H21.2.7 UP
会津三十三観音  会津ころり三観音  大山祇神社  地図
会津三十三観音霊場記
遍照の響き

   HOME < 会津霊場目次  <15 武家屋敷

尺八を携え巡った会津33観音霊場

会津三十三観音霊場記ライン

会津武家屋敷

武家屋敷

 会津武家屋敷の表門付近に、姿三四郎の「山嵐」の銅像が建っており、表玄関へ行きますと、キレイな奥方様が三つ指付いて出向かえてくれます。武家屋敷 入口

 ええですなぁ・・・この奥方様と比べると、越後屋は体型・品格共に落ちるが、せめて家に帰った時に、あれほどの奥ゆかしさが有ればなぁ。

 オラとこの玄関先に、武家屋敷に有ったような人形を置いといてやろかなぁ。
 来た人は皆、びっくりするじゃろなぁ。

 武家屋敷 正門  武家屋敷 玄関  武家屋敷 奥方 

 さすが御家老様の武家屋敷は、庭も家も広く、ワシとこの「ネコの額」とは、どえれえ違いです。

 池には鯉も泳いでるしぃ・・・

 室内では殿様が庭を眺めながら家来に、今年のネング状況を聞いてる?・・蝋人形が置いてあります。

 また、別の部屋では、腰元が茶を持って来た人形がもありました。

 武家屋敷 池   武家屋敷 庭   武家屋敷 室内 

 人間の自然生理現象しとて、トイレが必要ですわなぁ。武家屋敷 厠

 はいはい・・心配しなくても、ちゃんと公開されており、昔のエライ人達が出したウンコは戸車に乗っかり外へ出されるようです。

 決してポットン便所ではなく、衛生的です。

 会津武家屋敷、庭先 会津武家屋敷、庭 武家屋敷 女中部屋

 「奥一の間」に、奥方と子供の人形が手鞠で仲良く楽しそうに遊んでおり、平和で微笑ましいでんなぁ・・と思って説明板を見ると、どうやら奥方が子供を叱ってるらしい。

 何で叱られてるのか、よぉ〜わからんが・・・たぶん、この部屋は御家老様が寝る部屋だからなのでしょう。
武家屋敷 奥一の間
 今風の叱り方で言うならば
 
「掃除がたいへんなんだから、ここで遊ぶんじゃねぇと何回言ったらわかるんじゃ。
 わからんヤツめ・・ひっぱたくよ・・ならぬものは、ならんのです。」

と言ったかもしれん。

 そしたら子供も負けじと
「100回ぐらい言われたら、わかるかもしれん」と口答えしたと思う・・今ならば・・・たぶん・・武家屋敷 自刃の間

 「自刃の間」には、逆さ屏風の前に人形が飾ってあり、この物語はカワイソーでんなぁ。

 敵軍侵入の報を聞いた西郷家の婦女子が、足手まといにならんように自刃して果てた時、長女16才が急所を外して死にきれず苦しんでいたそうですがなぁ。

 16才といえば今なら高校生ぐらいで、ケータイをいじくり回して、キャハハハ〜と笑い転げたい年頃なのに・・・・

 意識朦朧としながらも家に入って来た人の気配に気付き、
「敵か味方か」と息絶え絶えに尋ね、その惨状を目の当たりにして、憐れみを持った官軍の将が「味方だ」と答えて介錯してやった話しは、あまりにも有名です。会津武家屋敷、庭

揚げ饅頭

 同じ会津武家屋敷の敷地内に、茶店が有り「揚げ饅頭@100−」なる物を売ってたので食べてみました。

 これもネットで事前調査しとった物で、その名の通り確かに饅頭を油で揚げた物で会津の名物らしい。
会津武家屋敷、庭
 椅子に座って「揚げ饅頭」を食べていると、灰色の猫が寄って来ました。

 人懐っこい猫で、足の間を潜り抜けたり、足に擦り寄ったりします。

 よっしゃあぁ〜・・それならばと、ツッカケを脱いで足の間をすり抜けた時に、
 「ふっふっふっ・・これ・・ネコ、ちこうよれ・・・ういやつよのおぅ・・」
と言いながら、両足で猫をサッと、とっつかまえました。

 
「あっ・・!!・・・な・・何をなされます・・おでぇかんさま、おたわむれを・・・」
 「いいではないか、いいではないか・・・」
と言いつつ、雨で濡れた足を、猫の毛皮で拭いちゃいました。会津武家屋敷、猫。

 猫は
「そ・・そのような、ご無体な事を・・・・・・」と言いながら逃げようとしますが、「じゃかあしぃわい・・」と、かまわず足を拭き続け、

 
「おゆるしを・・おゆるしを・・・」と鳴いて頼む猫の哀願にもかかわらず、足を拭き終わった後も、しばらく猫の体温で冷えた足を暖めました。

 やっぱり雑巾よりも、毛皮の方が暖かいでんなぁ。
 猫は迷惑そうにしていたが、ええいぃ・・放すもんか・・・(^O^)ヘッヘッヘッヘッ・・・会津武家屋敷の猫

 しかし、だいたい足も暖まったので、カワイソーだから格別の温情をもって放してやった。

 店の人に飼い猫か?と聞くと、野良猫だという。
 
「えらい人懐っこいネコでんなぁ」
 
「向こうにも、もう一匹いますがねぇ」

 見れば離れた所に、サミシソウに一匹居ます。

 よっしゃあぁ・・このネコも来たら、捕まえて足を拭いてやろおと思ってたが、バレてたのか近寄って来なかった。
       武家屋敷 ソーストンカツ定食        周遊バス「ハイカラさん」
 食堂で「ソーストンカツ定食」なる物を食べました。

 これもネットで事前調査したが、この付近は何でか知らないが、「ソーストンカツ」も名物らしい。

            会津三十三観音霊場記目次へ会津三十三観音霊場記次へ
                   会津霊場記
 遍路・巡礼用具   車中泊用品     遍照の響きホームヘ 
当 HP に 掲 載 し て い る 「三 十 三 観 音 霊 場」 一 覧 
 西国   秩父   津軽  田名部海辺(下北)  庄内 

  会津   御蔵入   越後   越中  信濃   飛騨   安房国(千葉)  

  津久井    遠江   伊豆横道    九州西国    国東六郷満山 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道   塩の道  イザベラ・バードの道   遍路・野宿・車泊用具

 尺八曲音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問     木造校舎・廃校シリーズ 

会津三十三観音霊場記ライン

    
無