会津三十三観音  会津ころり三観音  大山祇神社  地図
H21.2.21 UP
遍照の響き
会津三十三観音霊場記

   HOME < 会津霊場目次  <18 勝常観音(第10番)

尺八を携え巡った会津霊場

会津三十三観音霊場記ライン

勝常観音と薬師堂

「勝常」集落

 日橋川の橋を渡り、「堂畑」集落を通り、さらに「勝常」集落に向かう一直線のジャリ道を自転車で突っ走りました。
 日橋川沿いの道   勝常へ、会津三十三観音霊場記   「勝常」集落への砂利道農道

 「勝常」集落入口付近のT字路付近で、どちらへ行けば良いんかなぁ・・と迷っていると、フラフラと自転車を漕いでた越後屋が転びました。

 「ワッハッハッハッ・・」と大笑いしてやりたかったが、ケンカになるので一応
「だいじょうぶ?」と義理で心配そうに聞いてやりました・・どや、σ(*_*)優しい人物じゃろおぅ。

勝常観音堂と薬師堂

 たぶん左じゃろお・・と思って行くと、会津三十三観音霊場「10番 勝常観音」が在りました。

 勝常観音は今までのようなチッコイお堂かと思ってましたが、山門を備えた立派な寺で仁王さんも腰ミノを付けて立っています。

   勝常観音 山門   勝常観音 仁王   勝常観音 仁王

 山門脇には池が有り・・・というより、浮島の周囲を掘って池にした・・という方が良いかな?、鳥居も建っており神域なんでしょう。

 境内の正面には、デエェ〜ンとそれらしい立派な大きい建物が在り、それが勝常観音堂・・と思っていたら薬師堂でした。

勝常観音堂

 ん?・・そいじゃあぁ観音堂は、どこに有るんじゃ?山門脇の池

 落ち着け・・トッツアン・・泣くな、騒ぐな・・・。
 山門の脇にコンクリート製の白い倉庫のような建物が有り、それが観音堂じゃ。

 ウソこけぇ・・と思いながら、その白い倉庫の前に行ってみると、ちゃんと賽銭箱と鐘がぶら下がってます。

 ええぇぇ〜・・っっ!!??・・・これが観音堂?「薬師堂」より山門を望む

 古めかしくも何ともない、見た目には新しく作った単なる倉庫としか思えんような建物が?・・・

 それでも信じない者のために、動かぬ証拠として、その横に今まで設置されてたのと同じような巡礼札を貼り付ける板が有り、さらにその側に「霊宝殿(観音堂)」と書いた看板が有ります。

 どうじゃ・・マイッタか。(^O^)ワッハッハッハッ・・・

 境内から見た「勝常観音堂」  霊宝殿「勝常観音堂」  勝常観音 巡礼札貼板と案内板

薬師堂

 パンフレットやネット等で調べたのを見ても、何故か薬師堂を常勝観音堂として、紹介されてる写真が多いんです。勝常観音 薬師堂

 そりゃあぁぁ・・たいていの人は、薬師堂の方が大きい建物で、それらしく立派だから、そっちの方を観音堂と間違うかもしれまへん。

 写真の映りも、薬師堂建物の方が倉庫風建物よりも、どう贔屓目に見ても見栄えがええしいぃ・・・

 σ(*_*)も「「観音堂」看板」・「賽銭箱」・「巡礼札を貼り付ける場所」の三点セットが無かったら、信じなかったかもしれん。

 今一つ信じられん気がしながらも、荷物と尺八を置いていた薬師堂に戻り、せっかくなので、そこで一曲吹きました。勝常観音「薬師堂」

 次いで観音堂の賽銭箱付近で一曲吹いてみると、三方がコンクリートで囲まれているような狭い箇所だったためか、反響がもんのすごく良く、まぁ・・風呂場で尺八を吹いてる感じですかねぇ。


 拝観時間の看板が有ったので、時間が来れば内へ入れるのかもしれまへん。

 今度から尺八を吹いた場所で、記念にリュックと尺八を写真に撮る事にしました。

 境内に「お休み処」があり、しばし休憩。勝常観音「薬師堂」と尺八

 休んでいると寺の人が来ましたが、σ(*_*)らだけのために霊宝殿をあけてくれ・・と言うのも気がひけます。

 参拝も済んじまった事だし・・どうしても内を拝見したいというコンジョも無かったので軽く挨拶だけしました。

 道を隔てた通路の先に大きな寺が見え、先ほどの寺の人が住んでる「勝常寺」の本堂なんでしょうか?
 あえて行きまへんでしたが・・・・・。

 道筋付近には、立派な蔵を備えている家が有りました。

 勝常観音 境内「お休み処」  勝常寺  「勝常」集落の蔵
            会津三十三観音霊場記目次へ次へ
                会津三十三観音霊場記
 遍路・巡礼用具   車中泊用品     遍照の響きホームヘ 
当 HP に 掲 載 し て い る 「三 十 三 観 音 霊 場」 一 覧 
 西国   秩父   津軽  田名部海辺(下北)  庄内 

  会津   御蔵入   越後   越中  信濃
   飛騨   安房国(千葉)  

  津久井    遠江   伊豆横道    九州西国    国東六郷満山 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道   塩の道  イザベラ・バードの道   遍路・野宿・車泊用具

 尺八曲音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問     木造校舎・廃校シリーズ 
会津三十三観音霊場記ライン

    
無