H21.1.17 UP
会津三十三観音  会津ころり三観音  大山祇神社 地図

   HOME < 会津霊場目次  <10 熊倉観音

遍照の響き
会津33観音霊場
尺八を携え巡った会津霊場


ライン

会津霊場の巡礼札熊倉へ向かって

熊倉宿

 遠くに磐梯山?の頂上が雲に掛かっているのが見え、その方向へ「ヒーコラ・・」言いながら自転車をこいで行きます。

 やがて「熊倉」集落に入ると、道端に「熊倉宿」と書いた旧宿場街の見取り図の看板が有りました。
旧熊倉宿場街
 ここが宿場街とは知らなかったのですが、改めて町並みを眺めてみると、街の通りが何となく宿場街っぽい感じがします。

 看板の見取り図には屋号も書いてあり、なかなかええでんなぁ・・
 この道は、旧米沢街道らしいです。


  熊倉宿 案内板   旧熊倉宿場街

 その旧「熊倉宿場街」を少し行くと、いかにもその時代にマッチしたような古いというか・・壊れかかって、もう人が住んでない・・と言った方がよいのか・・という家が有ったので記念に写真を撮りました。

7番 熊倉観音/光明寺

 そしたら、その古い家の横に通路が有り、そこが7番札所「熊倉観音」がある「光明寺」へ行く通路でした。光明寺入口

 偶然とは言え、この古い家を気に留めなかったら、錆びたチッコイ光明寺の看板を見逃してたかもしれん。


 個人的希望としては、その古い壊れそうな家を、もう少し見栄え良く直して、そんなのがズラアァァァァ〜〜ッッッと、建ち並んでる方が宿場街の情緒が有ってええと思うんだが・・

会津霊場の巡礼札

 光明寺の境内に「熊倉観音堂」が有り、お堂の腰板付近には、巡礼者の名前を書いた紙がベタベタ貼ってあります。

 会津霊場の巡礼札は、参拝者がグループ毎に一枚の紙に名前を書き連ねて、それをベタッと堂に貼るのが風習のよおです。

 四国のように「納め札」を入れるという感じでは無く、古くからの霊場巡りにおける「札を打つ」という風習の変化でしょう。熊倉観音堂

 せっかく堂の腰板付近に巡礼札を貼り付けるようになっているので、これから会津霊場を巡礼しようと思ってる方は、半紙に名前書いて貼り付けた方が良いよおでっせぇ。

 サラ〜ッとその巡礼札を眺めると、やっぱし会津霊場の巡礼は、オバハン達が多いよおです。

 年齢は書いてなかったが、若いネーチャン達がケータイ片手に紙を貼り付けるとは、とても思えん。熊倉観音堂 巡礼札

 ネットで事前調査した所によると、この会津霊場は江戸時代に婦女子が巡礼したようです。

 そのためか、オトッツアンのような男の名前は、あんまり見かけなかった。

 境内に大きい鬼瓦が飾ってあり、「三つ葉葵」の紋どころが有り、本堂入口のガラス戸にも同じ紋が描いてありました。

 きっと徳川家御用達か、何かの縁が有ったのでしょう。

熊倉観音堂  葵の紋 鬼瓦  高柳 付近
            会津三十三観音霊場目次へ  会津三十三観音霊場次へ 
                 会津三十三観音霊場
  遍路・巡礼用具    車中泊用品    遍照の響きホームヘ 
当 HP に 掲 載 し て い る 「三 十 三 観 音 霊 場」 一 覧 
 西国   秩父   津軽  田名部海辺(下北)  庄内 

  会津   御蔵入   越後   越中  信濃
   飛騨   安房国(千葉)  

  津久井    遠江   伊豆横道    九州西国    国東六郷満山 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道   塩の道  イザベラ・バードの道   遍路・野宿・車泊用具

 尺八曲音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問     木造校舎・廃校シリーズ 
ライン

    
無