでしょうか?。

 落書きした人もここまで来た以上、もう十分に行政の手落ちをアピールして認めさせ、それだけのコンジョを見せたのだから、後は「引き際をどうするか」だと思う。籠立場

木が泣いてる

 山を下る途中に「籠立場」が有り、そこに樹齢300年と言われる檜の大木の皮が剥がされ、その上に新たなる落書きスプレーがしてありました。

 その姿は見る目にも痛ましく、木が泣いてるように思えます。

 林業を生業とする者が、自分の誇るべき大切な樹木を、自ら傷つけて心が痛まないのだろおか?

 以上、ボケ古道客のボケた戯言でごぜえます。

 落書きをした関係者の方々、気にしないで、おくんなせぇ。
 なんせボケたモンが、言う事ですので・・。 m(_ _)m ハハアァァ〜・・・
 ごっとん石  八鬼山峠・落書き  八鬼山峠・尾鷲付近

目次次       ホーム
    熊野古道「伊勢路」

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無