HOME熊野古道記>伊勢路>25 風鈴
              (甫母峠・曽根次郎坂太郎坂)


   遍照の響き  尺八を携え歩いた熊野古道・伊勢路 H19.7.8 UP
 
「甫母峠・曽根次郎坂太郎坂」地図
のリンクは、東紀州ITコミュニティ様の了承を得ております。


甫母峠と風鈴

「賀田」の津波

 「賀田」の町並を歩いてると、道路の際に電柱が立っています。

 いえ、別に電柱が有るから珍しいとか、その電柱に花が咲いてたワケでもありまへん。
 電柱なんか、日本中どこにでも立ってますからなぁ。

 で・・何でそんなに珍しくもねぇ電柱の話題を、わざわざ出したかというと、何気なく見た電柱に「安政」と「昭和19年」の津波の高さが赤い線で印が付けてあったんです。賀田町電柱・津波の高さ表示

 最初にチラッと見た時は何かの広告のタグイで、ブサイクじゃのおぅと思ったんですが・・・改めて見ると、はりゃあぁぁ〜・・ずいぶん高い所まで津波が来たんですなぁ。

 以後、伊勢路を歩いてると、所々に津波の避難場所とか「ここは海抜5m」と書いてありました。

山菜おこわ

 昼頃だったので道端の店へ入り「オニギリのようなモノは無いか?」と聞くと、店のオババが「「山菜おこわ」なら有る」と言います。

 一応食料は持って来てましたが、ちっとは地元産の何か珍しい物でも食べようかなぁ・・と思ったもんだから・・

 で・・値段を聞いたら
「450円」・・・うっ高い!!・・
 スーパーの総菜売場なら、2〜300円で売っとるでぇ。

 しかし、聞いちまってから「やっぱし高いのでヤンピ」と言うわけにいかないので1個買いました。

 店を出てからコソコソと
 
「高かったなぁ、2〜300円位かと思ったでぇ、」賀田駅

 「まぁ店も無いような遠い所じゃから、しかたがないかもしれんが、それでも高いねぇ。

 値段が書いて無いのを見て、ちょっと不安感は有ったのよねぇ」
 
 「良かったなぁ・・・2つ買わなくて・・」

賀田駅の風鈴

 「賀田駅」の駅舎で、問題の「山菜おこわ」や、持って来た食料で昼食にしました。

 問題の「山菜おこわ」は、それはそれなりに「おこわ」の食感がして美味しかったんだけどね。

 食事後、汽車が来るまで1時間ほど有り、どうせイナカだから、それまで客はだれも来ないだろおと思い、駅舎のベンチで尺八を吹きました。曽根町へ向かって

 駅舎改札口付近に、だれが付けたのか風鈴が一つぶら下がっており、たまにチリ〜ン・・リンリン・・・と風に合わせて涼しい音を響かせています。

 近くの山からは、透き通るような鶯の鳴き声が続き・・。

 この自然の中における尺八演奏会での観客は、ダラしなくベンチでゴロ寝している越後屋がただ一人・・

 ええですなぁ〜・・・こおいう遍路旅をしたかったんだよねぇ。

 何の制約も受けず、自分の吹きたいなぁ〜・・と思った時に、気ままな場所で好きなだけ尺八を吹く・・というのが・・首なし地蔵

 遍路していても日にちが決まっており、どうしても計画通りに歩かなければアカンので、なかなかこおいう「自分が吹きたいと思った時に吹ける」という機会は有りまへん。

 死ぬまでに、思いっきり1年間ほど気ままな遍路をして、時間を全く気にする事なく尺八を吹いてみたい。

 風鈴はええなぁ・・・
 自然の風に流されるまま、自由に音が出せて・・・

甫母峠

曽根町

 汽車が来る少し前に出発し、「甫母(ほうじ)峠」へ向かいました。

 海が見える舗装道路を歩いてると、途中の曽根町・民家脇に「首なし地蔵」が有り、どんなオトロシイ伝説が有るのかと思い、案内板をワクワクしながら読んでみました。曽根・飛島神社前の分かれ道

 しかし、どうも単に江戸末期頃から既に首の部分が無かっただけらしく、オトロシイ云われは無いようで・・チエッ・・。

 飛島神社付近で、国道と民家脇の細い路地がY字状になって別れており、城山と熊野古道の標識が有りますが、果たしてこの狭い路地へ行って、ええもんか・・・

 地図には「民家の間の細い道」と書いてあるので、たぶん良いじゃろうと思って進み、途中に城山へ行く標識があります。甫母峠入口より曽根町を望む

 ホンマに狭い路地をウロウロと歩き、アスファルト工事の仕事を中断させてまで通らせてもらい・・・すんまへん・・・

 甫母峠の登り口は墓になっており、少し登って振り返ると、先程どうしょうかと迷った飛島神社の森や曽根の町並が見えます。

 結論的に言えば、どうしても古い「曽根」の家並みをウロウロしたいというならば、それでも良いんですが、あっさり国道をそのまま来た方が、いらん心配しながら歩くより良いかもしれまへん。

 国道にも大きく「熊野古道 入口」と看板が出ていました。

  巡礼供養墓  甫母峠途中より海を望む  甫母峠への石畳

甫母峠へ

 甫母峠への石畳を歩いてると、途中に木株で作った椅子が道脇に有りました。

 けっこうシンドイ登り坂だったので、ちょうど休みたいなぁ〜・・と思ってたところなんだよねぇ・・作ってくれた人、ありがとう。

 さらに山道を登ると「巡礼供養墓」が有り、越後屋が「パタリ・・」と倒れるマネをしてくれました。

 はいはい、そのまま倒れて、もう起き上がらんでも、ええよ・・鯨石

 石階段を上がってると道端の左側に大きい岩が迫り出ており、「鯨石」と案内が出てます。

 うん、ホンマに鯨の頭部分のような形に見えて、たいしたもんですわ。

 石畳の合間には木の根が張っており、熊野古道の歴史を感じますなぁ。

甫母峠頂上

 甫母峠頂上には東屋の休息所があり、付近に石垣と屋根付きの石室に地蔵さんが奉ってあり、大切にされてるんでしょう。

 この甫母峠からは二木島へ下りるのが普通なんですが、もう一つ「甫母町」へ行く別れ道もあります。石畳に木の根が這う

盾ケ崎

 実は二木島駅舎内に、「甫母町」の近くに有る「盾ケ崎」の写真が飾ってありました。

 これがまた朝霧の中に立った幽玄の岩を思わせる写真で、ぜひ立ち寄ってみたいなぁ・・と思ったんです。

 よっぽど甫母町へ下りようかなぁ・・と思い、だいぶ悩んだのですが越後屋の
「二木島に早く着いて時間が余ったら、車で行けば良いじゃん」という一言で、「あっ、それもそうだな、カシコイィ〜」と思い、予定通り二木島へ向かって下りました。

 で、車で行ったのかと言うと、結局行きまへんでした。

 後でわかったのですが「甫母町」と「二木島」の間に「盾ケ崎」が有るのかと思ってましたが、甫母町の少し向こう側に有るらしく、峠から「甫母町」の方へ下りなくて良かったぁ。

 盾ケ崎方面を望む 甫母峠/石仏 二木島を望む
目次次        ホーム
   熊野古道「伊勢路」

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無