HOME < 会津霊場目次  <3 大木観音(会津三十三観音霊場 第一番)

会津33観音霊場   尺八を携え巡った会津霊場  遍照の響き
    会津三十三観音 会津ころり三観音 大山祇神社   地図
            H20.12.27 UP

ライン
会津 蔵

会津三十三観音霊場

「大沢」集落

 塩川の某所にて車野宿をし、早朝より自転車で会津三十三観音霊場の1番寺「大木観音」へ出発しました。

 「喜多方」付近では「蔵」が有名らしいが、自転車で走ると、この辺でも時々立派な蔵が見られます。

 あの蔵の中には、何が入ってるんでしょうなぁ。
 さぞや小判がギッシリ・・と・・(^O^) ヘッヘッヘッヘッ・・・
「大沢」集落へ向かって 
 途中「三ツ堀」の自販機でタバコを買おうとしたら、この地方ではすでにカードを入れないと買えまへん・・6月からだとばかり思ってたのにぃ。

 なかなかモクは止めれまへんなぁ。
 意志が弱く、コンジョ無しのモンなので・・・

 「大沢」集落のT字路に石の道標が有り、「右 鎧石万力経て喜多方町・・」というような事が書いてあり、昔は重要な交差点だったんでしょう。「大沢」集落の道しるべ

 ところで、なんせ始めて来た所なので「大沢」から次の「大木」へ行く道がわかりまへん。

 どうせならば、「大木」方面の道筋も書いてくれると、ええのにぃ・・

 地図を見て、おおかたこの付近から入る道だろお・・と適当に大沢集落の中へ入ったら狭い道になっちまい、集落内を自転車で走り回ってウロつく事になりました。

 タバコを吸えないモク中毒の禁断症状になりかけながら、道を探して「大沢」集落はずれに出て、やっと田付川沿いの道に出て「大木」集落へ行く橋を見つけました。「大沢」集落 田付川付近

 よかったなぁ・・自転車でやって・・・

 歩きだったら、どえれえ時間を無駄にし、越後屋からは当然のごとくモンク言われて、モク中毒禁断症状との三重苦に苦しみつつ、初日からケンカして旅を続けたかもしれん。

1番 大木観音

 橋を渡って「大木」集落に入ると、すぐに赤い屋根の堂が見え、それかな?・・と思ったら正解で、S字カーブを廻ったら「大木観音堂」の看板が有りました。

 そいで、ちゃんと山門も有るのですねぇ
 オマケに大事なトイレも有りました・・入らなかったけど・・。

 大木観音  大木観音 仁王  大木観音 仁王

 山門内には仁王さんも、まん丸な目玉をして腰ミノを付けてます。

 ここら辺の仁王さんは腰ミノつけるのが流行なんじゃろか?大木観音堂
 ちょっとホコリが溜まって、せっかくの赤い体が白くなってたでぇ。

 年に一度くらいは、ホコリを払ってやんなせぇや。

 朝早かったでのすが、尺八を一曲吹きました。

 今までの霊場巡りでは、最低二曲吹いていたのですが、ここは本堂が無く、小さいお堂しかないので、吹き分ける事が出来なかったもんで・・・

 きっと近所の人たちは、朝飯を食いながら何が始まったんだと思ったでしょうなぁ。

           会津霊場目次へ会津霊場次へ
                会津三十三観音霊場
 遍路・巡礼用具 車中泊用品  遍照の響きホームヘ 
当 HP に 掲 載 し て い る 「三 十 三 観 音 霊 場」 一 覧 
 西国   秩父   津軽  田名部海辺(下北)  庄内 

  会津   御蔵入   越後   越中  信濃   飛騨   安房国(千葉)  

  津久井    遠江   伊豆横道    九州西国    国東六郷満山 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道   塩の道  イザベラ・バードの道   遍路・野宿・車泊用具

 尺八曲音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問     木造校舎・廃校シリーズ 
ライン

    
無